既婚男性が手放したくない女性だけが持つ特徴や魅力、男性心理を操り本気にさせる驚きの理由

男性を虜にしてしまう女性は、同じ女から見ても魅力が分かる部分があります。

しかし、魅力的なだけでは分からない手放したくないと思わせる仕草や行動、また本気にさせるための特徴も気になるところです。

特に既婚者という妻のいる強い意思でもって、不倫や体のみの関係を築くのを良しとしない人でも「おっ」と思ってしまうこともあるほどの女性は、多くの男性から手放しがたいと思わせることすらあるでしょう。

しかし、その魅力とはいったいどのようなものか、気になるところです。

また、奥さん以外に手放したくないと感じてしまう男性心理についても、この記事では触れていきます。

既婚男性が奥さん以外の女性を「手放したくない!」と感じる心理

認めてくれる人がいなくなる


既婚者が奥さん以外の女性を手放したくないと感じる心理の多くが、自身を認めてくれる稀有な存在がいなくなることに対しての恐怖や焦りから始まります。

褒め上手であったり、話をきちんと聞いて内容的にも納得して応援してくれたりする人というのはとても貴重で、家庭において仕事の話をしても認めてもらえない男性にとって、認めてくれる存在は仕事へのやる気を出すだけでなく、心の拠り所として頼っている人も多いものです。

自分にとってかけがえのない、妻とはまた違った意味合いで替えの効かない存在として見ているのであれば、尚更手放したくないと感じるようになります。

別れてほしいといわれても、男性の方は自分自身を確かに認めてもらうことができる存在を手放すことは考えられず、強く反発するか、下手をすると別れ話そのものをなかったことにするために動くでしょう。

認めてもらう、意見を肯定してもらいつつ同じ方向を向いて話題を盛り上げていけるといった女性は、男性にとって本当に大切な存在になりやすいのです。

癒されるところが無くなる

男性が浮気や不倫に発展する関係にまで入れこんでしまう女性は、その人にとっての癒しであることもあります。

家庭的であったり、声や仕草が可愛かったりと何かしらその人が癒されると思う何かに特化している部分があるでしょう。

仕事に家庭にと忙しく毎日を送る男にとって、癒しというのはとても大切なもので、ストレスの発散や心を落ち着けるためにも必要ですので、次の日のモチベーションにつなげている人も珍しくはないのです。

そのため、日々職場や仕事、家庭におけるストレスと戦う環境に置かれている男性にとっては、下手に奪われるとストレスの過剰な蓄積や仕事におけるミスにもつながります。

彼女がいないと毎日がしんどい、という意見も多くあるため、必死に頑張る男性にとって、癒しとなりえる女性も手放しがたい存在として心理が働きやすく、また強く執着しやすくなるでしょう。

やる気を出すために必要


女性の存在が男性に対してプラスに働き、またモチベーションを上げてやる気を出させることもあるように、仕事やいやなことに対してやる気を出すために必要だという人も多くいます。

同じ職場や仕事でなくても、頑張りを肯定してもらい、ミスをすればつたなくても軽いアドバイスとともにポジティブに励ましてくれる異性の存在は、男女問わずとても好ましいものです。

励ましてもらえれば誰でもやる気が出ますし、何よりもっと頑張ろうという気にもなります。

忙しく、家庭でも居場所がほとんどない男性にとって、一番の拠り所として内心強く執着することも珍しくはないでしょう。

明るく前向きな性格は、必死に頑張っている男性にもまぶしく映り、何より妻と違う優しい対応に「この子はいいなあ」とも心理的に思わせる傾向にもあります。

忙しく、ひどいストレスに苛まれる毎日を必死に駆け抜けるように働く彼らにとって、元気づけてやる気を出させてくれる女性は何よりも仕事において必要だという人も多いです。

