既婚者同士が両思いだと示す決定的なサイン。隠しても分かる脈アリ行動や会話中のセリフ

互いにパートナーがいる身であるけれど、「あ、いいな」と思う瞬間がありますよね。

最初のうちは既婚者同士、大変なことを分かち合うことができるので、本当に良い理解者として仲を深めることが多いです。

しかし、そんな互いに夫や妻がいる身でも、ふとした時に惹かれ合う瞬間は確かにあるもので、いけないと分かっていながら手を取ってしまうこともあります。

いけないとわかっているのに、既婚者同士が惹かれ合ってしまう瞬間、両想いと感じてしまう場面は一体どんなときなのでしょうか?

また、両想いになったときにお互いに発するサインについても、この記事では紹介していきます。

この人既婚者だけど、私に気があるんじゃと思った時にはチェックするためのポイントを定めるためにも読んでみるのもおすすめです。

いけないと分かっていても…既婚者同士がお互い惹かれ合う瞬間

久しぶりの再会で見違える


既婚者同士の恋に落ちるきっかけや瞬間は違いますが、「あ、かっこいい」と惹かれてしまう瞬間に多いのが、久しぶりの再会です。

同窓会や帰郷したときに久しぶりに会ってみると、知っている姿と大きく変化しており、格好良くなっている男性も珍しくはないでしょう。

元々学生時代から好意を抱いていた人であるのなら尚更、久しぶりに終わった恋心が徐々に再燃してしまうのも仕方ない心理に陥ることもあります。

そのため、久しぶりの同窓会などで再会すると、以前とは全く違う姿にときめき、さらに同じ既婚者となったことで話が盛り上がり、惹かれやすくなってしまうのです。

数年来、または久しぶりに会う新鮮さと過去の思い出や記憶の補正もあるでしょうが、何よりも似たような苦労を分かち合うことができる点からも、普通の既婚者同士の出会いより惹かれてしまうと感じてしまうでしょう。

中には外見の変化が思わぬ方向に行ってしまい、過去の記憶の方が良かったと後悔することも同窓会などではよくあることですが、逆により女性にとって好みのタイプに変化していることも多いので、外見的な面からときめいてしまうこともよくあります。

過去の記憶と好みの外見への変化、そして新鮮さが重なって、より既婚者同士が惹かれやすい環境や心境にもなってしまうのです。

同じ仕事を担当する


既婚者同士の不倫や内緒の恋に発展する出会いの多さで言えば、最も多いのが会社などの職場です。

同じ職場の仲間として育んだ絆がそのまま男女の仲へのものへ変化し、誰にも言えない秘密の恋になってしまうことも多々あります。

既婚者同士の場合は、互いに結婚しているという認識があるのでそうやすやすとアプローチを仕掛けたりはしないものの、それぞれの家庭における愚痴や不満を言い合えるほどに仲良くなれる機会は非常に多いです。

特に同じ部署や同じ企画を担当するチームに組み込まれていると、同じ目的へ進むため、協力し、より信頼関係を築きやすいので、男女であっても非常に仲が良い環境で仕事に励むことも珍しくはありません。

そのため、飲み会や食事にも行きやすく、仕事とはまた違う雰囲気や印象から「あ、この人良いな」と感じやすくもなってしまいます。

中にはとても仲の良い友達同然の付き合いややり取りができるほどに親しくなり、明るく楽しい時間を仕事でも提供してもらうことできるので、男性側の方から「こういう明るい女性は良いな」と思われるようになっていることもあるようです。

他にも、仕事に関しては困ったときの助け合いや親身になって相談に乗ってくれる姿に惹かれてしまうという男女も多くいます。

困ったときに手を差し伸べ、協力してくれる男性は女性にとって非常に頼もしい存在として印象付けられますし、親身に相談に乗ってくれる女性は、男性にとって不満やストレスを和らげ、自分を認めてくれる心の拠り所になるものです。

既婚者だと分かっていながらも、気づいた時には「この人の奥さんがうらやましい」と思うほど惹かれてしまうことになります。

とても気が合った時


家事や育児に翻弄されつつ、仕事をしている女性は仕事を頑張り家事や育児にも参加している男性と気が合いやすく、互いにどういったことをしてもらうと嬉しいのかと話すことは珍しくはないものです。

