職場不倫が多い理由と「あの二人怪しい…」と社内の人間に疑われたりバレたりしない方法・社内不倫の見破り方

不倫恋愛を始めよう、やってみたいと思った時色々な人の体験談を目にすると思います。

そんな不倫の体験談を見てみると、職場における秘密の恋が非常に多いのです。

職場で始まる不倫がどうして多いのか、同僚や上司など不倫に陥りやすい関係の人間はどんな人なのかも含めてこの記事では紹介していきます。

それと同時に、「あ、この二人はいけない関係だな」と疑われたりバレたりしない方法、逆にそんな関係だと見破る方法についてもまとめていますので、不倫に関する諸々がバレないようにするためにも参考にしてみるのがおすすめの内容も豊富です。

社内不倫のあれこれを知りたい人はぜひご覧ください。

始まるきっかけがいっぱい!職場不倫が多い理由

家族よりも一緒にいる時間が長い


職場内で秘密の関係に陥ってしまう理由としては、一緒にいる時間の多さが非常に強く関係してきます。

普通に働いているとすれば約8時間は一緒にいることになりますので、少し考えてみると睡眠時間などを除くと家族よりも過ごす時間が多いという人も珍しくはないのです。

そのため、長く一緒にいることで生まれる共通の会話や話題、そして時には仕事における困難を共にしたことでより共感できるようになるだけでなく、互いを深く理解することも多くなります。

その結果、だんだんと普通の同僚や仕事仲間の関係から友人知人に近い状態になったのち、最終的には非常に親密な仲に進展していってしまうのです。

仕事で大変だったことを共有し、お互いに高め合っていけるからこそ生まれる信頼や友好関係がどんどん異性のものへと変化し、最終的には不貞の間柄になっていきます。

これは毎日過ごしている中でのふとしたことが簡単にきっかけになってしまうほど、長時間一緒にいることで不倫相手として望んでしまうほどの愛情を抱いていくようにもなるため、不倫関係の間柄の男女が非常に多くなっていくのです。

最初のうちは優秀な仕事仲間、頼れる上司や同僚という位置づけであったとしても会話やその日の仕事における協力、手伝い、そして長時間一緒に仕事をし続けることでの関係性の変化で幾多にも変化を起こしやすい関係でもあります。

職場で一緒ともなると普通の不倫恋愛よりも会える機会が多い、話せる機会が多いというのもあるでしょうが、何よりもお互いに奮闘し合う姿を見てまた惚れ直す、もしくは好意が強くなるような機会や時間も多いので、職場不倫に踏み切ることを決意する男女も珍しくはありません。

親密になる機会に恵まれている


職場における不倫が多い理由のほかには、親密になる機会が非常に多いというのもあげられるでしょう。

仕事において互いに協力し合う、助けてもらうといったものもあるでしょうが、そのほかにもお花見や忘年会、新年会といった飲み会、さらには慰安旅行といった催しなどもあると親密になる機会はさらに多くなります。

もともと一緒に仕事をしている間柄ですから、それなりに良好な仲を築く人は多いですし、男女ともに既婚者であったとしても仲良くしているという人もそれなりに存在しているため、一緒に行動することを避けるような人たちもそれほどいないのも大きいです。

だからこそ、会社や部署内で行われる飲み会や旅行といったイベントで一気に親密な関係にまで発展してしまうような男女も少なくはありません。

もともと仕事における関係で互いに異性として多少意識していて、なおかつ不倫に踏み切る決断だけができないでいる状態であれば、飲み会などではお酒が入ったことで箍が外れてしまった結果、秘密の仲になるための行動に大胆に出てしまうといった人もいます。

そのため、決断ができないままただただ相手に対して「いいな」「不倫だけど付き合えたらな」と思っている人たちに機会がかなり多くできてしまうのです。

日々の仕事の中でも助け合いや協力によって相手に対して「優しい人」「いい人」といったポジティブな印象を植え付けやすい、受けやすい状態を作ることができるので、残りは強い決意だけだと思っているのであれば、より親密になれるイベントなどで更に仲が良い状態に持ち込み、こっそりと不倫を持ち掛けてみるという人はかなり多くなるでしょう。