既婚男性が手放したくない女性だけが持つ特徴

聞き上手


手放したくないと思う女性の特徴として一番に候補にあがるのが、聞き上手という特徴です。

自分の頑張った仕事の内容や愚痴、認めてほしい気持ちが含まれた家庭内の自分への不条理など、男性は口に出さないだけでいつでも心のうちに秘めています。

口に出せばいいのに、と女性は思っていますが、男性にとっては自分が格好つけられなくなり、格好悪い自分を見せてしまう最大の弱みに近い話題だと思っているのです。

そのため、下手に幻滅させて家庭内の居場所を減らすわけにはいかない男性は、口を噤んでいつでも奥さんと子供から提供される話題にしか話を続けようとはしません。

しかし、内心では「俺にも話させてほしい」「愚痴を聞いて慰めてほしい」とずっと思っています。

そんな男性の心の拠り所、愚痴の吐き場所として選ばれるのが聞き上手の女性なのです。

聞き上手の女性はある程度その人が吐き出すまで待ってくれる包容力があったり、そのほかにも触れていい話題と触れてはいけない話題の見極めが上手だったりと、話し相手にとって苦痛になりうる可能性を大きく排除できる力を持っている人が多くいます。

男性にとっても吐き出せる分を吐き出してしまいたいと思った時には、女性の方から振られた話題から徐々に話を発展させて、愚痴につなげていくこともあるでしょう。

女性の方も、男性が「疲れた」「しんどい」といった言葉を出してきたのなら、「何かあったの?」とその愚痴や不満を吐き出させるような話題を選んで問うように聞いてくれます。

こうした話題や男に話させることに対する気遣いがあるので、凄く話しやすいとも感じるのです。

心の中に溜まったストレスのはけ口がない男性にとって、不倫相手であっても女性を手放せないと強く想う特徴にもなります。

口が堅い


男性が放しがたいと思う女性の特徴には、実は口が堅いというものも含まれていることが多いです。

口の堅さというのは、愚痴や不満として吐き出したものに関する秘匿はもちろん、関係性の秘匿にも強い信用を置ける重要なポイントなので、仕事の内容や愚痴の中身をほかに絶対に言わないと強く確信できる特徴として女性の求める人も多くいます。

口の堅い女性はそれだけ信頼できると男性からも高く評価されているため、聞き上手で口が堅く、関係を誰かに風評するようなこともないのであれば、それだけ手放せない存在として認識されやすくなるでしょう。

また、一生懸命働いている男性にとって、社会における口の堅さの信頼性は特に評価しやすい面でもあります。

口が堅く、しっかりとした倫理観と常識のある行動を取ることができる女性ともなれば、傍に置いておくだけでも大きな安心感もあるので、不倫関係に陥ったとしても下手な行動を取らないだろうと、信頼して交際を続けられるという人も多いです。

話した内容を決して誰かに言わない、仕事内容に関しても本人以外に話さない常識を兼ね備えているといった特徴は、すでに中堅に近いくらいの勤務年数の男性からは諸手を挙げて喜ばれます。

家庭的


忙しい男性たちが癒され、なおかつ手放せないと思う特徴の王道的なものが、家庭的な女性です。

料理上手、気配り上手、掃除の仕方といったものから柔らかく和やかな雰囲気といったものまで、幅広い範囲のものが候補にあるものの、男性にとって暖かな理想の家庭を思わせる何かを持っている女性が特に高い人気を誇り、手放しがたいと感じさせる特徴でもあります。

家庭的な女性は、一緒にいると男性にとって理想の家庭を簡単に想像させてくれるため、癒しを兼ねてもっといる時間を増やしたいとも思わせるでしょう。

この家庭的な特徴を持つ女性が手放しがたいと思うポイントの一つが、男性の妻の忙しさです。

女性も男性も働いている、共働きの家庭は今では珍しくなく、結婚した後も仕事が楽しいから頑張りたいという女性はよく見かけます。

それ自体はとても良いことなのですが、子供もいると家事に育児にとさらにやらなければならないことがどんどん増えていく妻は、それだけ夫に対して割ける時間が減っていき、対応もおざなりになってしまうのです。

夫の方もその点に関してはしょうがないと諦めているところがあります。

家庭において自分ができることは限られていますし、家事と育児に参加したとしても主導権を握るのはやはり奥さんですので、奥さんとの教育方針の違いや家事のやり方の違いで口喧嘩になることもあるでしょう。

