恋が終わって家庭に帰るときの男性心理を徹底解析!毎回家に帰る時や結局奥さんに戻る時の気持ち

不倫恋愛のつかの間の時間を過ごし終え、男性が家に帰る時一体どんな気持ちで帰るのだろうか、と気になったことはありませんか?

家族とこれから会うことへの何かしらの期待をしていたり、話す内容を考えていたりするのか、それとも奥さんに詰られるような立場であるからこそ億劫そうに帰っていくのか、女性にはその気持ちが分かりません。

しかし、彼が帰宅する際に何を抱えているのかを知るだけでも今後の交際の上でとても役に立ちます。

今回は気になる帰宅する時の男性心理のほか、嫁や家庭を優先すると実感してしまう瞬間、男性が家に帰りたくないと思った時に出すサインについてまとめてみました。

彼の背中を見送った後、「いったいどんな気持ちで帰っているんだろう」と気になる女性の方は必見です。

家に帰る時に既婚男性が胸に抱えている思い

とりあえず帰らないといけない


仕事が終わり、家に帰るための準備をしている男性や、帰宅ラッシュにまみれながら帰る男性の胸の内にある思いの多くは、とりあえず帰らなければいけないというものがほとんどです。

今日も一日疲れた、という一日の仕事量へのうんざりとした疲労とともに「じゃあ、とりあえず帰ろう」とひと段落付いたような安堵から、帰る場所でもある家に帰らなければいけないと無意識に考えて行動に移そうとします。

中には奥さんや子供からのメールやLINEが入っているのもあって、余計に帰らなければいけないと強く思ってしまうこともあるでしょう。

既婚男性は結婚した後から妻や子供が待つ家こそが自分が帰るべき場所であるという無意識の思い込みが強く、家庭があるからこそ家に帰らなければならないとより思ってしまう人も存在しています。

特に用事が無いのであればとりあえず帰ろう、そういう思いを抱いて帰路につくでしょう。

ただ、ここに毎日の刺激が少なくつまらないという日々の不満や、何も変わらない日常に刺激を求めるような男性になると、浮気に走ってしまう傾向にあります。

毎日帰らなきゃ、と思っている心のうちに何か家での楽しみがあるのであれば、喜んで変えるでしょうが、そうした楽しみもなく過ごしていくだけであれば、浮気してしまう男性も少なくはありません。

疲れているのに妻に何か言われる可能性にうんざり


結婚当初は幸せそうに家に帰る男性は多いものの、ある程度年数を経た夫婦の場合、家に帰るのが億劫になってしまう男性が増えていく傾向にあるのです。

家の中で妻の方が強くなってしまった夫婦によくみられる光景として有名なものになるでしょう。

毎日仕事で疲れて帰っているというのに、妻からは仕事に関してのことや家族サービスなど、不満に思っていることをあれこれ愚痴や小言のように告げられてうんざりしながらご飯を食べる時間を過ごすことになるのです。

帰らなければならないと思っているけれど、実際のところは帰りたくないと心の中でひっそりと思う人は多くいます。

こうした家に帰らなければならないが、本当は帰りたくないと思っている人は何かと理由を付けて遅く帰ることも多くなります。

今日は飲み会があるから、仕事でちょっと遅くなる、接待の食事会があって、という理由を付けて少しでも妻から小言や嫌味を言われる頻度を少なくするために、いろいろな理由づけを考える人は多いです。

中には何の予定も無いのであれば、同僚や後輩を飲みに誘って、了承を得られたうえで嫁に電話やメールをして夕飯が必要ない、遅くなると伝えて嫁の了承の上で遅く帰れるように尽力する男性もいるでしょう。

こうした人たちは妻からの態度が軟化したり、改善されたりしない限り家に帰るのをあまり好ましくは思えない状態にあり、不満を多く溜め込んでいる人もいます。

溜め込んでしまった不満の吐き出し口をきちんと見つけない限り、奥さんよりも優しい人を求めて浮気をしてしまうようになるでしょう。

奥さんの方も出産後であったり、生理周期の関係であったりと苛々する原因があるのかもしれませんが、男性の方は長く不満を溜め込んでしまうような環境に置かれているせいもあり、いい加減にこの現実から解放されたいと強く感じています。