仕事の出来る姿に夫とは違う魅力を感じてしまう


職場の不倫において最も不倫を決定づけてしまう特に多い理由が仕事の出来る姿であるという人は多いです。

夫と職場が違う女性であれば、普段自宅で見ている夫とは違う、仕事の出来るしっかりとした異性の姿にほれぼれするものですし、独身既婚問わず、相手の男性が既婚者であれば余裕のあるしっかりとした頼れる男性という印象にほれ込んでしまうケースもあります。

それほど、夫とは違う、自身の恋人や元恋人とは違う頼れる大人の格好良い姿に不倫でもいいから付き合いたいと思ってしまうのです。

特に家庭における夫が休みの日にはぐーたらと寝こけていたり、家族サービスもせずに一人で何かに没頭したりと家のことなど自分には関係ありませんというような態度で過ごしていることが多い家の妻、もしくは何かトラブルがあったときには妻に放り出してしまうような家庭であると余計に仕事の出来る男に惚れっぽくなってしまうこともあります。

なにせ、夫とは全く違う、仕事ができて頼りになる男性の印象が強いのでふとした時に「こういう人と付き合えていたら」と思ってしまうのです。

そしてそれは男性の方も同じで、妻とは違う気が利いて、仕事をしている姿がきりっとしている素敵な女性としてあなたのことを見ています。

そのため、互いに素敵な異性だと感じやすくなり、秘密裏でもいいから交際できればいいなと思ってしまうようになってしまうことで、不倫恋愛に臨んでしまいやすくなるのです。

上司?同僚?職場不倫に陥りやすい関係

男らしく信頼できる上司


職場不倫に陥りやすい関係の一つとしてあげられるのが、男らしく信頼できる上司との不倫関係です。

男らしい上司は頼りがいがあり、信頼できる人にもなれば職場において特別感のある信頼関係を築いていることも珍しくありません。

「○○さんならお願いできるよ」と言われてうれしくなってしまうことがあるのであれば、ある種特別な好意を抱いているような状態でもあるので、ちょっとしたきっかけで仕事における信頼と頼れる上司への憧れが一気に恋愛的な好意に変換されてしまうのです。

恋人や夫に頼りない一面を感じており、その頼りなさをどうにかカバーしているのが女性であるのなら、こうした男らしく頼もしさのある男性に好意を抱いてしまいやすいのは当然でもあります。

更に仕事における信頼関係もばっちりであれば、上司にとっての自身が他の職員たちとは違う特別な物に近いとすら感じられるようになってしまうでしょう。

また、上司が何かしらの野望を持って仕事に取り組んでいることを知っているのなら、それを手助けして何とかしてあげたいと思うようになり、より自分が支えていきたいという深い好意を抱きやすくもなるのです。

こうした特別感のある信頼関係がある上司であれば、不倫恋愛に発展しやすくなります。

声をかけるのは女性からかもしれませんし、男性からかもしれません。

どちらからでも互いに「いいな」と思っていて、なおかつ声をかける勇気があれば職場内における不倫が始まることが多い相手でもあるので、二人の間柄がかなり親密なものならば信頼関係を通り越して不倫に発展することも珍しくはないでしょう。

仕事以外ではギャップのある上司


職場の上司という言葉を聞くと、世間一般的には仕事に対して厳しく、しっかりとした人を思い浮かべることが多いでしょう。

中には優しく指導しながらもしっかりとした意見で周りをまとめる上司もいるでしょうが、仕事において責任感がありきちんと周りをまとめ上げて仕事をするというのは変わりません。

そのため、上司がどういう人なのかを求められたときに厳しい人やしっかりとした人というイメージを応える人も多いです。

しかし、そんな上司と一緒に飲みに行ったときなど、仕事以外での一面でギャップを感じるような場合は不倫恋愛に陥りやすいと言われています。

これは仕事において厳しい上司がお酒に弱い、お酒が入ると一気に明るくなるといったギャップに対して女性がときめいてしまったりするなど、その人の意外な一面が強い好意に転じやすいためです。

