既婚女性が独身男性を落とすノウハウを大公開!本気で好きになるラインやアプローチが存在した!

既婚女性と独身男性の秘密の恋は今では珍しいものではないですが、独身男性は一体どんなところを見て既婚女性を選んでいるのか気になるところです。

既婚女性としても、独身男性がどんな人に惹かれやすいのか知っているだけで秘密の恋のアプローチにも有利になりますので、より秘密の恋人と思いを躱しやすくなるでしょう。

この記事では、そんな独身男性が好きになる既婚女性についてを紹介していきます。

また、それに伴ってきちんと心に留めておきたい覚悟が必要になること、そしてやめておいた方が良いアプローチ方法も含めて記載していくため、叶えてはいけない恋に勢いのまま走ってしまう前にぜひ一度読んでおいてくださいね。

独身男性が落ちる既婚女性の特徴やタイプ

身だしなみをきちんとしている


既婚者であることを前提に独身男性が惹かれる場合、やはり一番に気にするのが身だしなみです。

既婚者の女性は結婚して落ち着く、または子供ができるといった環境の変化によって服装や身だしなみが大きく違ってくるため、人によってはかなりだらしなくなってしまうことも珍しくありません。

だらしのない、もはや普段着がおしゃれなものではなく動きやすさ重視になってしまっている女性なども、異性として見ることはできず「母」や「他人の妻」としか見ることができなくなるでしょう。

しかし、身だしなみをきちんとしており、メイクや年齢に見合ったおしゃれなファッションに身を包んでいる女性はとても魅力的に見えるものです。

ファッションの傾向次第では実年齢よりも若く見えるでしょうし、何より人妻には見えない可能性だってあります。

また、中には人妻という落ち着いた女性や母性溢れる女性の魅力をより引き立たせるファッションにより、既婚者だからこそより魅力的に見えるようになる人もいますので、自分に良く似合うファッションを選び、身だしなみをきちんと整えている既婚者ほど男性から好意を抱かれやすい傾向にあると言えるでしょう。

既婚者という魅力も、整った身だしなみにより独身者は「女性」として意識できるようになるところがあるので、どうしても毎日の家事や子育てに時間を取られ、おざなりになってしまう人は気を付けることが大切になります。

その点を鑑みると仕事をしていて、きちんとメイクや服装にこだわる既婚女性は独身男性から好意を抱かれるポイントをしっかりと抑えられている存在です。

仕事だけでなく、プライベートでもおしゃれに決める、薄くても綺麗にメイクしている既婚女性は仕事で一緒になった独身男性からより強い好意や憧れを抱かれるでしょう。

既婚女性らしさがない


既婚者女性と聞くと、人妻らしさやお母さんとしての雰囲気が強く漂うものですが、そうした既婚女性らしい雰囲気は好みが別れるところです。

しっかりとした奥さん、お母さんとしての側面を頼もしい奥さんやお母さん、強く支えてくれる女性の強い一面として好む人もいれば、逆にそうした一面が異性として見るには少し抵抗があるという人もいます。

そのため、既婚女性らしさを強く出さない人も独身の男の人たちは魅力的だと感じ、惹かれる人もいるのです。

こうした既婚女性らしさが無い人の中でも、特に魅力的だといわれるのが外で働く女性でしょう。

中でも人と接する接客業の女性やプロジェクトなどの担当者などになれば、かなり外見に気を遣う人が多くなります。

そうした人たちは社交的で男性よりもきびきびと精力的に働くことも多く、母としての一面や妻としての一面を匂わせる部分が少なく、仕事をバリバリこなせるすごくできる女性として見られることがほとんどです。

更に、人と接する仕事というのは気遣いが求められる点が多く、人のサポートをしながら自分の仕事をすることが日常になる部分もあるため、気配り上手など女子力が高い人も一定数以上存在しているのも大きいでしょう。