職場で親しい異性だけではなく、学校の役員や地域の役員、そのほかにもSNSで現在では知り合うという人もおり、家事または育児に関するトピックや地域参加型の講習会に参加する人で輪を広げて交流をしている人も多くなっています。

中でもSNSに関しては友人からの紹介、知人の友人といった自分のあまり関わり合いのない人との交流が可能で、興味のある話題だけではなく、同じ既婚者で親でもある人と友人関係になりたい人も使用していることが多いです。

職場などでも気が合ったらそれをきっかけにどんどんと仲良くなっていくものですが、SNSになると、他の人も話題に参加してくることもあるほど友人の輪を広げやすい傾向にあります。

それだけ気が合う人だけがやりとりに参加して、話をしているということでしょう。

そして講習会やセミナーに参加するという人とは直接会うことも可能です。

SNSで長く話し、気が合っていると直接会った時でもそれほど緊張せずに仲良く話していくことができるので、旧友と会っているような感覚や昔のちょっとだけかかわりのあったクラスメイトのような感覚で最初のうちは接することができます。

けれども、恋愛感情で惹かれるときは、気が合う人と話しているときや実際に会ってよりいい人だと感じた時も含まれるのです。

自分と同じ不満を抱える人、ストレスを感じる人は共感してくれる人や共有してくれる人に強い友情や親しみを覚えます。

「この人は自分と同じだ」と感じ入ると、その人とより現状を共有しようと話しかける頻度が増え、徐々に自身の理解者だと思うようになるでしょう。

特に男性の方は、妻以上に自分を理解してくれ、問題を共有してくれると考えるようにもなるので、駄目だと分かっていながら惹かれてしまうのです。

妻よりももっと問題やストレス、不満を共有でき、話していると楽になる感覚はどんどん手放せなくなっていきますので、よりこの人の方がと思うことも増えるでしょう。

自分が思っていた家庭とは違う、理想の夫婦の関係をこの人なら築いて行けるかもしれないと、親交が深まるほどに惹かれていく瞬間が増えていくのも、気が合う二人ならではの特徴といえます。

既婚者同士が「もしかして両思い?」と感じる場面

軽くボディタッチされる


お互いに気持ちが通じ合い始めると、実は軽いボディタッチが増えるようになります。

ボディタッチといっても、本当に軽いもので、肩に触れたり手に触れたりとさりげなく自然な流れで触れられるようになるものばかりです。

互いに既婚者ですから、周りに下手な誤解を抱かせかねない行動は避け、二人だけが分かる接触に切り替えて気持ちを少しずつ伝えようとします。

仕事において「頑張ってるね」と肩をポンと叩いたり、近くにある物を取ろうとした時にふと手が触れてしまったり、そんな接触が徐々に増えてくれば、「もしかして自分に気があるのでは?」と考えてしまうものです。

もちろん、親しい友人として接触する人もいますので、肩へ触れることが増えるのが信頼や友人としての好意の証のようなものである可能性は十分にあります。

けれども、肩以外に手が触れたり、頭に触れたりといった接触が増えてきているのならば好意的に見られていることは確実です。

いいな、と思ってはいても実際にアプローチするのにはまだ戸惑っているような状態でしょう。

男性は自分がこの人だと思って選んだ妻がいるわけですから、妻に対する罪悪感でそれ以上の身動きが取れずにもどかしい気持ちでいっぱいです。

また、子供もいるのであれば、子供に対して顔向けできない感情を抱いているに等しいので、余計に身動きできない、がんじがらめのままで好意を抱いている相手と接触しなければならなくなります。

けれど、どうしても諦めきれない人や考えに考えて想いを優先した男性になると、接触することが増えるのです。

触れた後に「ごめん、触っちゃった」と笑ってごまかしつつ、それでも自然に接触しながら地道な両想いのアピールをしていくでしょう。

手が簡単に触れられるような距離にいること自体、友愛や親愛のような別の種類の可能性はありますが、好意が非常に高いので、アプローチを仕掛けたいと思っているのなら、好意的な態度を示すボディタッチが増えてからの方が安全です。

