不倫相手と連絡をやめるのは会いたいと思わせる究極の方法!その理由と上手な連絡のやめ方

恋愛においても交流を一度長期間断つというのは、男性の動揺や心配を煽り、女性への興味を抱きやすくさせるためにも有効です。

しかし、相手によっては自然消滅かなと思わせてしまうこともあり、使いどころが難しいという意見もあります。

では、不倫恋愛の異性から突然LINEやメールが来なくなった時、彼氏の心理はどんな変化を遂げるのでしょうか?

知っておきたい男性の心理状況と一緒に、上手に連絡を断つためのタイミングや方法についてもこの記事では紹介していきます。

あの人とマンネリ気味、もっと親密な二人の仲に発展させるためのスパイスとして活用したいと考えている人は必見です。

不倫相手の女性から連絡が来なくなった時の男性心理

何か起こったのか心配する

秘密の彼女から交流が途絶えると、最初のうちは「仕事が忙しいんだな」と思うだけですが、長期的に連絡が取れなくなると徐々に何か大変なことがあったのではと不安になります。

特に急な病気やケガの可能性を考えると、会社や学校が違うお相手では状況を知ることもできませんので、より心配をこじらせる人もいるほどです。

本当に病気やケガをしているのであれば、秘密裏であってもお見舞いにも行きたいと思う彼氏は大勢います。

他にも、連絡をこまめに取っていても現在の関係に不安をこぼしていた人が恋人の場合、思い詰めて何かしてしまったのでは、と強い不安と心配にさいなまれるでしょう。

そのため、せめて無事であるかだけでもという考えから、確認を何とか取ろうとLINEやメール、電話をフル活用して頻繁に接触しようと行動し始めます。

内密の仲だけに、彼女のことを知ることができるのは使用しているツールのみであると彼も再確認するので、交流を断ったのちにより彼が親密な行動をし始めるという人も珍しくはありません。

ただし、このLINEやメールを断つ前に、旅行や出張、または繁忙期で電話に出られないといった理由から、しばらく連絡できないと自分から断りを入れている場合は、携帯が頻繁にならないことに対して「せいせいする」「静かになった」と思われます。

旅行や出張が終わったり、繁忙期がひと段落付いたりした後は元通りの頻度でメッセージのやり取りをするのだと理解しているので、スマートフォンが震えなくても何の感慨も覚えないのです。

関係を深いものにしていきたいのなら、何の断りもなしに連絡を断ち、相手からの接触を待つのが一番良いでしょう。

LINEやメールを送る毎日出会った人はぐっと我慢してくださいね。

放置されたと感じる

頻繁にスマートフォンにあなたからのメッセージを受信していたのであれば、突如それが途切れると、他に何か夢中になった何かができたのだろうかと思う人もいます。

もちろん、秘密の仲なので互いに深く関わることがない男女の仲であることは珍しくありませんが、頻繁にメッセージを受信していた男性側からすれば、少々放置されている寂しさや物足りなさを感じるものです。

普段であれば鬱陶しいなと思うほど、毎日何度もやり取りをこなしていると、それが当たり前のように感じてしまい、無くなったことで寂しさを覚えます。

趣味に没頭していて忘れているのか、もしかすると内緒の恋の間柄に対して考え直そうと頭を冷やしているのではないかなど思うことは人それぞれです。

しかし、鬱陶しいと思いつつやり取りし続けてきた彼からしてみれば、自分を放置して別の何かに夢中になっていることに不機嫌になってしまうこともあります。

向こうから「今何してるの?」とそれとなく現在の動向を探るようなメッセージが来ることもありますし、メッセージを送信してみるとすぐに既読になるなど、相手側が寂しいのだとにおわせるような文面や行動をとることが多いです。

血液型にかかわらず、基本的に日常の付き合いに対しても一定の距離感を取っておきたい彼は、心地よいを通り越して遠すぎる距離感になると一気に寂しさを感じ始めます。

距離が開きすぎると不安になり、なにより連絡が途切れて放置されれば寂しさもあって追求したい気持ちも大きくなるでしょう。

しかし、そうした寂しさを表に出すことを格好悪いことだと彼氏たちは考えているので、やり取りを再開した後に文面や行動から少しずつでも察してあげると良いです。

注意したことを反省したのだと思う

日に何度も何度も通話やLINEやメールの通知音が鳴り響くと、相手も生活や仕事を阻害されてしまうため、注意をすることも多いです。

女性側は不安でたまらない心の安定剤としてや、中にはもっと自分を知ってほしいという気持ちから頻繁に通知を送りますが、彼氏からすると大変迷惑をこうむっていることも珍しくないでしょう。