既婚者女性とは思えない気の配り様と仕事っぷりを評価して、徐々に好意を抱き始める人も多いのです。

精力的に働く様子は独身女性と変わりありませんが、既婚者だからこその色気があることで魅力的に映る人もいます。

しかし、いい意味で既婚者らしくないという人ほど、自然とモテることが多いです。

ノリがいい


独身女性と既婚女性の大きな違いはそのノリの良さでしょう。

独身の人は異性とある程度距離を保ちつつ交流することが多く、特に恋人がいる人などは交際相手への配慮から距離を取ってあまりノリの良い交流をしないことも珍しくありません。

しかし、既婚者の場合はすでに夫がいる、または子供がいる身でありますから異性への距離感がかなり近く、独身男性を異性としてカウントしていない面も存在しています。

そのため、男女問わずフレンドリーでノリが良く、新年会や忘年会のほか、平日の飲み会であっても明るく振る舞いながら周りと接してくれるため、誰と一緒でも盛り上げながら楽しく過ごせるようにしてくれるのです。

会話もテンポよく、けれど相手が話したいことをきちんと待って聞いてくれるのもあって、話しやすい人や相談しやすい人としてのイメージもつきやすいでしょう。

こうした話しやすい、距離が近いといった要素は男性が勘違いして好意を強く抱くのには十分なポイントです。

誰にでも分け隔てなく接し、明るく楽しい時間を過ごせる女性となると、多くの男性の好みの女性のポイントを押さえているようなものなので、知らぬ間に人柄やその明るさに惹かれる男性は多くなるでしょう。

既婚女性が独身男性を落とす前にこれからの関係について覚悟しておく事

独身男性をいつか手放すこと


秘密の恋に燃える既婚女性としては今すぐにでもアプローチ方法を知りたいと思うでしょうが、その前にワンクッションおいて秘密の恋を成就させるからこそ覚悟しておきたいことをここで話します。

まず色々なサイトで言われている通り、不倫恋愛は簡単には認められない関係であり、バレることで様々なところで障害が起こる可能性が高いです。

だからこそ、覚悟しておかなければならないことがいくつもあり、決して踏み込んではならないことだって交際する上では出てきてしまいます。

その中でも特に覚悟が必要なのが、いつか恋人となった男性を手放し、彼の幸せを願わなければならないことでしょう。

既婚である女性は離婚による破局が無い限り夫や子供がいる身ですが、独身の彼は秘密の恋以外で自分が一緒に将来を歩んでいきたいという女性を探す権利というものがあります。

それは秘密の恋のお相手だと確信する男性もいれば、全く違うところで出会い、そのまま縁があったということで結婚まで続いていく人もいるでしょう。

秘密の恋以外でそういった人生を共に歩んでいくパートナーを選んだ時、邪魔する権利は秘密の恋の相手である女性には無いのです。

逆に、誰にも祝福されないながらもずっと一緒に過ごした時間を思い出にし、快く送り出すか心からの祝福をする立場にならなければなりません。

結婚しているからこそわかるトラブルや諍い、夫婦間の難しい距離感の相談に乗る友達や先輩になるしかないのです。

不倫のままずっと続くことはほとんどありませんから、いつかは彼とお別れしなければならないのだと覚悟して交際に踏み切りましょう。

復縁は望み薄


内緒の関係は刺激や背徳感に興味がある男女であれば意外と簡単に築ける人もおり、じつは昔交際していたことがあるという既婚者はかなり多いです。

しかし、関係を築きやすいということは別れも簡単に訪れることを意味しており、ある程度割り切ったうえで関係を結ぶと了承している不倫カップルも珍しくはありません。

けれど別れた後、どうしても彼ともう一度交際したい、会いたいといった気持ちが強くなるのはその人を本当に好きになった女性としては仕方のない感情です。

感情を持て余すあまり、どうにかもう一度交際してもらえないかと復縁のためのアプローチに走る場合もあるでしょう。

残念ながら、その復縁のアプローチに関してはかなり望み薄であるということを交際前に覚悟しておく必要があるのです。

元々が許されない関係であるうえに、別れた理由が関係の発覚であったり、女性に対して我慢できない点があったりした場合、どうしても復縁しようという気にはならないでしょう。

また、年齢によっては男性の方も結婚を意識し始めることも多いです。

「自分はこのままの関係を続けていて本当に大丈夫だろうか?」「同期や先輩たちを含めて周りはどんどん結婚していく中、取り残されていないだろうか?」と強く不安に思う人だっています。