まずは気軽にボディタッチが増えるような仲の良い二人になれるように努めていきましょう。

連絡が頻繁になる


好意が大きくなると、何かと連絡が頻繁になるのも特徴です。

何気ない会話の続きであっても、楽しい時間を連絡で過ごすことができるのもあって、仲良くなればなるほど、男女間でも連絡頻度は増えていきます。

女性に対して異性としての好意を抱いている男性の場合、この連絡の頻繁さは仕事やそのほかの時間でも女性の言葉や存在を感じていたいという気持ちの表れとして捉えられることが多いです。

妻ではない女性との連絡が頻繁な場合、仕事における打ち合わせや奥さんを含めて親しい間柄の人間と話しているなど、浮気の心配がないことの方が多くなりやすく、奥さんとしても誰とどのような話題で連絡をしているのか気兼ねなく聞くことができることもあって、安心して放置していることもあります。

実際、職場の女性に対して異性の魅力を感じた男性は、以前から何となく話題に出して職場の同僚というイメージをつけて妻の安心感をより高める行動にも出るので、すでに連絡が頻繁になってきている時点で浮気の疑いを晴らせるように予防線を張っている可能性も高いでしょう。

例え内緒の恋のパートナーになれなかったとしても、連絡を取り合う友人としての地位は守れるようになりますので、その後も頻繁な連絡のやり取りを途絶えさせたくない男性にはとても重要な行動です。

先手を打って置き、自分から連絡できる時間帯や曜日を増やしておくことで、妻から疑われることなく愛情を込めたメッセージを送ることができます。

また、かなり恋愛的にも女性に好意を抱いている男性は、メッセージを送る時間帯を夜ではなく、朝から昼にかけてに徹底しておくことで仕事中でも女性からの励ましや、日常的なメッセージで和やかな雰囲気を感じ取ることができるようにもなるでしょう。

仕事中にメッセージが欲しい人と、欲しくない人がいますので、メッセージのやり取りが頻繁になったときには、一度メッセージをやり取りする時間帯に関しては詳しく話しておく方が良いです。

仕事をしている女性であれば、同じようにメッセージをもらっても困る時間帯というものがあります。

それは家事や育児に忙しい時がある女性にとってメッセージを返答しにくい時間帯でもあるので、スマートフォンには集中できず、むしろ送られてきても煩わしいとすら感じてしまうでしょう。

それと同じで、男性にとっても集中したい時間帯というものが存在しているのです。

仕事や接待、中には家族サービスのための時間でもある可能性は高いため、下手に連絡が入ると仕事の邪魔だと不機嫌になる人もいます。

仕事の連絡だと思ったら私的なメッセージで、他のメッセージもそうだろうと放っておき、重要な仕事の連絡事項を見逃してしまうことも起こりえるでしょう。

彼の邪魔をしない、自分の邪魔をしてほしくないと思う時間帯があるのか、あればどうしてほしいのかも含めてメッセージ中に軽く話題に出してみるとおすすめです。

特に返事が遅くなった時に「ごめんなさい、返信遅くなりました」と謝罪しつつ、その時間帯は家事、または仕事で忙しいので遅くなってしまいますと続ければ、互いに連絡をしてほしくない時間帯を知ることができます。

何かと気に掛ける行動に出る


異性としてだけでなく、友人としても好意を感じている人がいると、その人が困っているときに何かと助けてくれることが多いものです。

特に好意を抱いている人であれば、男性は何かと手伝おうとするだけでなく、旅行や遠出の時のお土産を個人的に購入することもあります。

大変な時に手を差し伸べるだけでなく、ふとした時に「調子はどう?」「困ってることはない?」と相手の体調や仕事の量を聞き出すような会話も入るでしょう。

好きな人に良く思われたい、もっと自分を頼ってほしいと男性が思っているが故の行動なので、かなり積極的に行動を起こさなくても好意や優しさが伝わるような場面で接触してくることが多いです。

