奥さんにバレても別れない既婚男性の真実!ばれても続ける男性が本気の場合と遊びのケース

不倫恋愛はひっそりと、そして奥さんにバレないようにしながら交際していくものですが、実は中には奥さんにバレていても全くやめる素振りを見せない男性がいるのは知っていますか?

一体どうして別れないのか女性はひどく気になります。

奥さんにバレているというのであれば罪悪感もありますし、何よりそれ以上事態をややこしくしたくないので、別れろと言われれば素直に身を引く覚悟で沙汰を待っているような状態です。

けれど不思議と男性の方は連絡をしてきたり、会おうとしてきたりとやめる素振りを全く見せないので、一体どういうことなのかと不思議な気持ちと不安な気持ちがせめぎ合うことでしょう。

この記事ではバレても別れない、やめない男性の立場や心理などをまとめて紹介していきます。

まだ、バレた後にきちんと不倫を止めてしまって連絡のない彼とどうにかやり直したいと思う女性におすすめのやり直し方に関しても見ていきましょう。

奥さんにバレても別れない男性は家庭でこんな立場にある

妻よりも強い立場にある


不倫が奥さんにバレたとしてもやめようとしない男性は、家庭内において奥さんよりも強い立場にある可能性が高いです。

自分が稼いでいるのだから、自分の方が優秀だからと何かと付けて奥さんよりも上の立場に立って、妻からの文句を受け付けないような状態にいるのでしょう。

奥さんの方も夫からあれこれ文句を言われるのも嫌で、黙認しつつ距離を取っている可能性もあります。

妻の方はもうすでに夫婦として甘い生活を営んでいくのは諦めている傾向にあるかもしれません。

だからこそ、夫が強い立場を使って不倫を止めないさまを見ているだけになっている可能性も十分に考えられます。

中には離婚するのも面倒でそのまま放っている女性もいますので、旦那さんとしての強い立場を持ち、なおかつ妻からはほぼ放っておかれているような男性なのかもしれません。

仮面夫婦のような立場にある


不倫がばれたとしても全くやめる気配がないという男性は、家庭においてそれを咎めるような人が存在しない立場にある可能性があります。

妻もいて子供もいるとしても、実態は仮面夫婦に近いため、妻は夫の不倫に対してなんの感慨も抱いていないという状態であれば、バレたとしてもやめる必要はありませんから、むしろ奥さんの方は家に居なくていいというスタンスを取っている可能性も考えられるでしょう。

もちろん、子供がまだ小さいのであればある程度家庭に戻って子供のためのフォローをしなければなりませんから、多少は家族のために時間を割くでしょうが、妻へのフォローはそれほど重要視せずにすぐに恋人の元へと帰っていきます。

しかし、そんな夫に対して何のアクションも起こさず、そのまま放置しているのであれば奥さんの方はもう夫への小言や注意では止まらないというのを理解しており、なおかつすでに仮面夫婦のような関係に成り下がっているからこそ見放している可能性だってあるでしょう。

発覚したことで離婚などのアクションをけじめのために起こす可能性はありますが、責めるようなアクションや不倫相手を夫のスマートフォンを使って呼び出すような行動などが無いのであれば、黙認しているようなものです。

妻が責めるようなことをほとんどしない、いてもいなくてもいいスタンスやむしろ家にいてほしくないというような状態であるからこそ、バレたところでやめようとは思わないのでしょう。

ただし、この不倫が妻以外にバレている場合は少し状況が変わり、自身の社会的立場や仕事への影響から不倫を止める可能性があります。

奥さんにバレても大丈夫な男性は、逆に家以外の周りの人の目を極端に気にする人もいますので、バレているのが奥さんではなく職場の人や友人、仕事に関係する立場の人であれば噂自体が周りに広まることを恐れて会う頻度を減らしたり、逆にしばらく会わないようにしたりするなどの対策を取るでしょう。

いてもいなくても別段問題ない立場


男性の立場的なものを考えると、不倫を咎められたとしてもやめないのであれば、すでに夫としての立場にある男性がいてもいなくても別段問題ない、ほぼ外様のような立場に家の中で追いやられている可能性もあります。