そのため、関係が終わりを迎えた後は男性は自分の幸せのために仕事に打ち込んだり、婚活に励んだりとスキルアップや新たな出会いを求めて活動していくでしょう。

復縁のために使う時間よりも、自分をより良くするためやスキルアップのための勉強に使うほうが有意義だと判断しますので、復縁のアプローチを全く受け入れない男性の方が多くなりやすくなっています。

もしも復縁を考えたとしても、彼らは別れた原因が改善されているのか、旦那さんとの修羅場に巻き込まれたりしないかを気にしてすぐに「無いな」と判断してしまうのです。

彼への想いがたとえ本物だとしても、女性が既婚者である以上できることは彼を煩わせないことしかありません。

特に破局してしまっているのなら尚更、下手にばれると彼の立場を危ういものにしてしまうアプローチや復縁のお願いなどはせず、そっと彼のこれからの成長や幸福を祈るほか無いでしょう。

復縁できるのならと思って勢いで離婚する女性もいますが、そうした行動はあまりにも重たい女性として映りやすいですし、下手をすると旦那さんへの慰謝料の支払いも負担させられるのではと不安になるので、絶対にやってはいけません。

別れた時には彼の方から求めてこない限り、復縁はまず無いものと諦めてください。

夫や子供を振り回す結果になる可能性


不倫恋愛というのは嫌でも周りを巻き込む行為です。

バレているいない関係なく、不倫恋愛のために家に帰る時間が遅くなったり、休日に子供と過ごしていた時間を丸々彼へ会うための時間に使うように嘘を吐いたりするため、いろいろなところで夫や子供へストレスや不満を抱えさせるようになります。

コソコソと行動する姿に子供や夫が不信感を持つのは当然ですから、そこから発展してばれてしまう可能性だってあるでしょう。

好きだからどうしても動いてしまう気持ちもあるでしょうが、常識的に不倫恋愛はやってはいけない不義の行為であることを必ず念頭においてください。

許さない行動をするというのは、それだけ厳しい罰があったり信用を失ったりするものです。

特に不倫の場合は夫や子供との信頼関係を壊し、離婚にまで簡単に発展します。

離婚したくないと縋っても「いつまた不倫するか分からない」と切って捨てられる可能性だってあるでしょう。

子供もある程度の年齢の子であるのなら、母親に対して侮蔑の目を向けて父親についていくと宣言する可能性だってあります。

夫側の義両親だけでなく、不倫をするような娘を嫁に出してしまったと実の両親だって悲しい思いのまま、下手をすると絶縁を切り出すこともあるのです。

周りの信頼を裏切り、夫や子供を離婚騒動のほかに彼との修羅場に巻き込んで家庭をぐちゃぐちゃにしてしまう、そんな行動こそが浮気といえるでしょう。

やってはいけないと分かっていながらもあらがえない好奇心などもあるでしょうが、周りはもちろん、夫や子供を巻き込んで振り回してしまう最低な行いであることは覚悟して不倫恋愛に臨んでください。

例え離婚に発展したとしても自業自得だと、受け身の姿勢を崩さず、夫や子供の判断を待ちましょう。

既婚女性が独身男性を落とす時に送るべきライン

日常的な挨拶から


気になる独身男性がいるとき、落とすための第一歩としてLINEを活用する人も多いです。

その中でもまず送っておきたいのが日常的な挨拶でしょう。

おはようやおやすみ、お疲れ様といったような何ともないような挨拶ではありますが、毎日続いてLINEで送られてくると、徐々に日常の一コマとして独身男性に受け入れられるようになります。

「おはよう、今日も仕事頑張ろうね」「今日の会議お疲れ様!すごく頑張ってたよ」といった内容だと読んでいるだけでも元気がもらえますし、何よりうれしいものです。

このような内容のLINEが日常化すると、ふとしたときにLINEが送られなくなると「どうしたんだろう」と気になりますし、逆に自分が何かしたのではと不安を抱く男性も出てきます。