そのため、それとなく注意される人もいれば電話口やメールの内容できっぱりと「あまり連絡してこないでほしい」「連絡頻度を減らしてほしい」と告げられる人もいます。

こうした注意を受けていたうえで連絡を断っていると、恋人からは「あの注意をきちんと守っているな」と思われるでしょう。

伝える手段がどうであれ、頻度に対して苦言を呈したのであれば、彼女のことが好きだからこそばれるような回数のスマートフォンの振動はまずいと彼が工作しやすくしたいと告げたと思ってよいですし、その苦言の内容をきちんと実行してくれている女性へ良い印象を抱きます。

これは注意された日から多少日にちが経っていても、自分は交際中の異性に対して心を鬼にして伝えたということは記憶に残るので、「少し時間がかかったけれどちゃんと対応している」と好印象になるでしょう。

コミュニケーションが途切れたことに対して、このように反省していると前向きに思ってもらえているのであれば、関係の再開や継続の可能性は高いです。

不倫の関係を築いている女性で、一度でも相手から苦言を呈されたことがあるという人は一度回数を減らし、連絡を断ってみるのも考えてみましょう。

彼氏から反省していると好印象になる可能性は高いですし、何より何度も携帯を鳴らすことで嫌になったあの人から別れを告げられることも少なくできます。

好きだからこそ、相手へのメッセージの送信回数や電話の回数を一度振り返って、回数を減らす努力をしてみるのもおすすめです。

不倫相手の女性から連絡が来ないと無性に会いたくなる理由

会えないからこそ会いたくなる

内密の仲である場合、男性側が感じる背徳感を含め、ロマンチックな恋であると錯覚することが多くなります。

男女関係なく秘密の恋というのは、それだけ興奮しやすい仲であるともいえるでしょう。

特に互いに深く愛し合っているカップルになると、会えないからこそ会いたくなるという気持ちが大きく湧き出てきます。

信頼し、深く愛し合っているのであれば会えない時間で存分に愛を深めることもできるため、一度連絡を断つことで、より会いたくなってしまう二人も多いです。

ただ、気を付けておきたいのが、会いたくなるというのが主に互いを深く思いやっている状態でなければ全く意味のない時間になりやすいということでしょう。

連絡を断って相手の様子を見たいという気持ちもあるでしょうが、その前に自身との間に深い愛情を築けているかどうかの確認をしたほうがおすすめです。

深い愛情もなくいきなり一方的に連絡が途切れてしまうと、自然消滅になりかねないので、愛情や関係の深さを一度確認してから行動に移したほうが良いでしょう。

会いたくなるためにも必要最低限の関係の深さや仲睦まじさというのは必要ですので、まだ関係が始まったばかりのカップルであれば、連絡を一度途絶えさせるのは悪手です。

一年程度交際が続いたくらいから徐々に考えていくようにしたほうが、愛情の深さや二人の仲も安定しているので、会いたいと思ってもらえやすいでしょう。

会えない時間で存在の大きさを知る

浮気の彼女と会えなくなると、彼氏の方は会えない時間で会えたらあの子にどんなことをしてあげようか、と考えるようにもなります。

頻繁に会える恋人はそれほど時間をかけて何かしてあげようとは思いませんし、デートの場所や内容も手抜きしがちです。

一緒にいる時間が多ければ多いほど、相手を大切にしようとは思わなくなる一方、逆に一緒にいる時間が減るほど、相手と会える大切な時間を大事に過ごそうとあれこれ考えるようにもなります。

そのため、会えない時間を作ることが、より交際を継続させることにもなるカップルも多いです。

ある程度関係性が発展しているカップルの中には、連絡をそれほど取らずに会う日や一緒にいる時間を限定することで、会う日を大切に過ごせるように調整している場合もあります。