ふとした時にギャップが一気に目の前に来ると「え!?こんな人だったの!?」と思ってしまうのと同時に、その人がなんだかとても親しみやすい人に思えるのと同じで、上司もギャップがある人であればそれだけ身近な人に感じられやすくなります。

それまで仕事に厳しい上司を敬遠しがちだったとしても、ギャップの有無で身近に感じられると親しみを抱いて翌日から自分から話しかけていくような行動に出る人もいるように、ギャップが「かわいい」「素敵」といった好意に直結するようなものであれば、恋心を抱いてもおかしくはありません。

更に、そうしたギャップが表に現れ始めるようなころになると、お酒がそれなりに入っていたり、かなりあなたに対して気を許していたりすることの方が多いので緊張せずに話しかけるきっかけを得るだけでなく、そのまま一夜の過ちを犯してしまうケースもあります。

同じ目的に向かって協力する同僚


職場不倫に発展しやすいケースの中でも、同僚であればやはり一緒に仕事をするというのがかなり多い事例になります。

その多いものの中でも同じプロジェクトを担当するようになったり、同じ仕事を担当したりするようになることで、不倫に発展する例が非常に多いです。

仕事において様々な困難やトラブルがあるのは仕方のないことではありますが、そのトラブルや困難を力を合わせて乗り越えていくことが一種の好意を強める行動になっているので、一緒に過ごす時間だけでなく、協力し合って仕事をこなすことで相手に強い好意を抱くようにもなります。

協力し合う中で「この人本当はこんな人なんだ」と良いところも悪いところも見えるようになり、互いにサポートをすることで苦手なところや得意なことに関しても深く知るようになるのです。

お互いを深く知っていくごとに抱いた好意は強いものになりやすいですし、中にはギャップのある行動をする人だという考えを強くすることもあれば、それまで悪いイメージで見ていた人が本当はすごくいい人だったというのを知ることもあります。

違う姿を知って感心すると同時に、さらに仕事で大変な時にサポートしてもらったり、助けてもらったりすれば強く好意を抱いてしまっても仕方のないことです。

女性は基本的に頼りがいのある男性に対して好意を抱きやすいので、普段それほど頼りにならないと思っていた同僚が実は頼りがいのある男性だったと知るだけでも、恋愛的な意味合いは無くても強く感心と好意を抱くでしょう。

そこから他のきっかけや要因が加わってくれば、自身の恋人や夫と比較して相手がどれ程優れているのか、夫や恋人よりずっといいと思うのはどこかというのを考えるようにもなるので、余計に考えが不貞の方向へと流れて行ってしまいます。

最終的には夫や恋人よりも良い面が多いと思ったところで、不倫恋愛の関係になれないかと行動を起こすか、相手からアプローチされ始めたことをきっかけに誘いを受けて不倫恋愛を始めるようになるでしょう。

仕事における頼りがいのある面、同僚という話やすい関係やともに協力して困難を乗り越えることで築かれた強い好意や友情が転換して、職場不倫に陥る人がほとんどで、一緒に仕事をしなければ交際しなかったという人と関係を持つケースもあります。

「あの二人怪しい…」と社内の人間に疑われたりバレたりしない方法

視線に気を付ける


職場における不倫は社内の人に一度でも怪しまれてしまうとそこからどんどん噂が蔓延し、最終的には不倫の事実が明らかになるだけでなく、会社内に居場所がなくなってしまいます。

こうした社内の人間のうわさから発覚すると居場所がなくなって仕事がしにくくなるだけでなく、二人ともが地方に飛ばされるなら良い方で、最悪の場合は二人とも仕事を失ってしまうこともあり得るのです。

そんな一度疑われるとおしまいに近い社内の人間に疑われないようにするためには、まず視線に気を付けることがおすすめになります。

好きな人や恋人になった人が近くにいると、どうしてもそちらを見て今何をしているのか、何か困ったことは無いか、手伝いついでにそばに行けたりしないかな、と考えてしまうものなので、ついつい視線を彼に向けてしまうという女性は多いです。