そのため、さりげない優しさから始まることも多く、好意的な行動を最初のうちは親切で優しい人だと思う女性も多く存在します。

しかし、他の人にはほどほどなのに、特定の相手に対しては時折過保護だなあと思えるほどにちょっとしたことがあれば声をかけてくれるでしょう。

積極的な声かけと行動が徐々に近い距離で行われるようになれば、より強い好意の表れですので、脈ありなのではとうすうす気づき始める人もいます。

既婚者同士が両思いだと示す決定的なサインや脈アリ行動

手をつなぐ


既婚者同士で両想いだとわかる時、実はどちらかが決定的なサインまたは脈があると示す行動に出ることが多いです。

その中でも決定的なサインとして取られるのが、手をつなぐことです。

手をつなぐとしてもそれが夫婦だったり、同性の友人だったりすれば全く問題はなく、むしろ微笑ましい夫婦や仲の良い友人同士として解釈されます。

しかし、それが異性の既婚者同士となれば話は別です。

手が偶然触れたり、ぶつかったりするレベルではなく、目的をもって手を握っているわけですから、ほぼ確実に両想いであることを示唆しています。

もちろん、相手がこけかけたり、躓いて危なかったりすると手を差し伸べて握り、しっかりと支えてあげなければならないので、優しさや親切心から手を差し伸べて握ることもあるでしょう。

けれども、そうしたトラブルや危なっかしさのない場面で手をそっと握られたのなら、好意を確実に相手に伝えようとしています。

いきなり手をつなぐことができるほど、既婚者同士の恋や愛は簡単なものではないのです。

周りの目、家族への罪悪感、距離の詰め方などと悩みの種になってしまうものは確実に存在しており、なおかつ既婚者同士の恋への自身が感じている背徳感が、好きだと相手に伝えることを苛み続けます。

また、突如手を握られると女性側もびっくりしてしまいますし、何よりこれまで良い関係を仲間や同僚として築き上げてきたと思っていたところに、突然異性として意識しているかのように手をしっかりと握られてしまうと、相手を避けてしまう原因にもなってしまうでしょう。

そのため、何が何でも距離をきちんと縮めて、相手から拒絶されないようにしなければならないのです。

毎日コツコツと縮めてきた距離を最後に確実なものとするのが、手をつなぐ行動でもあります。

そっと触れた時彼が握り返したのなら、ほぼ両想いです。

なにせ既婚者の男性は妻や子供など、気を許したり気のある人だったりしなければ手をつなごうとは思いませんから、気のある女性として、異性として認識されていることの証拠になるでしょう。

気になるあの人から手を握ってくれた時、女性は驚きもあるでしょうが何より気がある異性なら、とてもうれしいと感じるものです。

例え誰からも褒められた関係ではないとしても、確かに想いはあるのだと実感できるでしょう。

目が合い、アイコンタクトされる


両想いになると実はよく目が合うようになります。

それだけ向こうも自分も相手のことが気になっており、少しの動きや仕草を見逃さないように、という意図もありますが、何より気になって仕方がないので目が追ってしまっている人も珍しくはありません。

ふと気づいたときには彼を見ているという女性もいます。

そして目が合った時、すっと素早くそらされると両想いではなく、単に目が合ってしまっただけということの方が多いですが、少しの間目が合い続け、アイコンタクトをされるようになるともはや両想いは確定的です。

目は口程に物を言う、ということわざ通り、目は強く物事を語ります。

実際、目がどこを見ているのかを知るだけでも、話をしている女性や見ている女性が性的な対象であるのかが分かりますので、対象をどのような目で見ているのか、意識しているのかをある程度把握することも可能です。

目が合って、そのあとに笑顔やちょっとした目やジェスチャーによる変化があれば、なおさら女性側に対してモーションをかけ始めていると考えてよいでしょう。

まずは目が合うかどうか、そのあとはアイコンタクトやジェスチャーによる女性だけに向けた何かがあるかをチェックしてみるのがおすすめです。

周りと態度が違う


好意を抱いた相手に対しては、男女関係なく少し態度が変わってしまうこともあります。

女性においては男性に可愛いと思われたい気持ちから、少し声色が変わることも多いですし、何より仕草を少し可愛いものや美人に思われやすいものを心がける人も珍しくはないでしょう。