ロマンチストな一面のある男性は、会えないからこそ会ったらどうしようと考えるため、好きな彼女のことを余計に思ったり、デートプランを計画したりして想いを募らせることもあるでしょう。

気付いたときには女性への想いがより募ってしまい、関係を深めることにもなるので、仲を進展させたい人にはうってつけの方法でもあります。

特に本気で恋をしている状態なら、愛が深まることで生涯忘れられない異性として記憶に刻まれることもありますから、夢中になれた女性との交際の障害やトラブルも含めて彼のほうから積極的に解決に走ってくれるようにもなるでしょう。

無性に追いかけたくなる

男性には元から狩猟本能が備わっています。

昔から狩りをして生活するスタイルが備わっているためか、逃げるものを追いかけて自分のものにしようとする傾向にあるのです。

そのため、連絡を突如として途切れさせた女性を追いかけるべき獲物として認識すると、無性に追いかけたくなってしまうでしょう。

特に頻繁に連絡をしていても、良好な仲であった恋人であるのなら尚更、自分のものであった異性を引き留めるためにも全力で追いかけ始めます。

不倫恋愛になると、きちんと恋愛を経て結婚した妻との間に追いかけるという行動が必要なくなるので、余計に追いかけられる獲物を外へ探している状態です。

そのため、せっかく得られたはずの恋人を逃してなるものかと必死に追いかける人もいます。

しかし、中には追いかけるのを楽しく思っている人もいるでしょう。

元々追いかけられるのが性に合わず、頻繁な連絡が苦痛になっていた反面、途切れたことで逆に追いかける立場になったことで嬉々として行動を始めることもあるのです。

恋をよりスリリングに、そしてマンネリを防止しながら進めていきたいのであれば、彼をあえて追いかける立場にして、自身は逆に追いかけられる方になることで、より関係性を深くする人もいます。

追われる方になると男性はいわゆる命の危険を避けるために余計に逃げようとするそぶりを見せますが、追いかける側になるとそれほど楽しんでいなかった恋愛も楽しくなり始め、より不倫にハマってしまうこともあるでしょう。

不倫相手の女性からlineやメールをもらおうとして男性が取る行動

毎日連絡を取ろうとする

いきなり連絡が途絶えると、最初のうちは忙しさなどが理由だと思って放置する男性側も、徐々に連絡欲しいと思うようになります。

メールやLINEといったツールは駆使して、まずは毎日連絡が取れないか試し始めるでしょう。

簡単な「今何してる?」「連絡ないけど、大丈夫?」といったコンテンツから始まり、最終的には「嫌になっちゃった?」と交際自体の終わりになる可能性への不安を含めたものになりやすいです。

しかし、このような連絡がきても女性側は即座に甘い返信をしてはいけません。

普段のように彼にべったりとくっつくような甘い返事を返してしまうと、何も変わっておらず、相手側を安心させても今後の交際に変化は現れないでしょう。

それまでと同じ仲が続き、最悪の場合には男性側が鬱陶しいと印象を抱いている状態の連絡がそのまま続いて、以前の通りに彼のほうが積極的に連絡しないことにもつながります。