そうした不安や気になるちょっとしたきっかけが恋心に変わるでしょう。

もちろん、最初のうちはとても訝しげな反応の方が多いですし、毎日毎日同じ時間にメッセージを送るのは大変ですが、努力した分、相手は受け入れてくれることも多いので、少し頑張ってみるとその後のアプローチが劇的に変わります。

挨拶だけで終わるはずだったLINEがどんどん会話になっていき、中には仕事以外の悩みを相談するほど仲良くなっていく人もいるほどです。

仲良くなっていくにしてもまずは挨拶から徐々に始めていくのが安牌と言えるでしょう。

体調の心配をする


LINEを送るのにある程度慣れたり、すでに多少仲良く接していたりするのであれば、体調の心配をしてあげるのもおすすめです。

風邪が流行っているときには「今日咳してたけど大丈夫?あったかくして休んでね」といった、体調を心配するメッセージを送ります。

体調が悪い時や気分がすぐれない時というのは誰かに心配してもらいたいものですし、何より優しい言葉をかけてもらえるととてもうれしいものです。

一人暮らしの独身男性になると、誰かに心配してもらえる機会がぐんと減ってしまうところもあるので、プライベートな時間帯に体調を心配する言葉をもらえると「この人優しいな」「いい人だな」と素直に思ってもらえます。

良い人、優しい人というのはそれだけ独身男性から警戒心を軽くさせることができ、徐々に恋愛対象にシフトチェンジさせていくこともできるので、最も良いアドバンテージをもらえるようになるポジションです。

もちろん女性が既婚者であることを考えると、凄く優しいお母さんみたいな人、お姉さんみたいな人といったしっかり者の身内のような存在に思われる可能性もありますが、優しい良い人、それも異性から心配されるととてもうれしいという男性は多くいます。

恋愛対象になれるかどうかは分かりませんが、相手の体調を気遣える良い人、優しい気配りができる女性としてのイメージは確実に相手に植え付けられるでしょう。

お礼の内容を送る


LINEの内容でも体調を気遣うものと同じく、良い人としてのポジションを得たいのであれば、お礼の内容を送るのも一つの方法です。

「今日は手伝ってくれてありがとう」「あの時すごく助かったよ。何かあれば言ってね、手伝うから」といった仕事のサポートなどを感謝するお礼のメッセージを送ると、男性はそのメッセージの内容に気を良くして次も手伝おう、お礼を言ってくれるなんて律儀な人だなと女性に対する評価をより良いものにしていきます。

誰かにお礼をきちんと言える人というのは、礼儀作法や言葉遣い同様に男性が厳しくチェックするポイントでもあるので、既婚独身関係なくきちんとしているほど好ましく思われますので、ちゃんとお礼を伝えるきっかけにもなるので、送るLINEの内容にぴったりでしょう。

また、お礼と一緒に「次は手伝うよ」といったような一緒に作業をする、または頼り頼られる関係になるためのきっかけを作れる内容を送れることからも、このお礼を伝えるLINEはとてもおすすめです。

同じ職場の独身男性が気になっているのであれば、このお礼のメッセージを活用しないという手はないでしょう。

もちろん、お礼を伝えるだけ伝えてそのまま会話も始まらず終わってしまうこともありますが、その分はLINE以外でのコミュニケーションで補うとベストです。

話す機会を増やすために、メッセージを送るのと同時にコーヒーなどをお礼に買って渡すなどの方法を取れば、さらに彼と近づくためのチャンスを作れます。

メッセージはあくまできっかけとして、その後はLINE抜きで仲良くなるか、LINEでより深くやり取りするようになるかは女性の行動と男性の反応次第です。

しかし、素直にお礼を言える人とイメージを相手に与えるだけでもかなり大きなアドバンテージになります。

他のお礼もおざなりで手伝ってもらうのが当然、教えてもらってないから手伝ってもらうといった態度の社員や従業員がほかにいるのであれば、比較されてより好感度を上げることもできるでしょう。