しかし、そうした視線の向く先は意外と他の人からバレているケースも珍しくなく、独身者同士であれば「あ、この子あの人のことが好きなんだな」と温かい目線で黙ってくれる人もいれば、視線を向けていることを知ってひっそりと「○○さんのこと気になってるの?」と聞いてくる人もいます。

それほど視線というのはわかりやすく、目は口程に物を言うという言葉通りの意味を成してくるでしょう。

しかし、独身者同士のやり取りであれば見守ってあげたいところではありますが、片方が既婚者または双方が既婚者である場合は違います。

視線を向けている方が独身者であれば、行き過ぎた行動などが無いのであれば「既婚者だから実らない恋だなあ」と多少憐みの感情を持ってくれる人もいるでしょうが、既婚者だと分かっていながら見つめ続け、なおかつ行動に起こしてくるようであれば「もしかしてそういう関係なの?」と思われても仕方がないのです。

既婚者同士であればさらに疑いやすくなり、視線をずっと向けているだけでも疑い深い人は即座に不倫関係なのかもしれないと思うこともありますし、既婚者なのに他に好きな人ができてしまったのではないかと思う人もいます。

そのため、視線の向き先にはかなり注意しなければならないのです。

とはいえ、視線を絶対に向けないというのは無理なので、用事がないのに視線を向け続けない、長時間見るような真似をしないというのを気を付けておくのが良いでしょう。

時折視界に入った時に、同じ担当や企画をしているのであれば「何か困っていることは無いか」というのを確認する程度で視線を向ける程度にとどめておくのがベストです。

あまり向け続けるとその視線を向けている相手に対して何かあるのかと勘繰られますし、逆に視線を絶対に合わせないような勢いで逸らすとそちらも勘繰られます。

距離感に自覚を持つ


不倫恋愛の関係に進展すると、徐々に距離感が近くなっていく例も多いです。

職場の同僚や上司といった関係からより親密になっているので、間違いではないものの距離が近づいてしまうにつれて、周りから見た距離感が全く違うものに変化してしまいます。

前までは多少距離を取っていたのにかなり仲良くなってる、あんまり近づいたり仲良くしたりしなかったのに距離が近い、そんな風に考えられてしまい、結果として社内不倫を疑われてしまうのです。

特に本当に交際しているのであれば、距離感を適度に以前のようなものを心がけておかないと一発でばれてしまうような親密さが出てしまうケースもあるので、あまりに近い距離感で接するような相手になっていると即座に関係性を疑われてしまうでしょう。

仲良くなるというのは良いことです。

飲み会や新年会、忘年会、社員旅行といったものがきっかけで話が合ったので話すようになった、というようなものであればだれだってあり得ることですし、いろんな人と職場で仲良く話せるようになるので悪いことではありません。

また、そうした機会で親しくなったのであれば他の人も会話に入ったり、その現場を目撃したりしているわけですから別段不貞の間柄ということを疑ったりもしないでしょう。

けれど、そうした第三者のいないところで親密になってしまっている場合、他の人たちが知らないところで仲良くなっているわけですから、どうしても邪推が好きな人たちの話題の的になってしまいます。

だからこそ、距離感を適度に保つようにし、仕事の最中はプライベートを決して持ち込まないようにしておくことが一番の方法です。

写真を撮らないようにする


職場での不貞になると、実は一番気を付けておかなければならないのが写真を撮らないことになります。

写真というと家でバレてしまう定番の証拠でもありますが、これは職場においてもバレやすいもので、何かしらのきっかけで写真を見せることがあると即座に関係性が疑われるを通り越してバレてしまう状態に陥るのです。

特に社内において仲の良い友達などと一緒にいるとき、相手にスマホを渡して操作をしてもらう時、写真を撮ってもらう時などに、ふとそれまでに撮った写真のデータが出てしまうことも考えられます。

写真という動かぬ証拠があるというだけでも不倫関係は圧倒的不利な状況に追い込まれるので、誰にみられるかわからない、見られてはいけないと理解しているからこそ写真を撮ってはいけません。

もしも写真を撮ってしまっているのであれば、即座に削除するか、自宅のパソコンのUSBなどに移して簡単に見られてしまう可能性のあるスマホからはすべて削除できるようにしておきましょう。