以前とは違う連絡の取り方にしていくのならば、この時に返事を返さない、または返信を少しそっけない中身にしておくことがおすすめです。

返事を返さなければ、より彼は女性を気にかけはじめ、さらに連絡を取るために躍起になります。

そしてそっけない返信は彼から心が離れ始めているように映るため、彼はあなたを引き留めるために必死になるための原動力にもなるのです。

ある程度信頼が築かれていることが前提条件になるものの、返事を以前の通りに送信するよりもずっと駆け引きになりやすいやり取りができるでしょう。

返信の中身や頻度だけでなく、返事を放置することでの彼に起こりえる心理も考えつつどうするかを考えておくのがおすすめです。

彼が冷めやすい性格であれば、返事を放っておくことが悪手になる可能性もあります。

そっけなさを出しつつもちゃんと返事をするかどうかは相手によって決めたほうが、きちんと関係を持続させることにもつながるでしょう。

共感してほしい内容のメッセージを送る

女性に対して構ってもらおうとすると、返事が来るかの確認ののち、自身に対して共感してほしいと示すメッセージを送ります。

自身に対して共感してもらうことで、以前よりももっと密な関わり合いへ変化させるため動いているのです。

また、男自身の寂しいという思いが暴発してしまい、何とか気を引かなければならないと、とりあえず興味を引けるだろう自身のことをメッセージにして送っています。

あなた自身、送信されてくると興味が尽きない話題でしょうが、反応するかどうかは彼の態度次第でしょう。

こちらを必死に追いかけてくれるパートナーなら大丈夫ですが、返信があった瞬間、安心して追いかけるのをやめるパートナーも中には存在するのです。

そのため、相手がどのような性格なのかだけでなく、追いかけてくれるようなタイプの人間なのかというのも考えておかなければならないでしょう。

追いかけてくれるような素振りがあれば、しなくても良いし、少々よそよそしい返事にしながらも多少返信しても大丈夫という安心感と、選択肢の幅があります。

しかし、追いかけるのも面倒、来るもの拒まず去る者追わずといった男性の場合はとても難しいです。

返信しつつもそっけなくすると、相手側が「もう自分に興味がないのだろう」と勝手に諦めを付ける場合も多いため、秘密の恋がたった一モーションで崩れる例もあるでしょう。

彼氏がどのような人間か、そぶりを見せるかは本当に大事なファクターですので、返信内容を決める決めない以前にしっかりとリサーチしなければなりません。

興味を持たせるような内容であっても、簡単には食いついてはいけないとわかっていても、多少食いつく必要性がある男性もいることだけは念頭に入れておきましょう。

ほかの相手がいるのか確認する

連絡が取れなくなった内密のパートナーに対して、彼氏側が思うことは「まさかほかに相手ができたのでは」ということです。

元々ばれたら終わり、というような簡単に終わりかねない折り合いしかつけていないので、互いに別にいい人を見つけてしまっても即座に終了してしまいます。

内密の恋に対して本気になっている男性であれば、他に縁があったかどうかは非常に気にするため、連絡を取るために必死な行動をしやすいです。

何度も何度も携帯に着信履歴を残すだけでなく、メールもLINEもそれぞれメッセージが良く残されるようになります。

とにかく彼女に対して別の男がついていないか、自分に飽きていないか、関わり合いを解消しようといわれないか不安でたまらないのです。

他に男ができていないかを確認できない以上、必死で追いかけ始めるでしょう。

しかし、他に男ができたなら交際の続行を諦めようという人も珍しくはないのです。

元々の関わり合いが薄く、仲もあまり進展が望めない状態であったり、体だけの付き合いと割り切っていたりすると、そのまま自然消滅の危険性もあります。

交際している最中であるなら、簡単に切れてしまうかも正確に把握しておかなければなりませんが、付き合っている中でも相手が淡泊な表現ばかりしてくると、去る者追わずな性格である可能性も十分あるでしょう。

上手に駆け引きするためにも、相手との距離感だけでなく去る者に対しどう出るのかをチェックしておく必要があります。

不倫相手と連絡をやめて会いたいと思わせる究極の方法

時間がある時で構わないと伝える

連絡を途中で切り上げ、実際に会いたいと思わせるためには相手の男性の好みの女性を演じる必要性もあります。

そのため、家族のことと仕事で忙しい彼を気遣う、優しい女性を演じる第一歩として、彼の都合を優先してくれる異性であるというのも重要です。

忙しい彼を引き留めたいと思う気持ちもわかりますし、何より奥さんと子供ばかり優先しているのを見ると、心が痛いですよね。

自分のこともちゃんと見ていてほしいと思うものですから、不義の間柄である交際者側からするとどうにもならないからこそ、悲しくなります。

けれども、奥さんには負けたくない、彼の気を引いておきたいと思うのであればこそ、男性の理想の女性像に寄り添える人間になることが重要になるのです。

男性は基本的に優しく気遣える異性に対して好意を抱きやすいので、何かと優しく接してあげることで好感度を上げることができます。

また、誰にも言えない交際をしている場合、仕事と家のことで忙しく駆け回る男性を知っているのですから、「時間がある時で大丈夫ですよ」と体調や予定を優先しつつ、自分のことを後回しにしても良いと言ってくれるパートナーがいると、男性は気遣いをうれしく思いつつ、後回しにしてしまうことに対する罪悪感を抱きはじめるでしょう。