奥さんとしては何度かきちんと話し、忠告したとしても聞く耳を持たずに不倫をしているため、家庭内を子供と妻だけでほぼ完結できるようにしてしまっているのかもしれません。

もちろん、子供が知っているかどうかは年齢によって変わりますが、不倫の年月によっては何となく気付いていて、妻同様に父がいなくても全く問題ない生活スタイルになっている場合もあるでしょう。

食事などもほぼ別の時間帯に取るのは当たり前、洗濯や風呂の用意はすでに個別に行うようになっているのであれば、もはや仮面夫婦にも等しく、離婚する手間が惜しいという理由や、子供のためにまだ離婚しないという理由で離婚を先延ばしにしているだけなのかもしれません。

そういうスタイルで現在夫の不倫を黙認している奥さんは、子供が離婚を決意しても全く問題ない年齢に達したのであれば問答無用で離婚しようと攻撃を仕掛けてくる人もいます。

弁護士ときっちりと話を詰め、離婚に有利になる証拠品探しも余念なく行い、奥さんにとってベストなタイミングで離婚を突き付けてくるでしょう。

その際には夫である男性と問答無用で巻き込まれるか、交際のきっかけや関係がすでに切れているかを確認したうえで訴えるかどうか決める奥さんがいますので、呼び出されたり電話で話をしたりする際に冷静な対応をしなければならなくなります。

奥さんにバレても連絡してくる!不倫に本気だから別れない既婚男性の特徴

妻に謝って許されたならもう一度しても大丈夫だと思っている


奥さんにバレたとしたら、普通であれば連絡を止めてそのまま自然消滅、またはきちんと別れることを最後に伝えて関係が終了してしまうものです。

しかし、それでも連絡してくる、別れるつもりのない男性の特徴として、妻に謝って許してもらえたならば大丈夫という謎の自信を持っていることがあげられるでしょう。

普通であれば許してもらえたとしても不倫関係を解消し、妻の許しを裏切らないための努力をするはずですが、浮気に対して本気になってしまっていると謝って許されたから、もう一度関係を築きなおして大丈夫だろうと考えているのです。

許してもらって、すでに関係のことは不問となり終わった話だと思っている以上、彼は別れる気がさらさらないと強く主張しています。

築きなおした関係で不倫を再開しようとしているので、これ以上付き合いきれないと思った時や、これからのことが不安になった時には彼に将来自分たちはどうなるのかを聞いてみると、彼の考えている将来像を知ることができるでしょう。

何も考えていない、漠然としているようであれば明確な答えは返ってきませんし、離婚に関しても触れずに曖昧な言葉を返してくるはずです。

逆に離婚に関しても本気で取り組んでいるのであれば、妻との離婚の段取りについて事細かに説明してくれます。

女性からしてもすでに終わったような関係ですから、将来のことを聞いてみてもう一度交際するのかどうかを決めてみても良いでしょう。

しかし、終わったような関係だからこそ奥さんからの監視はかなり厳しくなります。

夫がまた不貞をしないか、自分に謝ったからこそ誠意を見せるかを厳しくチェックし、二度と浮気に走らないなどの言葉が現実になるのかを見ていますから、発覚した場合のリスクやデメリットはかなり大きなものになる覚悟はしておきましょう。

下手をすると離婚訴訟に巻き込まれ、名誉棄損などの賠償を求められるのはもちろん、どこからか噂が蔓延して会社に居られなくなることだってあります。

安易な気持ちで関係の再開を了承するとひどいしっぺ返しを食らうかもしれませんので、彼がどう考えているのか、奥さんとどのように和解したのかも少し聞いて良く考えて判断してください。

別れる理由が存在しないと別れたと思っていない


不倫が発覚し、奥さんにバレた後も連絡してくる男性の特徴の一つには、明確に別れる理由が存在しない限り別れたと思っていないというものもあります。

確かにカップルが別れる際には明確な理由がある場合が多く、互いに理由に納得して別れる、または意見が合わないからこそ別れることが多いでしょう。

不倫恋愛に対しても普通の恋愛のように考えている男性の場合、こうした自分自身が納得できる別れる理由や原因がない限り、交際関係は続いており、不倫がばれたからと言って別れたことにはならないという考えが根底にあるため、連絡を取り続けようとするのです。