とはいえ、基本的に写真は撮らないことを厳守とし、カメラを使うのは絶対に避けてください。

許されない関係ではあれど、恋人同士ですのでデートや旅行に行ったときに写真を撮って思い出に残したいという気持ちがあるのは仕方のないことです。

けれど、不倫関係をこれからも続けていきたいというのであれば写真ほど厄介な証拠はありませんので、互いのためにもぐっと我慢してカメラの起動を抑えましょう。

どうしても写真を撮りたいという時には、他の社員や部署の同僚なども一緒に写る集合写真で所有しておく他ありません。

集合写真で所有しておけば飲み会や新年会、忘年会といった季節のイベントでの写真だとごまかせるので、下手に加工などをせずにそのまま所有していれば証拠などにもならず、持ち続けられます。

社内不倫は雰囲気でわかる?実はバレているかも…と感じた時の確認方法

距離感について親しい人に尋ねてみる


社内不倫がバレるきっかけは色々とありますが、一番に怪しまれてしまうのはやはり距離感です。

前まではそれほど近い距離ではなく、ほどほどに距離があって仕事以外で一緒に行動するのも多くはなかったり、同じ企画の担当であったとしても話をすることも仕事に関係する内容以外ではなかったりすると、急に近くなった二人の距離感に周りが「あれ?」と思ってしまいます。

あまり親しくない人であれば「なんだか近くない?」とひそひそと話すでしょうし、親しい友人であれば相手またはあなたが既婚者であることも関係して「なんだか○○さんと距離が近くない?」と尋ねるようになるでしょう。

その時に「○○さんと距離がそんなに近い?」と聞いてみると周りから見た二人の距離感というものを理解できます。

周りが既婚者同士、または既婚者と独身者の間柄にしては非常に距離感が近いと思っているのなら、近いと答えられるでしょうし、直球で近いと答えられなくてもそれに関連する答えは返ってくるはずです。

他の人からの言葉や答えも含めて距離感について尋ねてみると、意外と怪しまれているかどうかというのを聞くことができます。

そのため、自分が少し相手との距離感に悩んだ時に親しい友人や同僚にこっそりと「○○さんと私の距離が近いって言われてるんだけど、そんなに近いかな?」というように問いかけてみるのもおすすめです。

まだ周りから近いかどうかを噂されていない段階であれば、より色眼鏡や周りのうわさに惑わされない状態の答えが返ってくるので、その時点で近いと言われてしまうのであれば距離感を見直した方が良いでしょう。

最悪の場合は誰もが口に出さないだけでそういう関係だと疑っているかもしれません。

相手の返答によっては距離感の見直し以前に破局した方が互いのためになるケースもありますから、相手の返答を聞いてよく考えてみるようにしてください。

また、破局した方が良いと考えが至ったとしても相手の方にどうしてその考えに至ったのかを含めてきちんと理由を言って別れるようにした方が、わだかまりもなく仕事などにも影響を出さずに別れられるようになります。

メイクやおしゃれに対する苦言の有無


不倫恋愛に進展してくると、配偶者や恋人が不倫に気付くきっかけがメイクやおしゃれに対しての力の入れ具合です。

他に好きな人ができてくると、相手の好みに合わせたい、相手に綺麗だと思ってほしいという考えの元、身だしなみに気を付けるようになる女性が後を絶ちません。

特におしゃれに気合を入れすぎた結果、夫や恋人に怪しまれて不貞が発覚したという人はかなり多く、今では不倫をしているか否かの判断基準に身だしなみへの力の入れ具合、気を付けるようになった頻度があげられるほどです。

こうした外見の変化は誰の目から見てもわかりやすいものですので、他の人から「急におしゃれになったね」「なんだかメイク濃くなった?」という言葉を告げられたのであれば、少し気を付けたほうが良い段階にきていると判断して良いでしょう。