また、子育てが特にせわしくなりやすい時期になると、奥さんの方がイライラしていて、いら立ちをぶつけられてしまうこともあります。

妻に余裕がないのも、忙しいうえに大変であることも理解していても、やはり夫にとっての理想の家庭とはどこか違うという点は確実に目についてしまうものです。

だからこそ、柔らかい雰囲気で、料理上手などの家庭的だといわれる特徴を持っている女性に男性の心理は動かされます。

家庭に余裕がなく、妻ともあまりうまくいっていない男性ほど家庭的な女性に癒しを求めやすくなるため、余計に手放せない状態が続くでしょう。

別れ話をしてみると、一気に自分の家という現実が迫ってきてしまうため、意固地になって別れを拒絶することも考えられます。

癒しと理想を両方兼ね備え、実現できるところからも深くのめり込みやすい特徴の女性ともいえるでしょう。

内緒の恋の相手としても求められやすい特徴ですので、多くの異性から慕われることもあります。

男性心理を操り既婚男性を本気にさせる驚きの魅力

欲しいものをさりげなく与えられる


男性心理を動かせる魅力のある女性は、何かとその男性にとって理想の特徴を持ち合わせていることが多いため、人生において必要なのは彼女の方ではないかとも思わせることができる人が多いです。

料理の味付け、仕事の頑張りの労わり、評価といった男性が内心で欲しいと思うものをさりげなく相手に提供できるような女性が特に魅力的に映ります。

家では実感できない男女の関係の刺激だけでなく、癒される感覚と自分が理想としていた夫婦像を実現できるところからも、本気になっていく人が多いです。

男性の方が最初はある程度割り切った関係として築いていこうとしても、徐々に自分が欲しいもので満たされる感覚に慣れてしまい、妻と彼女を比べて本気になるパターンも珍しくはないのです。

もしも、あの人良いなと思っている人がいたり、現在アプローチを受けて交際中だったりしているのであれば、本気にさせるために相手の望んでいるものをまず知って、さりげなく提供できるようにしてあげましょう。

何か話を聞いてほしいのであれば、彼が話をするためのタイミングや時間を提供し、話題もさりげなく振ってあげると気兼ねなく彼も口を開くことができます。

家庭的な何かに飢えているのなら、彼の話から理想とする家庭がどんなものか、妻に求めるものが何なのかを知っておくと、より彼が欲しいものを理解することができるでしょう。

彼が欲しいものを与え、不満を解消する手伝いをしていくことで、より相手の本気度を上げていくことも可能です。

最初のうちはなかなか本気になってくれない相手にヤキモキしてしまうでしょうし、焦りも出てきてしまいます。

しかし、焦らずゆっくり、彼の癒しになるための努力を惜しまず頑張る時間をもらえているのだと考えて、彼との時間を過ごし、交際を勧めていきましょう。

いつでも笑顔で明るい


男性が放しがたい魅力だと感じ、何より本気になっていく過程で重要なポイントが笑顔と明るい雰囲気です。

明るくいつでも笑顔でいる人といるのは、楽しいですし、何より癒されます。

彼女が明るく楽しそうにしているから自分もつられて笑ってしまう、楽しくなるという意見は少なくありませんし、何より一緒にいるのなら忙しそうにしかめっ面をしている人よりいつでも笑顔の人の方がよっぽど居心地が良いものです。

忙しい毎日を過ごしながら、仕事の多さや難しさでしかめっ面や焦った表情を多く見る機会の多い男性からしてみると、いつでも笑顔でいられる女性というのは一種の刺激にもなってくれます。

つまらない平凡な家庭より、明るく笑顔の溢れる彼女との時間の方が居心地が良く、何かをしても新鮮さを感じられるので、外に行く頻度も徐々に多くなるでしょう。

どこかに行くときにも「楽しみだね」「どこが気になる?」と楽しみで待ちきれないと少し子供っぽく振る舞うなど、いつも接している妻とは違うギャップを含めてみるとより刺激的に感じる男性は多いです。