普通に考えてみると、浮気がばれた瞬間、奥さんへの言い訳や謝罪を含めて関係をすべて終わらせるのが当然ですが、この特徴を持っている男性は妻にバレた程度の理由では別れるには至らないと一蹴してしまいます。

これに関しては奥さんが「浮気相手と別れて」と強く言い出せない立場にあるのかもしれないなど、家庭内に夫である男性の浮気を咎められるような人がいないことも関係がある可能性も高いです。

咎められないからこそ、バレた程度で別れる必要もなく、むしろ今度はバレないように気を付ければいいとすら思っているでしょう。

妻が離れていかない自信がある


浮気がバレても連絡をしてくる男性は、何かしらの理由に対して強い自信があって連絡を堂々としてくる人が多いです。

その自信のあるものの根拠としてあげられる一つが、妻が自分から離れていかないということでしょう。

浮気がバレたとしても奥さんが離婚などを言い出さない限り、家庭環境はほぼ今まで通りを保てる、子供や妻への愛情は変わらず持ち続けているから彼女は離れていかないといった、妻や家庭に対して強い自信を持っているからこそ、連絡しても大丈夫だと思っているのです。

こうした自信のある男性の場合、奥さんが実際に小言や注意交じりの喧嘩をしたとしても、離婚にまで持って行くことはなかった可能性があります。

離婚について言及しなかったからこそ、男性は自分から妻が離れていくことはないと強い自信を付けてしまい、秘密の恋の相手へと連絡を取ろうとし、もう一度楽しくスリルのある関係を求めていくのです。

奥さんが大人しい性格であったり、夫に対して強く出られなかったりする性格であることを知っており、なおかつ離婚しないと高を括っている状態ですので、奥さんが攻勢に出れば即座に慌てふためいて対策を取るためにバタバタと動き出します。

ただ今は妻である女性が大人しく場を収めてくれただけでもあるので、交際を続けていくのであれば男性の強い自信が打ち砕かれる可能性があることも認識しておかなければなりません。

特に離婚騒動に発展すれば確実に巻き込まれますし、周りから非難の的になってしまうでしょう。

また、こうした自信たっぷりの男性は自分の非を認めずに慌ててほかの人のせいにしようとする場合もありますので、たとえ誘ったのが女性からではなく男性からだとしても、責任をすべて女性に押し付けようとする可能性もあります。

自信たっぷりの相手男性の行動に、自分本位なものやこちらを下に見るようなものはなかったか、一度思い返してみると交際後のデメリットについてより強く認識できるかもしれません。

不倫における責任問題はかなり複雑なものになりやすいので、彼の言動に対して多少思うところがあるのであれば、復縁や関係の再開はやめておく方がおすすめです。

例え離婚に発展しないと男性が強く自信を持っていても、それは男性の中の思い込みであり、奥さんは気を窺っているだけで、子供の年齢や離婚後の生活の安定がある程度見込めるのであれば離婚する気である場合は珍しくないので、より慎重に考えたほうが良いでしょう。

奥バレしてるのに構わず遊びの不倫を続ける既婚男性の特徴

すぐに別れられるからと思っている


不倫恋愛には本気のものと遊びのものと2種類に分けられ、本気であれば奥さんにバレたとしても連絡を取りたいと必死になる男性がいることにも理解が示せるものです。

しかし、遊びの関係であれば奥さんにバレた時点で即座に関係を切ってしまうのが常なのですが、中にはそんな遊びの関係であってもバレた後に連絡を取ろうとし、遊びの不倫を続けていく男性もいます。

こうした既婚男性に見られるのが、遊びだからすぐに別れられると思っている特徴です。

実際遊びの不倫というのは互いの利害の一致で関係を結んでいると言っても過言ではないので、あっさりと別れられる関係ではあり、どちらかが本気になって縋らない限りは別れたいという希望すら出せば、ある程度揉めることもなく関係を解消できるでしょう。