そして、時間がある時で大丈夫だからで行われるやり取りが何度も続くと、罪悪感が徐々に愛しさに変換されていきます。

罪悪感を抱きつつ、愛しさも感じ始めた男性は誰にも言えない交際者に対して何かしてあげたい、会って話したり、時間を一緒に過ごしたりしたいと思うようにもなるでしょう。

控えめな人には何か小さくてもいいからしてあげたいと考えるのと同じで、自分のことを後回しにしてでも、男性の予定を優先する異性へ庇護欲を抱かせることも可能です。

互いに毎日やり取りしていても、相手が忙しそうであればまずは「時間が合う時で」「時間がある時に会いましょう」と返事をするのがいいでしょう。

また、返事は相手から来るのを待つのがベストです。

体を気遣うメッセージで終わる

忙しい男性は頻繁なメッセージを交わすときに、実は「疲れるな」と感じることも多いです。

毎日家庭と仕事でせわしく駆け回り、中には家事の一部を引き受けて、子供の送り迎えや食事の後片付けを行うため、休もうと思っても休めないという場合もあります。

休日に至っては終わっていない仕事の一部を持ち帰ったり、子供のために時間を作ったりと自分がゆっくり過ごす時間がない人も多いです。

あまりにも疲れ切っている男性を知っているのであれば、メッセージの最後に「ゆっくり休んでね」「無理してそうだけど、気を付けてね」といった体調を気遣う返事を取り入れましょう。

疲れ切ったときには男女の区別なく、誰かに労わってほしいと思うものです。

特に男の既婚者であるのなら、妻や子供に「大丈夫?」といってもらえるだけで安らぐという意見もあります。

けれども、既婚の身であっても、年数がいくらか経っていると仕事から帰っても労わりの言葉もなく、体調を気遣うような言葉もない場合も多いです。

そうした不満を持っている可能性のある妻帯者は、秘密のパートナーから労わる言葉や体調を気遣われる言葉を言われるだけで、ひどく感動します。

妻や子供は言ってくれないからこそ、「大丈夫?」と聞いてくれる異性に強く好意を抱くでしょう。

駄目な時に甘えていい存在とも認識するため、余計につらい時には恋人に会いたくなります。

愚痴や不満を吐き出しはじめたら、連絡ではもどかしさを抱いて、即座に「今から会えない?」と聞いてくる男性も出てくるでしょう。

体調を心配し、忙しくても頑張っていると褒めるようなメッセージを取り込むことで、男性側の実際に会って話したいという欲求は大きく膨れ上がるのです。

毎回毎回体調を心配するメッセージを最後に付け足すのはくどいので、数回に一度の割合で最後に入れるか、繁忙期に入ったときに入れると相手も快く受け取れます。

また、風邪やインフルエンザ、熱中症が流行し始めた時もおすすめです。

男性側も心配しすぎてしまうと鬱陶しさを感じますので、連絡を取るときにはやりすぎないようにすることも注意しておきましょう。

男性側がしゃべる時間を必ず取る

連絡を取るのをやめる前に、心がけておきたいのが男性側にもしゃべる時間や話題を振って、必ず彼にも話をしてもらうという試みです。

男性はそれほど強く自分のことを話題に挙げて盛り上げたいという気持ちはないので、基本的には聞き役に徹することが多いですが、ずっと聞き続けるのもつらいものがあります。

なので、女性側が話し役になったとしても、相手に質問や話題を振って必ず男性にも話す時間を取るというのが、男性側にもストレスなく時間を過ごさせるためのポイントでもあるのです。

ストレスなく、自分もしゃべりながら女性の話を聞ける空間というのは意外と貴重で、女性側が自分の話ばかりするのに嫌気がさしている場合、一気にのめり込む可能性もあります。

家庭で自分の話を聞いてもらうことなく、妻や子供の話への聞き役に徹するだけになっている男性などは、自分の意見も聞いてもらえるということに甚く感動するでしょう。

愚痴をこぼしたい時、仕事と家庭の板挟みに疲れた時に、話題に共感して話をし、男のほうにも話題も振ってくれる女性はありがたいと思われやすいです。

自分だけがしゃべるのではなく、彼にも話題を振ったり、質問を投げかけたりして聞き役に回ることも忘れないように努めておくと、彼のほうも話がしたいと思った時にはあなたのことをまず思い出し、頼るようになります。