表情が豊かで明るく楽しい時間を重要視する男性にとって、本気になりやすいタイプの女性でもあります。

そのため、不倫関係を築いているときには相手がしかめっ面で雰囲気が悪くても少しずつ良くしていけるように、満面の笑み以外にも微笑んで彼を癒せるように心がけることがおすすめです。

笑顔は伝染し、彼から優しい雰囲気を引き出しますので、交際においての喧嘩の予防やいざこざを回避するためにも役立つでしょう。

いつでも笑顔を心がけ、楽しく過ごせるだけでも男性にとっては魅力的な女性に映りやすいので、毎日の過ごし方を少し変えてみるだけでもアプローチが強くなったり、交際におけるサインが本気のものに変化する可能性も高いです。

何かにつけて褒める


放しがたい魅力のある女性は、何かにつけて褒めるため、男性の承認欲求や自己顕示欲を認めることが上手です。

いわゆる褒め上手に分類されるため、嫌なことがあっても必ず良いところを見つけて「頑張ったね」「すごいじゃん」と褒めてくれるので、男性にとって嫌な仕事や家庭の問題の愚痴を言いやすく、心を許すことができる存在になりやすい魅力を持つ傾向にあります。

何かがあっても彼女と話せば大丈夫、と内心確信しているので、愚痴や不満があれば彼女と話して発散し、癒されたいと思う男性がだんだんと本気になっていくのです。

男性はしゃべるのが大好きな人と、しゃべるのが苦手な人がそれぞれいますが、基本的に自分の格好悪いことは誰にも言いたがらない傾向にあります。

好きな女性や格好つけたい後輩や同僚に幻滅されたくない意思と、格好つけたい意地があるため、下手なことを言いたくないのです。

けれど、褒め上手の女性がいると、駄目な面を含めて褒めて認めてもらうことができるため、妻や子供に駄目だしされ、認めてもらえないこともすべて内緒の恋人に認めてもらおうと必死になる傾向が高くなります。

話しやすさと肯定をしてくれる絶対的な味方は誰にとっても手放せない魅力があり、パートナーとして本気になるには十分なのです。

本気度が上がるにつれて既婚男性が離れていく女性の特徴

自分勝手な面が目立つ


本気になってもいいかな、と既婚男性が思ってもそれと同時に内密の相手に気になる箇所を見つけると、どんどん離れていってしまうこともあります。

その一つが自分勝手な面が目立ち始めるという特徴です。

最初のうちは自身も忙しい身ですので、会う会わないの予定で譲り合いをしていたとしても、女性の方が自分の都合を優先して会う機会を増減させようとすることがあります。

男性も家庭と仕事の板挟みになっている身ですので、もう少し融通してほしいなと思いつつ、好意の面から許容してしまうことが度々あるはずです。

しかし、許容している男性にも限度というものがあります。

繁忙期にいきなり会いたいといわれても無理ですし、家族サービス中に今から会えないといわれても無理なのです。

忙しく、疲れてもいる中で多少楽しい時間であるとしても、自己都合を押し出して予定を決められてしまうと辟易してしまいます。

そのため、あまりにも自分勝手が過ぎる一面が顔をのぞかせ始めると、本気であったはずなのにも関わらず、男性が少しずつ離れていってしまうでしょう。

また、予定だけではなく何かにつけて彼に出費を迫るのも離れてしまう原因になってしまいます。

デート中のプレゼントだけでなく、旅行や遠出の費用もすべて彼氏持ちにさせてしまう女性もおり、その多くが「意外と金遣いが荒い」と男性に感じられてしまい、徐々に離れていってしまうのです。

男性には家族があり、子供の有無によっても出費によって懐の痛み具合は違うものの、それでも家族を養うための大切なお金の一部であることは間違いないでしょう。

もしくは、彼が自由にできるお小遣いである可能性もあります。

出費ばかり強いてしまうと、だんだんと相手の家族へも大きな負担をかけてしまうので、その点を考えて彼の出費額を考えなければなりません。

あまり金遣いの荒い我儘な女として認識されたくないのであれば、高額なプレゼントは断りつつ、デートではなるべく割り勘にするか、少し男性が多めに払うくらいの心持の方が相手も金銭感覚がしっかりしている女性だと認識を改めてくれるでしょう。