しかし、簡単に別れられるからこそ持続してもそれほど問題になりにくいだろうと男性は考えてしまうことも多々あるのです。

簡単に切れる関係は、それだけ重要度が高いものではなくちょっとした刺激を求めてたまに会うという程度のものになりますので、男性からすれば妻より重要度の低い関係として受け止めています。

けれども奥さんからすれば簡単に切れる関係だとしても持っていてほしくないと思うのは当然ですので、喧嘩をしたりお小言をいったりといった行動に出れば男性のほうはすぐに別れることを考える可能性も高いです。

ただし、関係を持っていた女性とは関係を切っても、別の女性に手を出す可能性は残っていますし、バレた際に交際していた女性が自分にとってとても都合の良い相手であれば連絡しようとする頻度も高くなります。

関係を築くことがそれほど影響を与えるものではないと軽く認識しているからこそ、連絡しようとする人が格段に多いので、下手な修羅場に巻き込まれたくないと思ったのであれば、連絡が来たとしても無視してしまうほうが良いでしょう。

遊びの関係はもともとそう長く続きませんから、潮時だと思ってしまったほうが楽に終わらせることができます。

奥さんでは物足りない


遊びの関係であっても、体の相性が良い、居心地が良いといった奥さんでは物足りないものをどうにか埋めたいと思った男性が連絡を再度してくることは多いです。

バレたとしても奥さんでは物足りないからこそ、外へ物足りない部分をどうにか埋めるために出てしまうので、同じ相手ではなかったとしても遊びの浮気を止めることはできないパターンの男性でもあります。

奥さんがどうにか物足りない部分を補えるようになれば、関係を解消して夫婦仲を改善していこうという気持ちになるかもしれませんが、そのような兆しが無いのであればおそらく遊びの関係を断つことは無いでしょう。

男性は最初のうちは既婚者という枷もあって我慢しているところがありますが、結婚後数年しても物足りなさが埋められないのであれば外へとその物足りなさを埋めるために相手を探しに出かけてしまいます。

結果として浮気になってしまうので、妻から浮気を責められても「じゃあ物足りない性行為や生活をどうにかしてくれ」と彼は開き直って妻を責めてしまうでしょう。

妻もそのように攻められるのは嫌だからこそ、遊びだからと放置している人も一部存在しています。

遊びであるからこそ、物足りない部分に満足したら家に帰ってくることは確実ですので、本気になりさえしなければ家庭は一応安泰です。

ですので、あえて黙認して家庭の円満のために奥さんが今のところは問題視しないだけという場合もあるでしょう。

しかし、奥さんの気持ち次第で非常に厄介なトラブルに転換してしまうので、遊びだからすぐ割り切った関係になれると高を括っていると非常に危ないです。

現実逃避がしたい


不倫に逃げる男性の多くは、忙しい毎日に対して非常に不満を抱いていることが多いです。

家に帰っても妻には癒されず、逆に愚痴や夫に対しての不満をぶつけられることもあるでしょうし、話をまともに聞いてもらえないという人も珍しくはないでしょう。

そうした日々のストレス源は蓄積していき、最終的に男性側を追い詰めてしまうことだって珍しくはないので、その前にどうにかしたい、現実から目を背けてしまいたいという男性が遊びの浮気に手を出すこともあります。

浮気をしている最中は妻や仕事のことを忘れて没頭してしまえるものが多いので、現実から目を背けて楽しい時間を過ごして家に帰っていくというサイクルを送っている男性もいるでしょう。

この不倫恋愛の始め方で浮気をしている男性の場合は、自分が平静を保てない、ストレスに耐え切れない状態を作りたくない一心で、遊びの浮気を決してやめることはありません。

やめるとすれば家でストレスが発散できるような環境を作ることが最優先事項になりますが、奥さんや子供の対応が変わらないのであればまず浮気をやめることは不可能でしょう。

ストレスからくるイラつきは仕事でのミスを誘発し、何より疲労困憊の体を作り上げていきます。

最悪の場合は奥さんや子供に対して暴力を振るってしまう可能性もありますので、そうなる前にどうにかしなければならないという男性の考えに考え抜いた手段であるというケースも存在しているのです。