女性としても、好きな男性から頼られるのは女冥利に尽きるものです。

奥さんよりも自分のほうが彼から頼られているという、隠れた優越感を得ることもできるでしょう。

そのためにも、連絡を途絶えさせる前に相手と行う会話を大切にする習慣をつけておくのがポイントです。

相手に対して自分がしゃべるばかりではなく、まずは相手も一緒に会話を楽しめるような言葉のキャッチボールの下地を整えましょう。

音信不通に向かってしまうNGな連絡のやめ方

関係が安定していないのにやめる

連絡をやめると、駆け引きが成立するかだけでなく、一気に音信不通にまで落ち込む可能性もあります。

特に音信不通になりやすいのが、関係性が不安定にも関わらず、いきなり連絡を一方的に止めることでしょう。

連絡を止めて駆け引きに持ち込めるのは、ある程度交際期間を重ねているカップルで、さらに言うとちゃんと信用が築けている仲である二人です。

安定感のある交際をしていれば、連絡がなければ気になってしまいますし、何より心配するのは当然の感情と言えるでしょう。

しかし、関係が不安定な、いわゆる交際を始めたばかりのカップルや淡泊な体だけの信用も何もない交際である場合、心配どころかLINEやメールが来なくても「飽きたのかな」と感想だけで終わることがほとんどなのです。

その為、不安定な付き合いでいきなり恋の頭脳戦をしようと連絡を一方的に止めると一気に崩れることになります。

普通のカップルでも自然消滅の危機に陥るわけなので、不倫恋愛になると余計に崩れやすいのが特徴です。

互いに時間が合えば、休みや仕事の都合が合えばというように、会う時間が多少限定されていて、誰にも言えない付き合いですので、連絡が取れ無くなれば自然消滅かなとそのまま放置する男性は非常に多くいます。

関係が始まったばかりであれば、余計に不義の関係であることに女性側が耐えられなかったのだろうと連絡を取ろうともしないでしょう。

会社や学校で会えるのであれば、きちんと破局を告げられる可能性も一考されるものの、ほぼ携帯での連絡のみで成り立つ交際は、そのまま自然消滅として扱われ、恋人からの連絡自体期待しなくなるのです。

最悪の想定になると、アドレスをすでに消去している可能性もあります。

心理戦を仕掛けて進展を試みるのは確かに大切ですが、誰にも誇れない交際である以上、ある程度の安定性のある付き合いに整えるのが最も大事です。

不安定なままで頭脳戦をしようとしても、男性側が乗ってきてくれないこともあるので、連絡を途絶えさせるとしても、まずはある程度交際期間を置いてからでなければ割に合わないでしょう。

うまく駆け引きできない

連絡をやめるのは一種の心理戦や頭脳戦です。

返事を返す、返さないの二択のみではなく、男性の心のうちにある「追いかけたい」という狩猟本能や庇護欲、心配といった心理を掻き立てるためにもそれまでのメールやLINEのやり取り自体を上手にこなしていく必要があります。

しかし、そんな駆け引きも女性によっては上手にできず、彼からのメッセージがあれば即座に返信し、連絡を毎日でも取りたいと思っている人などは、連絡を止めて心理戦を仕掛けることに向いていません。

また、恋の頭脳戦自体が真面目で苦手であったり、なんでも一人でこなしているような完璧主義者も男性側が尻込みしたりして成立しないことも多いです。

このような心理戦が上手に仕掛けられない時には、連絡を止めること自体を回避したほうが良いでしょう。

LINEやメールを送信しない以前に、男性側に対してうまく駆け引きできる下地を作ってから挑戦するのが無難です。

彼へのメッセージに対して返信を半日遅らせて返したり、真面目や完璧主義な一面を少しだけ甘えたなものに変えてみたりと、先に変えてみることで相手からの印象を良くしていけるものはたくさんあります。