尽くしすぎてしまう


体のみや遊びで付き合うのであれば許容できるが、本命として扱うのには困るという特徴に、尽くしすぎてしまう女性というものがあります。

食事の用意や風呂の準備といった家事全般だけでなく、何でもかんでも女性側がお世話しようと躍起になってしまうタイプの人です。

このような女性は家庭的なタイプや、面倒見の良いタイプに見かけることがありますが、男性にとっては干渉が多すぎて鬱陶しいと感じることの方が実は多くなってしまいます。

何より、お世話しようとする頻度がそれだけ多いので、男性が一人になりたいと思っても時間を作ることができず、趣味や集中したいものに対しても彼女の気配を感じて没頭できないままになってしまうことも珍しくはありません。

そのため、お世話をされるのは良くても、程よい距離感を好む男性からは特に離れていきたいと思われるタイプでもあるでしょう。

お世話されることには異論はないものの、もはやお世話のされ方がお母さんのように感じてしまい、鬱陶しい感情は無くても、もう女性として意識することができないと別れを言い出される人もいるほどです。

お世話をしたいと感じても、彼にとって必要な世話はどこまでなのかをきちんと見極めなければ短期で破局するカップルとなってしまいます。

もしくは本気になってもらうことはなく、永遠の二番手として遊びや割り切った関係での交際を維持されていくでしょう。

特に母親のようだと一度認識されてしまうと、以前は本気のサインを出していたからと思っても、もう異性としての魅力を感じることなく、世話焼きの母親としてしかあなたを見ることはありませんので、交際自体が苦痛に感じるようにもなります。

ついつい世話を焼いてしまうという女性は、世話を焼く頻度や範囲を確認しつつ、何でもかんでもやってあげるのを控えなければならないのです。

男性だっていい大人としての自立心は確かにありますし、「あれは大丈夫?」「これはしなくていい?」と聞かれるのは苦痛に感じます。

また、趣味や自分でやり遂げたいことに関しても下手に手を出されてしまうと、触れてほしくない部分を母親が見つけてしまったような気まずさを覚えてしまうでしょう。

そんなことしなくてもいいのに、もうお母さんだよねと言われてしまえば交際自体おしまいです。

なるべくお母さんと思われないように、尽くす範囲をある程度狭めておきましょう。

彼が必要だと思えば声をかけてくれるように先に伝えておけばよいので、特に趣味全般や一人になりたいと思った時の邪魔はしないように心がけなければなりません。

考え方に一貫性がない


不倫の関係を築いた男性は、話しやすい女性に対しては自分の未来や将来設計を語ることもあります。

その多くは現実的で一貫性のあるものですので、あまりにも突飛な未来をしゃべるようなことはほとんどなく、男性自身も現実味のある一貫した考え方をする女性と未来の話をしたいと考えることが多いです。

しかし、女性の中には八方美人のような考え方で、自身の考えに一貫性がない人もいます。

もちろん男性のなかにもどっちつかずで迷いのある考え方をする人はいますが、きちんとした考えの元、将来設計をしてどう頑張っていくのかを決めている男性からすると、優柔不断で一貫性のない考えの女性は「この人大丈夫かな」と不安になってしまうのです。

考え方に一貫性がないというのは、自分のことや家族のことに対してあやふやな考えで口を出すことにもなりますので、本気で家庭を築いていきたいと思った時には大きな不安要素となって立ち塞がります。

また、考え事態に芯が通っていないこともあって、会うたびに全く違うことを言い、相手に何を考えているのか分からないという印象を植え付けてしまうことにもなるでしょう。

何を考えているのか分からない、言葉がうわべだけのように感じてしまうというデメリットばかりの思考に、男性がついていけなくなり、最後には離れてしまおうと決心させてしまいます。

体の相性が良ければ、体だけの付き合いに切り替えて、割り切ってしまうでしょう。

自分が優柔不断であったり、誰かから「前と言ってること違うね」と指摘されたりしたことがあるのであれば、自分はどうしたいのか芯を持った発言ができるようになることがまず一番最初にしておかなければならないことです。