それは男性も同じで、みんなと同じように接していると思わせて、実際のところは周りと違う態度で接することもあるのです。

仕事で困っているときには誰よりも先に手を差し伸べたり、仕事の結果だけでなく、向き合う姿勢なども良く褒めたりとほかの人よりもずっと優しく、そして良い接し方をしてくれます。

他の人には分からないように気を付けつつも気を配ってくれている姿や行動に、女性はときめくでしょう。

また、そうした自分だけ特別扱いに近い行動や仕草は女性の優越感を満たし、さらに自分のことを好きだとより思わせることができます。

好意的な姿をより見せられるので、好きだという気持ちが本物であると信じさせることもできるでしょう。

頻繁にほかの人への態度と違う付き合い方や褒め方といった接し方をされるのであれば、強く好意を感じている男性が両想いになるために好意を表に出しているのです。

既婚者同士が会話している時に両思いなら必ず出てくるセリフ

妻と出会わなければ君を選んでいた


既婚者同士が互いに話しをしていると、それぞれが思ったことを口に出せないことも多いですが、それでも多少の本音を相手に伝えたいと少ないセリフではあるものの、確かな好意を両想いだからこそ伝えるものです。

その中でも多いのが、過去の結婚を悔いているようなセリフでしょう。

妻と出会わなければ君と結婚していたのに、君とやり直したいといった過去の結婚や妻とのやり直したいと思う後悔や、別の未来を望むようなセリフが多く、本気で別の未来や選択肢があったことを悔やんでいる気持ちを全面に押し出しています。

特に妻に対して現在不満がある夫は、別の女性を妻にしている未来や別の選択肢を選んだ自分がどのような家庭を一緒に築いているのか考え、深く考え込む傾向もみられるため、強く後悔を含んだ落ち込んだ声色で伝えられるでしょう。

けれど、過去の結婚を悔いる言葉は不倫相手の男性が良く言う言葉でもあります。

そのため、過去を悔やむ言葉と一緒に未来のためにどうしていきたいのかを未来形で伝えられるようなセリフがついているのかが特に重要です。

未来形の言葉がついていると、関係をより良くするためのイメージを明確にしつつ、現在実行するための努力をしていると女性に表すことができますが、ついていない場合は遊びで声をかけて、都合の良い女扱いをしている可能性があります。

不倫において、本気度をより確認するためには行動が伴っているかが重要ですので、行動を指し示すようなものがなければ、本気で愛されているのか、両想いなのかを少し疑い始めたほうが良いでしょう。

行動を伴っているのなら、本気で離婚も含めて未来を考えていることの方が多いので、不倫恋愛に発展したとしても安心して彼のことを信じることができます。

しかし、行動を伴わないセリフはうわべだけで終わってしまう可能性も付き物です。

下手をすると都合の良い女止まりで終わってしまうことも珍しくはないので、しっかりと言動の確認をしておきましょう。

彼が未来形で話をしているのなら、交際に発展したとしても、関係を続けていくときの不安の解消にもつながります。

会えないときもずっと考えている


既婚者同士の両想いをより強く思わせるセリフとしては、会えないときの寂しさを伝えるセリフも多いです。

基本的に同じ職場でなければ会う機会は限られてしまいます。

もちろん、職場が同じであってもプライベートで会うためには都合を付けなければなりませんし、既婚者である彼にも自身にも予定が詰まっていれば、会う機会はどんどん減っていくものです。

その会えない期間でどれだけ気持ちを高ぶらせていたのか、会いたいと思ってくれていたのかが如実に現れるセリフとして、「会えないときも君のことばかり考えてた」というものがあります。

ただただ会えずにつらかった、という感情から伝えようとする人もいますが、他にも既婚者でありながらほかの女性に会うことしか考えていない苦悩も混じった状態で伝える人もいるため、人によっては非常に複雑な感情でがんじがらめになっているでしょう。

しかし、会いたいということや今何をしているのか、体調を崩したり仕事で困ったりしていないかというようなことを考えていたのは確実ですので、あとは行動が伴っているのかを見ていくと良いです。