駆け引きが成立しない場合、そのまま何もなく互いに連絡を取らずに音信不通になったり、男性のほうが嫌気が差したりして、連絡するのをこれ幸いと止めてしまうでしょう。

自分が駆け引きできているのかどうか、一度LINEやメッセージを見て振り返ってみることから始めてみましょう。

連絡を止めての駆け引きに少々不安が残る場合は、女性側の態度を少しずつ変えてみることから始め、次に服やメイク、そして連絡での駆け引きにというように、順番にこなしていくと、少しずつ自信も付き始めます。

我慢できずに連絡してしまう可能性がある

連絡の止め方において最も音信不通になりかねないのが、我慢できずに連絡してしまう可能性がある異性でしょう。

せっかく一定期間止めていた連絡を、異性側からいきなり再開させると男性側も驚きます。

もちろん、連絡を再開できたことに対しての安心感はあるでしょうが、再開した女性のメッセージが長文や短時間で連投されるようなマシンガンじみたものの場合、連絡がないころのほうが穏やかだったな、と男性側が思い切り引いてしまうのです。

連絡を我慢して、最低限のメッセージも送らない期間があった分、女性側は何があったのかなどを細かに相手に話して知ってほしいという欲望があります。

そのため、連絡を我慢できずに再開すると、一気にいろいろな話を男性側に振ってしまい、男性に処理を困らせてしまうことも多いのです。

秘密の恋の場合は、何度も何度もスマートフォンをチェックしている姿を奥さんに見られるだけでばれてしまう可能性がある分、あまり短時間でメッセージが来ることを一番回避したいと考えている節があります。

話したいことがたくさんあるというのはわかりますが、それが秘密の間柄を一気にばらしてしまうことを考えると、男性の頭痛の種にもなりかねないのです。

この連絡に関しての駆け引きを成功させた女性というのは、多くが我慢強くメッセージを送らずに堪えてきています。

我慢できずについ送ってしまうという人の場合は、連絡をする頻度を少しずつ減らして、最終的に短時間で送信する癖を矯正してから臨むことがおすすめです。

これまで必死に彼が隠してきた二人の仲をばらしたくないと思うのなら、余計この連絡頻度に関しては徹底しておくくらいで丁度良いでしょう。

駆け引きに関しても話したいことを一気に話さず、話すとしても特に話したいのは何か選別しておく方が良いです。

メッセージは最低限に抑えるための努力と我慢を強いられることを念頭に、この連絡の取りやめを行うかどうか決めてくださいね。

不倫相手と連絡をやめるのは勇気がいること。メリットをよく理解して実行しましょう

内緒で交際している以上、連絡を密に取って相手とのやり取りを行いたいと思うのは、女性として当然です。

彼は既婚者であり、妻や子供がいる身ですから不安を解消するための唯一の手段といってもいいのが連絡の頻度ということも少なくないという意見もあります。

しかし、連絡頻度が多すぎればあの人に鬱陶しいと思われてしまう可能性もありますし、何度もスマートフォンをチェックする男性の姿に奥さんから怪しまれ、ばれてしまうことも考えられるでしょう。

そこで、二人の仲をより進展させるために使われるのが、連絡を取りやめることでの駆け引きです。

唯一の彼との交流手段が連絡ツールという人もいますので、駆け引きのためとはいえ、連絡を取りやめるのはとても勇気がいることでしょう。

しかし、連絡を突如として取りやめることで、男性側の心を乱し、「いったい何があったのか」と心配させ、不安にすることで女性の存在感をより大きく刻むことができます。

不倫の仲とはいえ、互いに思い合っているのであればよりパートナーとして思っているのが誰なのかを男性側に意識させることも可能です。

ただし、連絡の取りやめは何もメリットだけではなく、自然消滅や音信不通のデメリットも抱えている駆け引きのため、互いの信用や交際期間が大きく関わります。

メリットとデメリット、それぞれをきちんと把握したうえでどのような段階で連絡を取りやめるかを、男性の性格や止めたのちの反応の予想もしたうえで行うようにしましょう。

【期間限定・3月29日(日曜)迄】不倫の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「不倫相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「二人の不倫の結末が怖いけど知りたい…!」

こんな感じならば、【神言鑑定】の占いを初回無料でプレゼントします!

【神言鑑定】とは、期間限定で復縁の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【神言鑑定】を初回無料でプレゼントします!

不倫相手との不倫成就の可能性も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

おすすめの記事