だからこそ、ストレスや不満を感じない空間にいたくて浮気や不倫に手を出して、別の女性に癒してもらおうと考えてしまうのです。

早く帰って子供や妻に会いたい


結婚して、まだそれほど長い年数が経っていない男性の場合、普通に子供や妻に会いたいという強い思いから早く家に帰ろうと考えます。

子供がいる家庭の場合は、子供の年齢によってはハイハイやつかまり立ちなど、何かしらの成長をしている可能性もありますし、それなりに大きくなっている年齢であれば学校や保育園での今日の出来事を明るく話してくれるのを楽しみに家に帰るのです。

子供がいないのであれば、妻の手料理や一緒にお酒を飲むゆっくりとした時間で癒されながら他愛のない会話を楽しむことを考えつつ家に帰るでしょう。

毎日の仕事は大変だけれど、家に帰れば暖かく家族が迎えてくれる、妻も仕事を頑張りつつ支えてくれているのだから色々と協力するために帰りたいという気持ちが強いので、浮気や不倫に関しては毛ほども考え付いたりしません。

もちろん、そういうお誘いを女性の方から持ち掛けられる可能性はありますが、良識や常識的な考えからその人を軽蔑し、決して誘いに乗ろうとすることもないです。

確かに毎日大変だけれど、家に帰れば何かしらの楽しみや癒しが待っていて、なおかつ良識と常識を強く持ち合わせている人に多い考え方と言えるでしょう。

「この人、結局家庭や嫁が大事なんだ…」と感じてしまう瞬間

週末に会うことはない


不倫恋愛をしていると、時折「この人は奥さんや家族より私のことを大事にしてくれている!」と非常にうれしい気持ちが芽生える瞬間もありますが、逆に「奥さんや家族の方がやっぱり大事なんだ」と悲しい気持ちになってしまう瞬間というのもあるものです。

その瞬間の一つが、週末の予定が絶対に会わず、彼の方から週末に会うことはないと告げられた時でしょう。

週末といえば翌日が休みであることも相まって同僚や先輩との飲みが入ったり、少し余分に仕事をして翌週を楽にしたりするためにちょっとだけ遅く帰るという人は多くなりやすい日でもあります。

だからこそ、不倫恋愛においてはとても会いやすく、デートを重ねやすい曜日でもあるため、一緒にいる時間を少しでも増やしたい女性にとっては逃せないチャンスであるとも言える曜日です。

しかし、この週末を一緒に過ごせないと言われてしまうと一番最初に思い浮かべるのが家族サービスでしょう。

平日の夜にはゆっくり過ごせない男性からすれば、金曜日の夜は子供と少し夜更かししながらテレビを楽しんだり、ゲームをしたりして団欒するほか、妻と話しながらお酒を飲んで映画やドラマを楽しむといった時間の使い方ができる曜日です。

だからこそ、家族のためにさっさと帰宅してゆっくりと過ごしたいという考えから予定を入れずに速やかに帰路につく男性も珍しくありません。

もちろん、中には週末には仕事の予定が入りやすく、残業にはならなくても飲み会や接待で時間が使えない、家に持ち帰って検討したい案件をゆっくり考えたいという人もいます。

けれども、不倫恋愛を楽しみつつ今後の進展をどうしようと悩んでいる女性からすれば、週末の誘いを断られるというのは、家族サービスのために時間をじっくり使いたいという男性の意思が垣間見えてしまうので、たとえ家族のために帰宅するわけではないとしても自分のために使おうと思わないことに違いは無いので、余計に自分より大事なものがあると実感してしまうでしょう。

相手男性のSNSをフォローしている人によっては、男性が家族サービスをするつぶやきや投稿がされると、より家族の方がやっぱり大事なんだなと思わされてしまうこともあるようです。

週末に会えないだけでも、週末に時間を使うのは一体何なのか女性は勘繰ってしまうものですから、どんなに妻に対しての不満を言っていたとしても、時間を割いている以上家族の方が大事なのだろうと思ってしまうのは仕方のないことなのかもしれません。