仕事をしている社会人であれば、一貫性のない言葉や主張は周りからの信頼を得られず、結果を出せずに終わってしまう状態にもなってしまいます。

一貫性がある考えと主張をする人は、仕事においてもプライベートに置いても格好良い人として目に映り、印象も良く残るので、なるべく相手からの好感を稼ごうと思った時には、しっかりと考えを主張できる人にならなくてはなりません。

楽観的な考えであっても芯があり、譲れないことがはっきりしている人は理解してもらえる部分もありますから、まずは自分がどう考えているのかをはっきり言えるようになりましょう。

それだけでも男性は一緒に考えて話し、未来のことや今後のことについても相談することができる女性として認めてくれます。

既婚男性が手放したくないと感じる魅力を身につけるコツ

自分磨きを怠らない


男性は努力していつでも前を向いて歩いて行ける女性に魅力を感じる人が多いです。

中でも自分磨きを怠らない女性に対しては、自分と一緒にいるときにいつでも綺麗なままでいたい気持ちを察して、その努力をうれしいものだと受け取ってくれるでしょう。

メイクや髪型も男性好みの物や、自然体に近い、ゴテゴテしていないものにし、雰囲気から綺麗だなと感じさせることができるものに近づけていけば、その努力は男性の本気度の高さになって帰ってきます。

逆に髪はぼさぼさでメイクは濃い状態の人を男性は可愛いとは感じません。

そのメイクの時間を髪をまとめるのに使い、別の自分磨きのために割けばいいのにとすら思ってしまうでしょう。

そもそも、男性の可愛いと思うものと女性の可愛いと思うものは大きく違うので、男性の可愛いと思うものに寄せて自分磨きやメイクの勉強をしてみると好印象に残りやすいです。

また、男性が交際するにあたって特に重要視するのが言葉遣いといわれています。

正しい言葉遣いそのものを求めているわけではなく、言葉遣いを良いものにしようとする努力をしているか否かを男性はチェックしているのです。

自分磨きを肌やメイクの勉強、髪のケアだけで終わらせず、言葉遣いといった大人として恥ずかしくないようにするためのものとしても認識しておくと、相手からも良く思われるでしょう。

言葉遣いだけでなく、マナーに関しても勉強しておくとレストランなども相手が誘いやすくなりますし、常識的なものも怠らずに勉強しているんだなあと感心されます。

言葉遣いやマナー、大人として知っておきたいものへの知識に自信がない時は、この機会にもう一度学びなおすのもおすすめです。

笑顔を心がける


魅力的な女性のポイントの一つといえば、上記でも取り上げている笑顔です。

いつでも笑顔で明るく過ごしている女性は、それだけで一緒に居たいと思わせるのは十分ですし、何より接しやすい女性のイメージを与えることもできます。

満面の笑みは少し恥ずかしいというのなら、まずは微笑むところから始めましょう。

一緒にいるときには集中して真面目な表情を浮かべたり、苦い料理や悲しい映画を見て表情を悲し気なものやしかめたりする時以外は微笑みを心がけ、体全体で明るく楽しいと感情を表すことが大切です。

たとえ満面の笑みでなくても、体全体で楽しんでいることが分かれば、男性の方も一緒に過ごしていて楽しく感じやすくなりますし、遠出や旅行であれば誘ってよかったと安心する大きな材料にもなってくれます。

また、微笑んでいる状態に慣れていると、満面の笑みでうれしがる彼女の表情がより一層明るく見え、彼もより明るく楽しい感情を受け取ることができるでしょう。

彼に会う時だけでなく、毎日笑顔でいることをまず心がけてみると、徐々に笑顔が癖になり、自然と笑顔を浮かべて過ごすことができるようにもなります。

彼との関係をより良いものにするだけでなく、職場での雰囲気を変えることも可能です。

さりげなく優しい気配りができるようになる


交際してみると、彼が何を求めているのかを少しずつ感じ取ることができるようにもなります。

特に聞き上手な人や、彼に色々な話題を振ったり、一緒に不満や愚痴を言ったりできる親しさのある人であれば、余計に家庭や仕事といった彼のストレス源を深く知ることができるようにもなるでしょう。