まずは些細なことだけでなく、本当に助かったと思うことのお礼を伝えるようにしていくのも一つの手です。

彼だけにメッセージを送るのが恥ずかしいというのであれば、最初は手伝ってもらった人たちに満遍なく送りつつ、チームや班全体で仲良くなりながら近づくのも良いでしょう。

独身男性が既婚女性を本気で好きになる直接行うアプローチ

性格や行動を褒める


独身男性が既婚者の女性を好きになると、直接的なアプローチが徐々に増え始めます。

このアプローチの中でも最初に彼らが行いやすいのが容姿ではなく性格や行動に関してを褒めるようになることでしょう。

仕事をこなす女性は基本的に身だしなみをきちんとしていることが多く、スーツやオフィスカジュアルが当然の会社勤めの人のほか、制服や清潔感のある服装やメイクが求められる接客業に従事している人はかなり気を遣っている人が多くいます。

そのため、職場や店で見かけることしかない独身男性にとって好意を抱いた既婚女性の容姿がきれいなのは当たり前なのです。

逆に子供関係で知り合い、そこから好意を抱き始めた場合は妻と母の両方の側面を整えられるようなファッションやメイクで身だしなみを整えていることが多いでしょう。

こうした容姿や見た目がきちんとしているからこそ、本気で相手を好きになった男性は中身や行動を褒めるようになります。

「サポートしてくれて助かった、ありがとう」「○○さんがいてくれて本当に良かったよ。頼りになるね」といったような仕事の出来や補佐するために動いてくれた行動を褒め、見た目ではなく自身が中身で判断していることを徐々に表に出し始めるのです。

他にも仕事の出来以外では、その人の女子力に関して褒めることも多くあります。

お茶を入れて配ったり、掃除をこまめに行ったりといったその場にいる人たちが過ごしやすいように気を配る行動なども、女子力の高い人だねと褒めてくれるでしょう。

こうした中身や行動を褒めるようになった男性は、既婚女性に夫ではなく自身の言葉に特別感を抱いてほしいと考えています。

夫に普段言われない言葉や周りから褒められることがそう無い部分をつぶさに確認して褒めるようになるので、既婚女性も徐々に「この人は私の努力を知ってるんだ」と心地よい気分になってくるのです。

何かあった時、「彼の言葉があれば何とか持ち直せる」と思うようになると、男性に対する親愛に近い好意がかなり強くなっているでしょう。

他の誰にも言われない、自分だけに向ける特別な好意の言葉は確かに女性の努力に対する承認欲求と、既婚者や女性であっても立派に働いているという自尊心を満たすことができます。

良く連絡をしてくるようになる


本気で好意を抱いた女性に対して男性は既婚独身関係なく、連絡をマメに取ろうとしてきます。

普段の何気ないことから始まり、最初のうちはあまり警戒されないようにお互いに盛り上がれる話で好意をひた隠しにして、良き友人や同僚として接触してくるのです。

特に趣味が同じ、好きな食べ物が同じといった外出や食事が容易に行えるようになる男女の場合は、より話題が盛り上がりやすいので、一気に距離を縮めることもできるでしょう。

同じ好きなものがあるというだけで人は一気に親近感を抱きますし、多少差異はあったとしても大きなカテゴリーとしてはつながるには十分です。

既婚者である女性も、自身が既婚者だと相手が知っているのであれば余計に警戒することはありませんし、同僚ならば夫の方も知っている可能性があるので、より好意を抱いているとは思わなくなります。

何せ、職場にいる時期が結婚式と被っているのなら、新婦の会社側の招待客として招かれていることもあるので、旦那さんも趣味が同じ、好きな食べ物が同じで良く情報交換をしている同僚という認識でしかいないでしょう。

しかし、そんな趣味や食べ物関連から始まった連絡の内容は徐々に変わってきます。

仕事のほかにプライベートなことの相談になり、最終的には女性側の家庭の状況すら話題に挙がることもあるのです。

これは仕事やプライベートのことを相談できるほどに仲良くなった男性に、この人ならと女性が安心感を持ってしまっていることで起こりえます。

最初のうちは男性の方がプライベートに関して「○○さんにしか相談できないんです」と相談し始めますが、こうした自分自身のことを素直に相談していくことで、互いに何でも話せるようになると、家庭の状況すらある程度話しても大丈夫だろうと安心して話してしまうのです。