家族の記念日は絶対に祝う


この人家族や家庭の方が大事なんだな、と思ってしまう瞬間の中には家族の記念日というのも入っています。

子供の誕生日はもちろんのこと、妻の誕生日や結婚記念日、父の日や母の日といった家庭において大切な記念日というのは誰だって祝うものではあるものの、不倫をしている男性の中には、絶対に外してはいけないもの以外は祝わない人も珍しくありません。

特に父の日や母の日といった、夫婦の両親にメールやメッセージを軽く送ってもいい記念日に関しては、子供がいて自分が感謝を告げられるような状態でない限り、ほとんど無視しているという人も多いでしょう。

また、クリスマスやバレンタインデーも仕事の関係で帰るのが遅くなると告げて不倫相手のところで過ごしてから帰るというケースも存在しています。

そのため、家族で祝うような記念日や家族に関係する記念日を大切にするかどうかで浮気相手の女性は男性にとって家庭や家族より自分が大切にされているのかを判断するようにしている場合も多いです。

けれど、男性が女性よりも家族で記念日を祝うのであれば、やっぱり家族の方がいいのかと思ってしまうでしょう。

記念日、それも自分たちの交際から〇ヶ月、〇年といった二人で祝いたい日が家族の記念日と重なっている場合、家族の方を優先する男性に対してはより強く家庭の方が良いのだろうと実感してしまうこともあります。

自分と一緒に祝ってほしい日に彼はいない、彼は家族で過ごさなければならないからと帰ってしまった、そんな状況になればやっぱり浮気相手はこんなものかとすら思ってしまうものです。

下手をするとあまりの苦しさに泣いてしまう女性だって出てくるでしょう。

大切な日においての優先順位がどうであるのかを確認したことで、やっぱり彼にとって一番大事なのは家庭なのだろうと確信を持つ女性は特に多くなりますので、確信を得たことで交際に対する心構えなどが大きく変わることもあります。

デートが終わればさっさと帰る


デートに出た時、ホテルで一緒に過ごしているときなど、一緒に居られる時を女性は心から楽しんで名残惜しいと感じてしまうものです。

しかし、こうした女性が名残惜しい、もっと長く一緒に居たいと思っていても男性はそんなこと関係なく帰って行ってしまうこともあります。

本当に好意を抱いてくれているのであれば、もう少し一緒に居たいという素振りを見せるものですし、何より妻に対して「少し遅くなる」というメッセージを送るなどして対応してくれる人もいるものです。

けれど、そんな対応すらすることなくそのままさっさと帰ってしまう男性は、女性から家庭の方を優先する人だと思われてしまいます。

特にホテルで過ごした後、さっさと一人でシャワーを浴びて帰っていくような男性であれば、体のみの関係で本当に好意を抱いているのは妻であり、優先すべきは家族であると行動で完全に示しているようなものです。

好きでいてくれるならもっと一緒に居られるようにしてくれるはず、たとえ行為が終わった後シャワーを浴びたとしても少しの間一緒に居て話をしたりするくらいの時間を作ってから帰るくらいの気遣いはするはずだと、浮気相手の女性は不満を感じます。

それも最初からそうした行動を取っている人であれば、ずっと優先するべき何かがあるというのが良くわかるものです。

家庭か、妻か、それとも仕事なのかは女性からはわかりません。

けれど、デートが終わった後に名残惜しそうなそぶりを見せることなく、行為が終わった後にさっさと一人でシャワーに行くようなあっさりと離れる行動を取れるのであれば、不倫恋愛の相手である自身よりも優先していかなければならないところや人がいると簡単に察せられるのです。

不倫女性と過ごす時間が終わって家庭に帰るときの既婚男性の心理

匂いや仕草などでバレないかと緊張する


不倫相手の女性と過ごした後、男性が家庭に帰るときには人によってそれぞれ感じている想いや抱いている気持ちは全く違いますが、不倫をしている以上妻や子供に対して後ろめたいという思いは少なからずあるものです。