中でもそうした言葉をそれほど仲が良いとは言えない、付き合いのない人から言われたのであれば親しい人や自身の配偶者、恋人はかなり怪しんでいる状態です。

「あんなにおしゃれする子じゃなかったのに」「メイクあんなに濃くする子だったっけ?」と怪しまれている可能性が非常に高く、身だしなみに気を付けるようにしている、お気に入りのコスメを見つけたというような言い訳をしても信じてもらえることはそうないでしょう。

付き合いが其れなりに長い、またはかなり親しい間柄の人間だからこそわかる変化は一度疑われると簡単にその疑いを晴らすことはできません。

納得したように見せかけて、心の内ではどこか怪しんでいる例はかなり多いです。

更にこのメイクやおしゃれに関する変化に付け加えて、距離感や親しくなった異性の存在も入ってくると本格的に職場不倫が疑われるようになります。

特に同じ職場で仲良くしている人がおしゃれやメイクからの変化を感じ取った後に、同僚や上司と距離感が近くなったなどの変化を実感してしまえば、そのあとはなし崩しに不倫関係を疑うものです。

そのため、メイクやファッションにおいて苦言を呈されてしまったのであれば、かなり怪しまれていると判断して良いでしょう。

スマートフォンに触る頻度


秘密の恋にはまってしまうと、相手からの連絡を待ち遠しく思ってしまいスマートフォンを良くチェックするようになる人が急増します。

仕事で少し時間ができた時、他のことをスマートフォンでチェックするときなどについでに相手からのメッセージが来ていないかを確認して、来ているようであれば時間帯を確認して返信するというやり取りをしている人も多いでしょう。

けれど、いつメッセージが来るかわからない部分もありますが、社内恋愛においては意外と相手が暇かどうかが分かりやすいところもあって頻繁にメッセージを送ってくる人もいます。

部署内のパソコンでメッセージを送れば送り間違いで簡単に仕事を失う最悪の状況に追い込まれてしまいますので、自身のスマートフォンで送り間違いの無いようにやり取りするのであればなおさら、相手からのメッセージが来たかどうかをチェックするために頻繁にスマートフォンを触るようになるのです。

その頻度は交際前のスマートフォンのチェック頻度と比べると非常に多い回数になりますので、何度も何度も携帯を片手に取っている姿を見られると、いったい何をそんなに気にしているのかと周りから怪しまれる原因になってしまいます。

最近なんだか携帯よく見るね、と言われたのであれば怪しんでいる人が周りに複数人いると思いましょう。

スマートフォンのチェック頻度をなるべく抑えるために、相手の男性にメールやメッセージを送る時間帯をある程度決めてほしいと伝えるか、もしくは互いに他人がいないところでのみチェックをして返事をするというようなルールを作っておくほうが良いです。

子供が少し体調不良で、いつ保育園や幼稚園から連絡が来るかわからないから、というような理由や言い訳が使えない女性であればなおさら、チェック頻度を一度確認して自分でもこんなに触っているのかと思うほどチェックしているのなら、少し頻度を少なくするように工夫しましょう。

あやしい男女をズバリ見抜く!浮気中の二人の見破り方

アイコンタクトや雰囲気が怪しい


職場不倫をしているのはなにもあなた方だけではなく、他にもひっそりと職場内で秘密の恋に興じている人は意外と多くいます。

そんなあなたから見て怪しいと思う男女は本当に浮気をしているのか、見分けるための見破り方というのがあるのです。

そのうちの一つがアイコンタクトや雰囲気の怪しさをチェックすることになります。

不倫恋愛をはじめると、互いに雰囲気がそれなりに怪しいものになるのはもちろんのこと、カップルによってはアイコンタクトで意思疎通を図ることもあるので、普通の同僚や上司としての関係ではやらない仕草が出てくるケースも多いです。

中でもアイコンタクトである程度意思疎通ができるほどの男女になると交際してすでにそれなりの年数が経過していることも考えられるので、何の用もないのに近くに行って話をしている時、普通の同僚や上司ではないだろう雰囲気が感じられたり、アイコンタクトで意思疎通が出来たりするのであれば、かなりの確率で社内不倫をしていると考えられます。

もちろん、その二人が長年付き合いがあるというのならアイコンタクトしてもそれほど不思議なことではありませんが、それほど付き合いがない二人の間でアイコンタクトがあるのなら、不貞の間柄を疑うには十分です。