そのため、何を求めているのかを知りつつ、不満やストレスを解消できることにもつながる、優しい気遣いを努力してみると彼にとってもうれしい心遣いができる女性になれるのです。

どこかごはんに行ったときにはお冷のおかわりを注いであげたり、スーツやコートを預かってハンガーにかけたりといった少しずつの気遣いから始めてみましょう。

彼が自身の家や部屋に来るようであれば、さりげなくコーヒーを入れて差し出したり、集中している彼の邪魔をしないように別の部屋で用事を片づけたり、できる気遣い気配りはいろいろとあります。

もちろん、人によって求める気配りは全く違うものです。

中には趣味の手伝いをしてもらいたいという人もいるでしょうし、消耗品の補充や体調によって料理の食べやすさなどにこだわってもらいたい人もいます。

してもらいたい気配り全てをこなすことは最初は難しく、気配りとして受け取ってもらえないことも多いでしょう。

しかし、彼にとってこれをしてもらうと本当にうれしい、というものは確実に存在しています。

最初のうちに軽く探りを入れて置き、本当にしてもらいたい気配りのうち一つを必ずこなせるようにしておくだけでもとても大きく印象が変わるものです。

優しい心配り、気配りをできるようになるためにも、彼との会話を大切にし、求めているものを明確にしておきましょう。

不明瞭なままで心配りを使用としても、確実に失敗します。

あなたにできる範囲の気配りは何かというのも同時に考えつつ、彼の求めているものに応えられるようにしておく必要があるので、料理やコーヒーの好み、コートの手入れといったものをまず簡単に覚えておくと、家庭的な面も印象付けられるので、おすすめです。

既婚者から魅力的に思われる女性の特徴を知って、交際を上手に進めよう


結婚しているため、既婚者男性の女性を見る目は意外と超えていることが多くあります。

妻がいる身という自身の抑制はもちろんですが、愛しているからこそ結婚している妻が一番だと考えている男性も少なくはありません。

そのため、女性側からアプローチしてもいい返事をもらえないという人は珍しくはないのです。

しかし、そんな既婚者からも魅力的に思われる女性も一定数存在しており、その多くが共通している特徴を持っていることが多く、異性同性に限らず好意的な感情を向けられている場合もあります。

家庭的な人、聞き上手な人、褒め上手な人が特に秘密の恋の相手としても選ばれやすく、さらにそこに口の堅さや尽くし方といった、男性が求めているものや交際する上で重要視するものが加わり、交際相手としてどうかと女性を見定めるようになるでしょう。

既婚男性の場合は自身の家庭と思い描いている理想の家庭がかけ離れているほど特徴に当てはまっている女性にのめり込みやすく、下手をすると家庭における居場所がないからと不倫相手の方にばかり足を運んでしまうことも少なくないです。

そのため、本気にさせたい相手がいるのであれば、特徴を取り入れてアプローチしていくのが一番の方法になります。

もちろん、特徴を取り入れる前に軽く会話をして何を求めているのか、どのような特徴の女性に引かれやすいのかをリサーチしておかなければならないでしょう。

いきなり好みのタイプを聞くのではなく、飲み会の席などで家庭への不満や妻への不満を話しているのを聞いたり、相談相手に立候補して話を良く聞いてあげたりすると、中には妻に何を求めているのかを知る機会が簡単に訪れることもあります。

チャンスをぜひともものにしたい、本気で彼に愛してほしいと思った時には特徴を取り入れつつ、彼の理想の女になりましょう。

同時に、彼が離れていかないように嫌っている者に対しても注意をしておく必要があります。

尽くしすぎたり、自分勝手な面を押し付けたりしないか、きちんと彼との会話で一貫性のある考え方を話すことができるのかも考えて、彼との交際において整えなければなりません。

交際において有利に働く、既婚男性も魅力的に感じる特徴はほかにも様々ありますので、男性側に合わせて取り入れるものを考えて、交際をより良いものにしていきましょう。

おすすめの記事