そのため、服についた匂いやそうやったりしない仕草、挙動不審な動きなどでバレやしないかと非常に緊張している人が多くいます。

バレてしまえば一巻の終わり、やってしまえば妻や子供から非難されるのは当然の行いをやってしまっている以上、バレることが男性にとって最も恐ろしいケースなのです。

バレないように消臭スプレーでしっかりと消臭したり、電車で帰ったりといろいろと手を尽くす人は多いですが、それでも女の勘というのは時に鋭くなるものですので、旦那さんとしてゆるぎない立場で家庭の大黒柱になりたい男性としては、非常に緊張してしまうのも仕方がありません。

それまでいたはずの癒される空間、楽しい時間とは裏腹にこれからは奥さんにばれやしないかと地獄のような緊張感と一緒に過ごすことになるでしょう。

下手を打ってしまえば簡単に男性が不利な条件での離婚が成立しかねないからこそ、バレないように普段通りの自分を演出しなければなりません。

やってしまったと罪悪感を覚える


不倫恋愛というのはデートや行為をしている最中というのは、相手の女性のことだけ考えているだけでいいので、男性はそれはもう目一杯楽しむ人が多いです。

今だけは現実から逃避できる、嫌なことから解放されるという大きなメリットのある交際でもあるので、仕事のストレスや家庭における不満が噴出しかねない男性にとってはとても大切な吐き出し口として大事にしようと思っている人もいるでしょう。

しかし、楽しい時間というのはいつでもすぐに過ぎ去ってしまうものです。

過ぎ去ってしまった時間の後に残されるのは非情な現実で、男性の中には妻にバレたらどうしようと不安と緊張感に襲われる人もいますが、中にはやってしまったと家族に対して罪悪感に襲われてしまう人も珍しくありません。

特に家族に対して浮気をしようと変わらずに愛があり、これからも一緒に暮らしていきたいと思っているような人の場合、子供や妻の顔を見るたびに罪悪感に襲われてしまうことを繰り返してきたはずです。

家族を愛する自身にとって、一番やってはいけないことだと分かっているというのに、妻では満足できない何かがあることで、解消のために不倫をせざるを得ない状態に追い込まれている可能性もありますが、それでも家族に対して変わらず愛情を注いでいきたいと思っているのであれば、罪悪感のあまり食事も喉を通らないでしょう。

もしくは挙動不審な行動に出てしまったり、罪悪感のあまり家族に今まで以上に優しい行動を取ってしまったりして不信感を抱かれてしまうかもしれません。

こうした罪悪感とせめぎ合いながら交際を続けていると、途中で罪悪感を振り切ってしまう人と押しつぶされてしまう人に分かれ始めます。

罪悪感を振り切って交際を続けていく人の場合は、徐々に家族に対しての緊張感は強くなっていきますが、それと同時に満足感も非常に強く感じながらの帰宅になっていくでしょう。

逆に罪悪感に押しつぶされてしまった人は、途中で自分が不倫をしたことを妻に告白する場合もあります。

即座に離婚になる人もいれば、今回限りで許してもらう人もいるなど奥さんの対応によって全く違った結果に終わるでしょう。

奥さんが心優しく、今回限りであればと譲歩してくれる可能性があるというのなら罪悪感に負けてしまう人もいるでしょうが、逆に確実に離婚になると確信できるほどしっかりとした人であれば罪悪感と戦いながらこれからも交際を続けていくかもしれません。

満たされた満足感でいっぱい


不倫をしている人の中には、遊びや体目的での交際をしている男性も少なくありません。

女性の方は本気であっても、男性の方は体だけの関係、遊びで交際しているだけということはざらにあるため、実際のところは男性は本気で浮気の関係を維持していきたいと思っているわけではない可能性もあるでしょう。

そのため、男性の方は不満に思っていることを解消できた満足感でいっぱい、満たされた感覚で非常に機嫌がいい状態で帰宅するということも珍しくは無いのです。

特に遊び感覚や体だけの関係のみの付き合いだと思っている場合、全く罪悪感を抱くことなく、スポーツを終えたようなすっきりとした爽快感だけ抱いて帰ることもある人もいます。

奥さんに抱いていた不満を軽減できたわけですので、妻や子供に対して非常に優しく接し、いい夫や良い父親をしていることもあるケースも珍しくない、本当に「ああすっきりした」と言わんばかりの気持ちで帰宅する人も存在するのです。