また、このようなケースでの浮気は男性側が女性に対して依存してしまい、本気になってしまう可能性も非常に高く、別れたいといったところで何かと縋れてしまい、ずるずると続いてしまうこともあるでしょう。

自分を癒してくれる人、認めてくれる人はあなただけだから離せないというような言葉で持って、女性をどうにか自分に縛り付けようとします。

けれど男性にとっては奥さんや子供が第一であるため、遊びの延長で自分にとって良いメリットをもたらしてくれる人として離したくない場合と、妻よりもあなたと家庭を築いていきたいと本気になったからこそ離したくない場合の2つに別れるでしょう。

この2つのパターンを見分けなければ、盛大な夫婦喧嘩に巻き込まれた挙句、奥さんの方から何かしらの報復が訪れることも予想できます。

現実逃避を目的に浮気を始めた男性に対しては、本気にならないなどのルールをきちんと決めて、綺麗に別れられるように手を打っておくのがおすすめです。

奥さんにバレても別れない既婚男性と不倫し続けるデメリット

奥さんから訴えられる


浮気が奥さんにバレても別れず、続けるような男性の言うままに不倫を続けるデメリットとして一番にあげられるのが、やはり相手から訴えられる可能性が高いことでしょう。

浮気をすれば奥さんにバレた瞬間に泥沼の離婚訴訟や不倫をした相手に対しての訴訟が起こるのは確実で、自分たちが悪いと思っている分不利になるのは決定的です。

訴訟に関しては奥さんの考え次第では示談に持ち込まれ、慰謝料と二度と旦那さんには近づきませんといったような謝罪文を提示することで訴えを起こさない方向に持ち込むこともできますが、バレているのにも関わらず夫ともに続けるような女性に対して容赦をする奥さんはほとんどいないと覚悟しておきましょう。

訴訟が発生すれば給料や預金だけでは賄うことが難しいことも出てきます。

そうなればお金を貸してもらうために実家に迷惑をかけることになる可能性もありますし、何より自分が何をしたのか知られてしまい、幻滅されてしまうでしょう。

自分がやってはいけないことをしたのだという自覚を持って、誠心誠意謝罪をしてお金を貸してもらいつつ、二度とやらないという強い後悔を抱くようになってしまいます。

そして訴えられた場合、このことは一瞬にして会社には伝わってしまうこともあり得るでしょう。

会社の方から辞めてほしいと遠回しに伝えられ、次の職も見つけられないまま職場を後にするような事態にもなりかねないのです。

訴えられると裁判で判決が出るまで長い時間がかかりますので、下手をすると別れた後自分がやろうと思っていたことや、結婚まで考えて交際を決めた相手との時間を裁判に費やさなければならないなんて状態に陥る人もいます。

噂になりやすい


不倫がバレてしまったのにも関わらず、交際をそのまま継続するとなるとやはりほかの人にも「あの人不倫しているのでは?」という噂が広まりやすいです。

特に職場が同じ人であったり、仕事に関係する人であったりすると周りに一気に噂が広まってしまうので、職場に居づらくなってしまうのはもちろん、会社の評判に関わるということで、別の地方の支部に異動させられる可能性があります。

ただ、こうした異動などで済めば非常に処分としては軽い方で、最悪の場合は会社を辞めさせられてしまうでしょう。

会社からすればイメージダウンにつながりかねない不倫をしていたうえに、バレたというのにまだ関係を持続している社員はかなり扱いに困ります。

社内だけに噂がとどまっている状態であれば何とかなるかもしれませんが、他の会社や取引先に知られてしまうと、モラルを守らない社員がいるなどという評判を流されてしまう可能性も考えられるのです。

特にこうしたうわさ関係は個人事業主であったり、中小企業になったりするとかなり大きく響いてくることがあるので、即座に対処すべき案件になってしまうケースも多いでしょう。