この時に得た情報をもとに接し方を考えつつ、さらに相談に親身になることでより好意を持ってもらえるように動きます。

親身に相談に乗りつつ、基本的なスタンスは良い同僚であり、接点の多い仲良しな異性であることを崩さないため、気付いたらいつの間にか女性の方も好意を持っていたというような状況になってしまうでしょう。

恋人ができないことを相談する


既婚女性に対して好意を持った男性は、女性側の母性本能をくすぐりつつ恋愛対象として認識しやすい環境に整えるため、自分に恋人ができない、女運が悪いといった恋愛相談をすることがあります。

「彼女ができないけれど、何が悪いと思う?」というような、自身の欠点を探ってもらうような質問であれば、女性の方も何が良くて何が悪いのかをきちんと判断するために彼のことをいろいろと見るようになり、男性の良いところと悪いところを細かく知る機会を得るのです。

細かくいいところと悪いところを知る機会があれば、「私はここがちょっと嫌だけど、いい人なのになんでw恋人できないんだろう」と気になるものですし、何より自分の物差しで見ても恋人ができないのが不思議な男性ならもったいないとすら思うでしょう。

このもったいない、不思議だなと思うことが徐々に恋愛感情に変化するきっかけでもあります。

恋愛相談が継続され、異性のあれこれを知る機会が増えるようになればそれだけ相手を異性として意識するきっかけも増えるものです。

恋愛感情を抱きやすくさせるため、あえて恋愛相談を気になる異性にしていく人も多いため、最近よく会話があり、連絡が増えたりしている男性から恋愛相談を持ち掛けられた時は、もしかすると好意を抱かれているのではないかと思って良いでしょう。

既婚女性がやりがちな独身男性への失敗アプローチ

言い訳する姿を見せたうえでのアプローチ


既婚女性が好意を抱き、独身男性にアプローチするとき、実はやりがちな失敗があります。

その失敗のうちの一つが仕事などに対し、ひどい言い訳の姿を見せたうえでアプローチの行動に入ることでしょう。

男性というのは仕事に対して誇りを持つ、または責任を持ってやり遂げるような人が好ましいため、仕事にいい加減な姿勢で取り組み、さらに自身がミスしたとしても認めず、言い訳がましい姿を見せられると好意的にはなれません。

そのうえで好意を抱いたことを思わせるようなアピールをされると、仕事もできない、既婚者の癖に何をしているんだと嫌悪感を募らせてしまうでしょう。

もちろん、仕事をきちんとしていてもミスは起こるものですから、その点は仕方がないと言えるかもしれません。

しかし、そのミスに対してきちんと謝罪して改善に取り組む姿勢があるのならまだしも、言い訳をしているのなら、いい年をした既婚者なのにと思われてしまうのです。

アプローチを仕掛ける前に、自分が言い訳がましい性格なのかを一度考えてみてください。

言い訳をする姿を彼に見せれば、それだけ失敗につながるポイントが増えていきます。

また、仕事に対しての姿勢はどうなのかも考えてみましょう。

仕事に対して真面目に、誇りや責任をもって取り組めているのかを一度考えてみるだけでも、次の日から仕事に対してどのように取り組もうかを真剣に悩むことができるきっかけになってくれます。

彼へのアプローチを成功させたいのであれば、ぜひこの機会に仕事への取り組み方を変えてみましょう。

メッセージが最初からなれなれしい


既婚女性は誰とでもフレンドリーな関係を築きやすい立ち位置にいますが、それでもまだ仲良くないときにはメッセージの内容を多少考えなければなりません。

中でも失敗したアプローチに多いのが、メッセージの内容が非常に馴れ馴れしいものだったことです。

相手が年下年上にかかわらず、相手はまだ恋人や友人でもないのであれば敬語や多少かしこまった文面で送るのが礼儀というものですから、あまりにも砕けたものの場合、相手が仕事の際に見ている女性の姿との大きな違いから、悪いギャップを感じてしまいます。

これがある程度仕事においても親しくしており、砕けた口調で話す機会があるのなら違ってきますが、そうした機会もなく、メッセージで軽くお礼や挨拶を送るようにしただけなら、なおさら「え、こういう人だったの?」と引いてしまうでしょう。