不倫の恋が終わって結局奥さんに戻る時の男性の気持ち

相手が鬱陶しくなってきた


不倫の恋はいずれ終わりを迎えるものではありますが、不倫相手を選ばずに奥さんを選び、結局元の鞘に収まる人が後を絶たないものです。

そんな奥さんに結局戻ってしまう男性の中には、相手が鬱陶しいと思う気持ちが少なからずあります。

不倫相手の方から離婚してほしいと強く強請られたり、帰らないで、連絡をもっと取ってとそれ以上頑張っても無理だと男性が判断しているところをより強く要求されるようになってしまうと、こうした相手に対する鬱陶しいという気持ちが生まれてしまうのです。

秘密の恋の女性としては、相手ともっと一緒に居たい、つながりを感じていたいという不安をどうにかしたい一心での要求になっているのかもしれませんが、男性からすればひどい我儘にしか聞こえず、どれだけ無理だと言ってもねだられるものですから相手にするのも疲れてしまうのでしょう。

そんな浮気相手と会った後に奥さんと接すると、わがままもほとんどない、いつも通りに過ごしていける安心感があり、ほっと息を吐き出すことができるようになるのです。

浮気相手と一緒にいるときにはできないほっと吐き出すことができる息に、男性がどれほど安堵しているのか、女性には分かりません。

けれど、強く縛り付けられるような相手からの要求から逃れられたというだけで、男性は十分に奥さんの方が良いと判断してしまいます。

今現在、彼の気持ちが奥さんに動きつつある人は彼に何か我儘を言ったりしていませんか?

彼の方はどれだけ努力してもそれ以上は難しいと言われたことを、もっともっととねだったりしているのであれば、彼の方は息がしやすかったはずの秘密の恋の関係にひどく息苦しさを感じているはずです。

帰宅するたびに奥さんに安心感を強く感じるようにもなっていますので、下手をすると嫌気が差したことで関係を解消して、奥さんの元に本格的に戻るように動き始める可能性もあります。

やっぱり安心できる


秘密の恋の関係を築いていても、男性には奥さんがいて家庭があります。

男性にとって家庭というのは日常を表すものであり、自分たちが年を取ったり急にお金持ちになったりと大きな変化が訪れない限り、安定した暖かさを持つ象徴でもあるので、無意識のうちに守るべきものとしてカテゴライズしていることも珍しくはありません。

いつだって暖かく迎えてくれる妻、元気いっぱいでこれからも成長していく子供など、自分が毎日仕事をしながら守っている家庭は、男性にとってやはり安心できる要素がたくさんそろっているのです。

不倫恋愛において癒しや家庭的な面を求める男性も多いですが、そうした男性においても実は妻の足りない部分を補う程度の家庭的な面や癒しを求めて関係を築いているというのは珍しくなく、むしろ自身の定めた基準において足りない部分を補っているだけのケースも存在します。

また、不倫恋愛にて女性の方が本気になり始めると、男性の方はどんどん女性から求められる要求が大きくなるにつれてプレッシャーを感じ始めるというのも大きく関係してくるでしょう。

プレッシャーが強くなるにつれて、男性は逃げる体勢を整え始め、最終的には綺麗に別れられるように行動を起こし始めます。

距離を取り、連絡も忘れていた、確認できていなかったということを理由に返信がどんどん遅くなっていくでしょう。

それでも女性の方から強く連絡を望むようなメッセージが届いてくると、やはり家で過ごしている時間が最も安心できるのだと彼は感じてしまうのです。

元々秘密の恋に走っていたとしても、異性としてすでにあまり魅力を感じていないとしても奥さんと彼は結婚までに交際を経ている分、喧嘩も仲直りも、時には忙しいが故のすれ違いなども経験して強い絆で結ばれています。

男性の方も情を持つには十分な強いものですし、子供がいるのであればなおさら大事な子供が二人の間を取り持つ大切な存在になっているでしょう。

暖かさがあり、時には厳しいこともあるでしょうが、それでもなお自分が妻と築いてきた大事な家庭を不義密通したからこそより大切に感じ、やはりこちらの方が安心すると思えたからこそ、彼は奥さんの方に戻っていくのです。