また、男性の方は実家のご近所にも噂が蔓延してしまうので、子供がいれば学校でそういう噂をほかの子から聞いてしまうかもしれません。

奥さんや子供は非常に居づらくなりますし、家庭のことを考えて引っ越しをしなければならない状況になってしまうかもしれないと考えると、かなり手間やお金に関係する問題が起きやすいでしょう。

大丈夫だと言われていたからこそ安心していたら、衣食住も満足にできない無職の状態に追いやられてしまった、という女性もいます。

彼が言うから大丈夫、と安心してはいけません。

バレてしまっている状況をさらに悪化させないためにどうすべきか、これから何をしていくべきなのかをじっくりと考えるべきでしょう。

婚期を逃してしまう


バレたけれど別れる様子を全く見せない男性を相手にすると、女性は「これだけ私のことを愛してくれてるんだ」という気持ちが沸き上がることもあります。

不倫という誰からも祝福されない関係であっても、それだけ別れたくないと言ってもらえるのは異性としても非常に気持ちが良いものですから、別れ話をした際に面倒なほど縋られても鬱陶しいという気持ちとは別に、相手からの強い思いにキュンとしてしまう部分は確かにあるでしょう。

しかし、そうした相手の都合に合わせて会う会わないを決めるような関係を続けていくと、女性の場合は婚期を逃してしまう可能性もあります。

現在は晩婚化が進んでいるとはいえ、女性には何歳までに結婚して子供を産みたい、というような自分が理想とする結婚の適齢期や出産の年齢というものがあるものです。

例え多少理想とは違ったとしても、その年齢に近ければ満足のいく結婚や出産を迎えることができるでしょう。

けれども、不倫恋愛ではそんな結婚や妊娠の理想を守ることはできないのです。

相手はまず奥さんと離婚することを一つも考えていない可能性の方が高いですし、うまく離婚したとしてもしばらくのうちは奥さんへの慰謝料の支払いで結婚式も出産も難しい資金難に陥ります。

男性に生活費の大半を頼ろうとした女性の多くは、離婚後の慰謝料への出費の多さで理想の結婚生活を送ることができない場合の方が圧倒的に多く、中には生活費の負担を女性がしているケースも珍しくありません。

そのため、自分が思い描いていた理想を果たせないどころか、生活のランクを落として必死に日々働いて奥さんへの慰謝料を払い続ける転落人生に近い状態に陥ってしまうでしょう。

それを考えると、理想の生活の質、結婚や出産がある女性は不倫恋愛を続けること自体が非常に不利になってしまうのです。

普通の恋愛をして結婚すればしなくていい苦労をし、離婚後のドタバタで夫婦としての生活を送ることが難しい状況に陥れば、彼との結婚自体が魅力的なものではなくなってしまいます。

むしろ、そんな生活を考えてみると結婚してはならない異性として堂々とランクインしてしまうでしょう。

結婚や出産などに強い理想を持っていて、なおかつ自分の思った通りのものに彼ではできないと理解したのであれば、すぐさま別れてしまうことをおすすめします。

ずるずると引きずって付き合い続けていても、自分が願った適齢期での結婚は夢のまた夢で終わってしまうのです。

奥さんにバレた時から連絡がない彼とやり直すための復縁プラン

広い心を持って待つ


奥さんにバレてしまった後は、連絡が無くなるのが当然です。

これでも関係もダメになっちゃったと思ってしまうものですが、一部の女性は不倫相手に対して本気で恋をしているため、どうにか復縁できないかと考えてしまうこともあります。

そんな復縁を希望する女性は、まず広い心で待つようにしてみましょう。

奥さんからしてみれば、自分というものがありながらほかの異性と交際していたわけですので、許せるはずもなく、連絡をバッタリと途絶えさせるのは当然ですので、女性からの連絡に対して現在はピリピリとした雰囲気と張りっぱなしのアンテナで持って過敏に反応します。

そのため、下手に連絡をしようと試みても無駄に終わる可能性の方が高く、中には連絡先と名前を抑えてあちらから連絡してくる恐怖のケースも存在するでしょう。

しかし、そうされても当然のことをしたわけですので、奥さんを責めることなく向こうのがもし条件を出してきたのならそれに従おうという気持ちでいて、彼本人と連絡が取れればラッキーだと思うくらいで居た方が気が楽です。