当然、仕事ではキリッとしていてもプライベートは明るく和やかな親しみやすいキャラを好意的に受け止めてくれる男性もいますが、そうしたキャラが受け入れられるのは、ある程度そういう人だという事前情報や姿を直接見たことがある人の方が圧倒的に多いです。

それほど親しくない、親しみやすいキャラで友人のように接するには交流がないというのであれば、最初のうちは敬語を多めに職場で話しているような感覚で送りましょう。

そこから会話やメッセージのやり取りが増えてくるようであれば、少し口調を崩していっても大丈夫です。

軽く崩した文面を送った後に彼の反応を見て、さらに崩すかどうかを決めるのも良いでしょう。

いきなり崩した文面のメッセージや絵文字顔文字をたくさん使ったものを送るより、敬語多めでシンプルなものの方が相手の受けは良いです。

送る前に一度きちんと文面を確認して、崩しすぎてはいないか、顔文字や絵文字の量は適切かを見直して送ってください。

そのメッセージからさらにやり取りが増えるかどうかは女性次第ですので、あまりしつこく送り続けたりしないように気を付けつつ、適度なやり取りを心がけて続けていくようにしましょう。

好意があると勘違いした接触


こうした不倫関係の記事では男性が好意を抱いた際に取りやすい行動についても取り上げ、解説していることが多いです。

この記事でも同じように解説している部分はありますが、こうして記事にされているものがすべてではなく、中には偶然そういう対応や行動を取ってしまっただけで、特に好意を抱いてはいないという男性もいます。

そんな男性に対し、好意を抱いている女性が勘違いをして軽いボディタッチを始めとした接触、アプローチを仕掛けることで相手が嫌がって距離を取り始めることも珍しくはありません。

中には女性と男性の立ち位置、地位の違いによって逆セクハラではないかと抗議されてしまうこともあるでしょう。

それほど相手が好意を抱いているのかどうかとても重要なのです。

好意を抱いているから、接触していこう!と思う行動力は確かに素晴らしいものでしょう。

決断力とやってやるという強い気持ちはそうそうあるものではありませんし、それだけ意気込んでいるのであれば、その後に待ち受けるあらゆることを覚悟して恋に臨む姿勢ができているとも言えます。

しかし、その決断や強い気持ちが勘違いでから回ってしまえば逆効果です。

本当にその男性は強い好意を抱いていて、不倫恋愛でも良いと言い切ってくれるのかを疑いながら少しずつアプローチしていかなければなりません。

更に、いきなりボディタッチは難易度が高いので、接触を狙うとしても軽く手が触れる程度にしておきましょう。

既婚者だからこそ覚悟を持つべき!アプローチするなら慎重に


今回の記事では既婚女性と独身男性のアプローチの仕方、失敗について取り上げてきましたが、それと同時に覚悟しておくべきことも説明しました。

家庭のある身ということも考えてみれば、それは絶対に許されないことだとわかりきっていても、どうしても恋心は抑えられないこともあるでしょう。

だからこそ、その恋をかなえようと思う前に覚悟すべきことをいくつかのサイトを巡ってでもいいので見ておくべきです。

不倫恋愛は軽く考えていいものではなく、周りを不幸にする終わりがいくつもある恋愛であるため、普通のカップルのように別れておしまいというわけにはいきません。

不倫恋愛の破局は、お相手とのこれからの付き合い方が変わることを意味しつつ、最悪の場合は家庭の崩壊につながることもあります。

夫の不信感を煽り、子供に不安を抱かせた挙句離婚すれば、夫と子供を振り回した上で双方の家からの信頼を地に落とすにも等しいでしょう。

絶縁され、二度と実家には戻れず、誰も知らないところでひっそりと生きていくしかなくなることも覚悟しなければならないのです。

そんな周りを振り回した挙句の不幸は、相手の男性にも及ぶこともあるので、とにかく強くきつい覚悟を決めてアプローチを始めましょう。

不幸になったとしても、それは誰のせいでもなく不義の関係を選んだ自分の責任であることを忘れないでください。

おすすめの記事