行動としては主にLINEやメールの頻度が多くなっているかになります。

会えないときのやり取りはLINEやメールが主な手段として用いられますので、受信したメッセージの内容に「今何してる?」や「なかなか会えなくてごめん」というようなものと一緒に、何気ないやり取りも含め、何度もやり取りを重ねるようなものが含まれているのなら、それだけあなたに対して本気です。

何せ、何度もやり取りをするLINEやメールは、スマートフォンを頻繁に弄る原因になります。

それだけ奥さんからもばれやすく、不審に思われてしまうでしょう。

しかし、そんなリスクを冒してでも女性へ会いたいという気持ちを伝えたい、メッセージでつながっていたいという証拠でもあるので、本気で愛してくれていると信じられる大きな要素にもなってくれます。

つらい思いをさせてしまう


互いに思い合い、結婚した相手がいるというのにほかの人を好きになってしまうというのは強いストレスがかかってしまうものです。

それぞれの家の不満が明確化されてしまっている状態に近い人も多いので、会えないときにその不満がさらに増加してしまい、ひどい疲れとストレスに苛まれてしまい、不倫相手との連絡や逢瀬に逃げてしまいやすいでしょう。

男性の場合は外に逃げやすい環境にある人も多く、仕事で遅くなると言い訳して飲みに行き、遅くに帰って接触を少し減らすこともできます。

しかし、女性の場合はそう簡単な話ではないのです。

特に子供がいれば家事以外にも育児のための時間が必要になりますし、忙しい日々を過ごすことで手伝ってくれない夫や自分に対して愚痴をこぼす夫に不満が爆発し、ひどい夫婦喧嘩を勃発させることもあるでしょう。

それだけ、互いが会えないことや一緒に居られる時間が少ないことでのひどい弊害が起こることもあります。

そのため、男性は自分が本気で相手を想っており、彼女の慰めになるようにと「つらい思いをさせてごめん」と謝罪が含まれたセリフを言うのです。

遊び目的で交際を維持していきたい、進展させていきたい人にとっては辛い思いや会えない苦しさをそれほど気にする必要はないので、連絡自体が頻繁ではなく、会う時に必要な最低限の内容のみで淡々と送られてくることの方が多くなります。

多少内容にこだわる人はいるものの、それほど人の心の機敏に気を使うことはありませんので、ごめんといわれることもほとんどないでしょう。

互いにつらい思いを抱えて、会えない日々を送っているものの、その中でも逃げるための方法が容易に取れない女性に対してのカバーとフォローをきちんと行う文面のメッセージが送られてきているのかどうかも、両想いで双方が本気で愛し合えているかを確認するために必要なファクターになります。

両思いの既婚者同士が不倫を始めるならお互い確認しておく事

連絡頻度


互いの想いを確認し、不倫恋愛に発展させていこうと二人で決めたのであれば、まずは連絡頻度の確認をしておく必要があります。

連絡できる時間帯、できない時間帯、曜日をあらかじめ知っておくことで連絡をスムーズに行うことができるようになり、さらに彼と自分の連絡の齟齬を減らすことも可能です。

また、連絡頻度を先に決めておくことで定期的な連絡頻度に落ち着き、下手に増えることも減ることもあまりなくなるので、慣れてしまえば奥さんからの不信感もかわせるようにもなるでしょう。

そして連絡頻度の確認をするということは、連絡を控えたほうが良い期間や増やしても良い期間を知ることにもつながります。

職場が同じであれば繁忙期や決算時期といった、連絡を控えて仕事に集中したい時期も良くわかるのですが、同じでないならば彼が連絡をひかえて仕事に集中したい時期を先に知っておかなければ、彼にも迷惑をかけてしまうでしょう。

同じように仕事を頑張っている女性も繁忙期には連絡が満足にできず、下手すると家事と育児も合わさってスマートフォンを確認すること自体ほとんどできない状態に陥る可能性もあります。

互いの連絡頻度と連絡を控えるべき時期をきちんと把握することが、スムーズに交際を続けていくのにも大切なのです。

優先順位


交際を続けていくとしても、互いに既婚者ですので恋以上に優先しなければならないものが確かにあります。

特に家族、子供に関しては互いに優先しなければならないものが多すぎて、唐突に約束をドタキャンすることだって珍しくはないでしょう。

また、夫や妻といったパートナーに対しては不満があったとしても、子供のことは心の底から愛しており、できうる限り力になってやりたいという気持ちが強い場合だってあるものです。