本命はもともと奥さん


男性の中には基本的に本命が奥さんであることが揺らがない人も存在します。

こうした男性の多くは奥さんが大好きであることには変わらないものの、少し遊んで刺激が欲しいという欲求や好奇心から不倫恋愛を始める人が多いため、浮気相手に対して本気になることなくあっさりと別れられるというのを前提にした関係を築くケースが圧倒的に多いです。

しかし、女性の方は本気になってしまうことも珍しくないので、本気になったと思った瞬間に彼の方から別れを告げられるというのも実はかなりのケースであり得ます。

男性の方は女性がどれほど傷つくとしても、本命として揺らがない奥さんの元に帰るという意思で動いているので、目の前で不倫相手に泣かれて縋られても相手にすることなく、そのまま帰宅する場合だってあるでしょう。

何せ、不倫相手は結婚している奥さんでもない全くの赤の他人です。

確かに関係を結んでいたとはいえ、交際前に女性の方が二人とも遊びである、体の関係のみであるというのに了承している場合は、全くの赤の他人であると主張して気にする必要もないとすら感じている可能性すらあります。

別れるために平気で嘘を吐くことだってあるでしょう。

なにせ、奥さんが不動の一位であると決まっている男性の多くは、奥さん以外はその他大勢であり、どれほど相手が傷ついたとしてもほとんど痛手ではないとすら思っていますので、泣く女性をそのままに自分は全く関係ないですよ、という顔をして奥さんの元へ帰っていくのです。

いずれ離婚!既婚男性が本気で家に帰りたくないときに見せるサイン

帰りたくないという言葉に共感する


既婚男性が本当に不倫相手の元に居たい、家に帰りたくないという時のサインというのは独特で、実はネガティブな感情を女性と一緒に吐露してくれるようになることが帰りたくないと本気で思っている証拠として扱われます。

普通であれば女性が「帰りたくないな」と思わず告げた時、「うん、わかるよ。帰りたくないねー」と明るく女性を元気づけるような形で言葉を告げて、共感してくれるような男性の方が本気で帰りたくないと思ってくれるのではないかと思われがちですが、むしろこうした明るい言動は、軽ければ軽い分、交際に対しての男性の本心が表れるのです。

あまりにも明るく軽く共感するような言葉を告げられた場合、その男性は不倫恋愛に対して非常に軽い気持ちで手を出しており、全く帰りたくないとは思っていないことを笑わしています。

逆にネガティブな感情を吐露しつつ、帰りたくないという言葉に共感してくれる男性は家に帰るということに対して非常に後ろ向きであることが分かるでしょう。

家に帰りたくないという言葉にネガティブな感情を吐露してしまうほど、本気でこのまま一緒に居たいと思ってくれている証明でもありますので、彼が家に帰ることに対して後ろ向きな言葉や感情を吐き出し始めたのであれば、離婚も近い可能性があります。

中には近場の物件について聞いてくるような男性もおり、別居に関して真剣に検討していることを相手に匂わせる素振りを見せて自分が本気であるというサインをしっかり認識させようとする行動を取る場合もあるでしょう。

家庭を匂わせるような言葉を使わない


家に帰りたくないという男性の中には、浮気をしている最中に家庭を匂わせるような言動を絶対にしないようになるというサインも存在しています。

家のことを考えるのも嫌だという男性に良く見られるもので、家庭に関する話題はもちろんのこと、妻や子供のことに関してもあまり触れてほしくないという彼からの意思表示の代わりとしても、こうしたサインは送られてくるでしょう。

せっかく家のことをすべて忘れて楽しく過ごせる時間や空間を手に入れたというのに、そこに家に関することを思い出させるようなワードが入ってくると、一気に家庭に関する嫌なことを思い出してしまいます。

楽しい時間に嫌なことを思い出したくない、楽しい時間を邪魔されたくないという気持ちが強いほど、家族や妻に関わる言葉に対して拒否反応を示す人もいるので、それだけ帰りたくないというサインを強く出しているということでもあるでしょう。

男性の家での立場や扱われ方が大きく関係してくるサインでもあるので、妻から冷たい態度を取られる、家において居場所がないなどの夫や父親としてしっかりとした立ち位置や居場所がないほど家に帰りたくないという気持ちは強くなりやすいです。