その人だけ特別扱いする


秘密の恋ではあっても、恋人という関係になると人は恋人を守ろうと態度に出すことがあります。

職場における不倫になると特にその行動が顕著にみられるケースが多く、仕事でのミスをかばったり、叱責に対してカバーをしようと行動や言動が守るものになったりすることが特に多く見られるのです。

その相手にだけ特別な対応をし、何かと便宜を図ろうとするのは職場内で不貞関係を築いている男女にはよく見られる光景でもあります。

職場内で他人には絶対に秘密にしなければならない関係であるからこそ、どうにか相手のために行動したい、彼のために何か役に立ちたいという気持ちが空回りしてしまうのです。

普通のカップルであれば、仕事の休憩時間や仕事が終わった後のプライベートな時間の電話やメールなどのやり取りで愚痴を聞いてあげたり、慰めてあげたりすることができます。

叱責の内容も加味すれば、それが正当な叱責であるという事実があるなら尚更、相手のためを思って聞き役に徹して改善のための方法を考えるものです。

しかし、不倫恋愛ではそのような方法がとれるほど相手と密接したやり取りができません。

基本的にメールなどのやり取りも気を遣わなければなりませんし、何よりもばれない様に最低限に抑えなければなりませんので愚痴の聞き役にもなってあげられないのです。

だからこそ、相手を守ろうと行動や言動を変化させていきます。

不自然なほどに何かと相手をかばう動きを見せるのなら、それだけ怪しい関係だと判断しやすくもなるでしょう。

不自然なほど時間が合う


不倫関係かどうか、二人がそういう怪しい交際をしているかどうかというのは実は時間によっても判断することができます。

そのうち帰宅時間が一番判断しやすい時間として活用できるのです。

社内で出会い、不貞の関係になった二人にとって職場というのは気を付けつつも、他の人たちから見られてもそれほど気にせずに接することができる場所ですので、なるべく一緒に居ようと暇を見つけては話に行ったり、仕事の手伝いにかこつけて傍に行ったりします。

ある程度そのような関係に慣れてくると、次にカップルは帰宅時間を合わせようとするのです。

一緒に帰るついでにどこかに寄って軽く食事をしたり、デートをしたりと帰りながらできるカップルならではの行動を楽しむため、帰る時間を合わせて一緒に帰ろうとします。

ただ、そのような行動を取ると用事もなく、帰宅時間もずれているのに一緒に帰ろうとする奇特な二人に見えるでしょう。

一緒に帰る必要もない男女が一緒に帰路につくというだけでもひどくおかしな光景ですので、それだけでも不倫の可能性を考えてよいものです。

特に帰宅時間がずれているのにもかかわらず、相手を待って一緒に帰ろうとしているのなら、より不倫の疑いが濃厚になります。

職場での秘密の恋はきっかけも機会も多い。ただし、その分気を付けることも複数


不倫恋愛の形は様々ですが、その中でも相手や社内の様子などによって形態が変わりやすいのが職場不倫です。

秘密の恋であってもきっかけや出会い方は様々で、普通の恋愛では出会わないタイプの相手との恋に落ちることも多くあります。

仕事関係で出会った分、それだけ相手と長い時間一緒に居て、そして仕事における姿や顔、時折見せるふと出てくるプライベートな素の一面、そうしたものを見るからこそ恋心を抱き、いけない恋に足を踏み入れてしまうこともあるでしょう。

それだけ魅力的な相手だと認識してしまうことも多くあります。

相手と長い時間一緒に居られて、仕事の内容などによっては一緒にいること自体が普段通りのことになる、不倫においてもっともうれしい条件のそろった形態ではありますが、それだけ周りの目と噂などには気を配らなければなりません。

一歩間違えてしまえば仕事を失い、周りからの好奇の目にさらされてしまう状態にいるからこそ、気を付けなければならないことは非常に多いです。

けれど、相手と一緒にいる時間を多くしたいと思う人にとってはうれしい不倫恋愛になるでしょう。

おすすめの記事