そのため、家族や子供といった恋よりも優先したいもの、優先順位をきっちりと明確化させておかなければ納得できないキャンセルが出てくることで不満を抱いてしまうでしょう。

仕事、子供、学校行事とその人にとって恋よりも優先したいものは何か、まずは最初に話し合っておくのがおすすめです。

子供の行事や子供のための何かを一番の優先順位にするのであれば、その旨を先に伝えて置き、会うよりもどうしても優先したいことは何か問うておくと、互いに納得してキャンセルを受け入れられます。

下手な嘘を吐かれるよりも納得して受け入れられる分、互いをより信頼できるポイントにもなってくれるでしょう。

別れると決断するライン


不倫恋愛に進展させていくのであれば、理想としては関係の維持や離婚による二人の再婚でしょうが、現実はそううまくはいかないものです。

恋愛感情を持っていても家族に対して情があり、離婚することに対して罪悪感や名残惜しさが勝ってしまい、どうしてもできない人もいます。

また、お互いの関係がどちらかのパートナーにばれかけているなど、維持継続が難しい状態に陥ってしまうこともあるのです。

そうした状態に陥ると、別れる別れないで揉めてしまう場合もあり得るでしょう。

そのため、その破局に関してのもめ事を穏やかにして、二人でさっぱりと解消できるように別れると決断するライン、別れることを受け入れるラインや条件をきちんと決めておくべきです。

下手にずるずると引きずってしまうと、仕事や家庭に影響を及ぼすだけでなく、それぞれのパートナーとの不和、離婚にも至る可能性も少なくはありません。

更に、相手のパートナーからの賠償や毀損による訴えを起こされる可能性もあるため、よりひどい環境に陥る可能性だって視野の範疇に入ります。

下手に別れ話でこじらせ、よりひどい状況になり、後戻りができない状態になる前にきっちりと納得して別れられる基準を作っておくべきです。

何をすれば別れるのか、どんな状況に陥ったら別れるのかを念書か何かにまとめておき、他のルールも一緒に書いて二人で共有しておくのがおすすめでしょう。

脈ありサインは様々、けれどどう発展させていくのかは明確に


既婚者同士は簡単に相手に好きだという思いを明確に表すことはできず、こっそりと思ったまま、何もできずに終わっていく人もいます。

しかし、どうにか好きだという気持ちだけでも伝えたいと考えれば、サインや軽い接触で相手に対して想いを伝えることができる人もいるものです。

脈ありサインといわれるそれは、既婚者同士になるとより細かく気付きにくいものに変化していきます。

相手を憎からず思っていたとしても、サインがどのようなものを送ってくるかはその人次第です。

分からないときには自分が脈ありと判断するのは度のサインなのか、というのを3つほど決めておきましょう。

接触の有無、気遣い、連絡頻度が一番判断しやすいので、まずはこの3つを基準に判断するのがおすすめです。

けれど、相手から明確なサインをもらったとしても、互いに既婚者ですから簡単に交際に発展させることに戸惑いを覚えるのは当然で、答えをうやむやにしたまま過ごしてしまう女性もいるでしょう。

その答えは間違ってはいませんが、有耶無耶にしたままだと相手が焦れて過激なアプローチに走る場合もあるので、少し時間をもらって答えを出したいと伝えておくのがベストです。

この際に、交際が本当に自分のためになるものなのか、夫や子供、周囲の人間を裏切って別の人に走って後悔はしないのかと自問しておきましょう。

悩みに悩んで出した結論はあなたにとって悔いのないものになりますから、決して即答せず、じっくりとよく考えて結論を出してくださいね。

【期間限定・3月29日(日曜)迄】不倫の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「不倫相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「二人の不倫の結末が怖いけど知りたい…!」

こんな感じならば、【神言鑑定】の占いを初回無料でプレゼントします!

【神言鑑定】とは、期間限定で復縁の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【神言鑑定】を初回無料でプレゼントします!

不倫相手との不倫成就の可能性も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

おすすめの記事