もしも家の話が出た時に、家に居場所がないなどの話を口にしていて、さらにそうした話題を意図的に避けるような行動をしているのであれば、帰りたくないと強く思っているサインでしょう。

遠出のデートを良く提案される


家に帰りたくないというだけでなく、なるべく離れたところに行きたいという男性は遠出のデートを提案することもあります。

家から離れた場所に行くことで、つかの間ではあるものの自分が自由になっているという気分を味わいたいという男性は少なくないので、家での居場所がないだけでなく、家に居づらいという男性は家から出て、自分らしく振る舞えるようなところに行きたい希望から遠出をしたいと思うようになってしまうことが多いです。

家族にも縛られず、楽しく過ごしたいという気持ちの中に秘密の恋人でもある彼女と過ごせたらより楽しいだろうという人ほど、遠出のデートに行ってみたいと思うようになるでしょう。

また、遠出のデートに誘う男性は浮気に対して本気になっているともいわれています。

遠出のデートをするということは、車に乗るだけでなく、新幹線や電車などに乗って移動する必要性があるので、必然的に人目に触れるようになってしまうため、秘密の恋でつながっていると周りにバレてしまいやすい行動になりやすいです。

しかし、それを承知の上で男性は誘っていることも多いので、周りの人に自分たちの関係性がバレたとしても構わないと強く感じているし、そもそも離婚するつもりで周りに自分たちの関係性を見せびらかしたいとも思っているでしょう。

男性の中には自分がこんなに素敵な女性と知り合い、恋人として過ごしているのだというのを自慢したい人もいるため、遠出のデートで人前に出ることでほかの人に「自分の恋人はこんなに素敵なんだぞ」と見せびらかそうとしたい気持ちを発散している可能性もあります。

こうした遠出のデートで家のことをその時だけでもすっかり忘れて過ごしたい、という男性の中には時間をかなりかけて、県外や国外に旅行に行くという人も珍しくないのです。

距離的には最初は近場になったとしても、徐々に遠くに自分の家から距離を取るように遠距離のデート先、または旅行先になっていくのであれば、家に帰りたくないというサインとして受け取って良いでしょう。

デートの時間がなかなか取れない時期が続いていたのであれば、彼の方は離婚の準備を整えるために弁護士といろいろな段取りをしていたり、旅行やデートのための下準備に追われていたりする可能性があります。

特に弁護士との相談についてちらりと会話に出たのであれば、離婚に関してはかなり近い未来に現実となってくるかもしれません。

奥さんに戻る男性の気持ちの多くは安心感。別れたくないなら自分の行動を振り返ろう


不倫をする男女の関係は最初は遊びだったり、既婚者側が真摯な思いを無下にできないなどの情に流されるようなものだったりと、始まり方はカップルによって違いますが、不倫恋愛をしていた男性の多くは最終的には妻に戻っていく傾向にあります。

結婚しているから、子供がいるからという理由づけはもちろんあるでしょうが、何よりも夫である男性が妻や子供を捨てきれないほどの情を抱いているというのも大きなポイントになるでしょう。

結婚前、交際している当時から愛を育み、そしていくらかの年月を経て結婚しているわけですからトラブルにも遭遇しているでしょうし、喧嘩や仲直りも経験しているはずです。

何度も衝突を繰り返し、和解をしてきたのならそれだけ絆が深まっているのは当然の帰結でもあります。

また、ずっと過ごしていた家庭はそれだけで自分の居場所という安心感も大きくなりやすいので、浮気相手だとしてもほかの人と別の場所にいることで落ち着けるのかどうかは個人によって違いますが、息が詰まってしまうようなことがあるのは事実です。

不倫相手のからの要望がより大きなものになっていくようであれば、より息が詰まるような気分を相手は味わっているでしょう。

彼を奥さんのところに帰したくないと思うのであれば、彼にとって壱岐のしやすい空間を作りつつ、あまり要望を相手に強く突き付けるようなことを止めなければなりません。

相手が応えられるかどうかをきちんと確認して、彼の無理のない範囲でかなえてもらうように気を付けましょう。

おすすめの記事