奥さんにバレた以上、関係の継続は難しいでしょうが、ある程度ほとぼりが冷めたら彼の方から連絡してくる可能性も残されています。

その時に待っていてくれた女性が居れば、彼もよりうれしく思うため、恋や愛が一層深まるかもしれません。

しばらく距離を置く


連絡が途絶えてしまったのであれば、不倫の場合はやはりしばらく距離を置いておくのも安定した行動でしょう。

連絡を送らなければ彼から本当に忘れられてしまうのでは、本当に自然消滅してしまうのではないかと不安になるかもしれませんが、下手に連絡を取れるような状態ではありません。

特に彼の方は奥さんがスマホのチェックなども初めてしまって、うかつな連絡を取れない状態に陥っている可能性は高いので、下手に連絡を取ると彼も自身も奥さんからの危害に見舞われるケースも出てくるでしょう。

そのため、一度距離を置いてから彼が安全に連絡が取れるようになるのを待つのが得策です。

彼が今連絡を取らないのは奥さんからの監視があるのも理由でしょうが、連絡を取った相手に奥さんが危害を加えないとは限らないため、守る意味合いもあるかもしれません。

相手が今連絡を取れない意味を考えつつ、まずは半年ほど距離を置いて、その間に自分磨きや仕事のスキルアップなど、将来の自分への投資を始めてみると気が紛れて彼を思って不安になることも減ります。

間を置きつつ偶然の連絡をつなげる


連絡を取らないようにしなければならないけれど、やっぱり連絡を取って彼とやり取りをしたいという女性もいます。

そんな女性は連絡を偶然を装って取るといった手段を取るしかありません。

もちろん、この連絡の際には偶然であることとある程度間を置いている状態で、奥さんの監視の目が緩んでいることが前提条件となりますので、多少連絡が取れなくなってから期間を置いての連絡になります。

彼が連絡に対して返事をしてくれるのかは相手を取り巻く状況次第で、中にはLINEがブロックされていたりメールが着信拒否状態になっていたりすることもあるので、その点だけは念頭に入れておきましょう。

LINEやメールではどうしても連絡がつかない、他のツールで連絡を取る手段を思いつかないときは、ショートメールなどを利用して連絡を取ってみると意外と奥さんの監視の目がなく、連絡が取れたというケースもあります。

しかし、再三になりますが奥さんからの監視はどのように及んでいるのかわからず、特に連絡が取れなくなってすぐの場合はかなり厳しいチェックが待ち構えていますので、必ず距離を2ヶ月ほどは置いておいた方が安心です。

奥さんにバレても連絡する男性は奥さんが見逃しているだけの可能性も。十分に注意して


不倫恋愛はばれてしまうとほぼその時点でおしまいというイメージがつきもので、奥さんからの仕返しやその後のことを考えると背筋をぞっと凍らせてしまう女性も多いものです。

しかし、中には奥さんにバレても全く気にしたそぶりを見せずに女性の方に連絡をする男性もおり、女性をひどく困惑させる人もいます。

女性からすれば奥さんにすでに関係が知れ渡っているというのに、この人は本当に大丈夫なのかと心配と不安を織り交ぜたような複雑な気持ちを抱かざるを得ませんし、好きだけれど続けていて安心できるのか気になるところです。

連絡できる男性の多くは家庭においていなくてもいい立場であったり、奥さんに強く出られたりするような立場の人が多いですが、中には奥さんが虎視眈々と訴えて離婚する機会を狙っているケースもあります。

そのため、彼がどれだけ安心して良いと伝えたとしても決して安心することはできません。

なるべくバレた直後は距離を置いて、事態の鎮静化に努めつつ、ほとぼりが冷めたあたりでもう一度アタックしてみるのが一番安定した交際の維持が見込めるでしょう。

ただし、奥さんにバレているわけですから、噂などを伝って交際相手についても知れ渡り、会社などで居場所を無くすかもしれないというリスクやデメリットもしっかり把握して交際を維持するか決めてください。

おすすめの記事