不倫で辛い思いをする原因はこれ!原因別の辛さ解消法と幸せな続け方・苦しくない別れ方

不倫恋愛は確かに刺激的で背徳感のある恋愛ではありますが、その裏には辛く苦しい現実に苛まれてしまう一面も確かに持ち合わせています。

特に女性は相手の奥さんへの嫉妬や自分の将来を考えると不安な気持ちがドツボにハマってしまい、精神的に苦しい状態が定期的に続いてしまう人も珍しくないのです。

離婚してもらうかどうかも定かではなく、この状態では二号さんのままではないかと延々と悩んでしまう可能性だってあります。

そんな不倫がつらくなりやすい女性はどんな特徴を持っている人なのか、気になるところです。

自分がそのようなタイプの女性なのかも気になります。

また、辛くなってしまう原因やその解決方法についてもこの記事では紹介していきますので、不倫恋愛が本格的に辛くなる前に一度読んでみてください。

不倫の辛さに苦しみやすい女性の特徴やタイプ

一途に思い続ける人


不倫の辛さに苦しみやすい女性の特徴としては、相手を一途に思い続ける人というものがあげられるでしょう。

好きになった相手を想い続けられるというのは確かに美徳であり、普通の恋愛や結婚においてはとても良い特徴でもあります。

しかし、それが不倫恋愛になると話は違ってくる場合が多いです。

相手は独身で健全な恋愛ができる身ではない、妻がいて場合によっては子供もいる既婚者なので、一途に思い続けたとしてもその思いがきちんと届くことはほとんどありません。

相手を想えば思うほど決して結ばれることが無い可能性の方が高いため、好きなのに別れたほうがいいのではないかと考えることはできても、それを自分の中で決定的なものにすることができないままでいることが多くなります。

一途に思う人はそれだけ愛情深いことも多いので、愛の深さと比例して情も湧き、相手と離れがたくなってしまい、辛い思いをよりしてしまうことにもなるのです。

下手をすると離婚騒動や奥さんにばれた後にひどい仕返し、または周りからの悪意にさらされることもあるでしょう。

優柔不断なタイプ


不倫が苦しくなってしまう人の中には優柔不断なタイプも特徴として含まれていることが多いです。

何かを強く決定することが苦手であるせいか、別れ際をきちんと決められずにずるずると長く関係を持ってしまうために、辛い思いをしてしまう場合が多いでしょう。

不倫恋愛は短期間かつ割り切った関係であれば、辛い思いをするどころか遊び感覚でこなせる人もいますが、優柔不断な人はそうした割り切った関係になることも難しい場合があるのです。

特に最初は本気ではなかったものの、途中から本気で相手を好きになってしまった時などは、「本気になったから別れよう」と伝えられないからこそ、遊びまたは体の関係のみを求める男性との関係に途中からどんどん耐え切れなくなってしまうこともあります。

相手が求めている関係とは全く違う、本気の恋愛感情を抱いた関係を望んでしまっているからこそ後ろめたい気持ちにもなってしまうのです。

別れを切り出せない、決意できない後ろめたさとどうあがいても本気で愛されることがないとわかっている悲しさが相乗効果を成して、最悪の場合は精神的に参ってしまった挙句、カウンセラーが必要になるほど心を病んでしまう人も珍しくありません。

しっかりと別れを決意して、それを伝えられる人であればこうした心を病んでしまうほどの苦しみにあうことは無いものの、言いにくいと思ってしまう人や別れることをきちんと決意できない人は、別れを告げられない限り苦しい思いをし続けていく可能性の方が高いでしょう。

離婚して再婚する準備が整っているのであればいざ知らず、遊びや体のみの割り切った関係を築いているのであれば、確実にショックが徐々に募っていく交際になってしまうだろうと思っておく必要が出てきます。

破局を引きずるタイプ


不倫恋愛が辛いのは、何もその恋愛の真っただ中だけではありません。

確かに浮気の最中も奥さんへの嫉妬や家庭を優先する彼の姿に言い表せない複雑な感情を抱くことはあるでしょう。

しかし、長期に交際しているのであれば特に別れがつらくなってしまうのが、破局を引きずってしまうタイプの女性です。

普通の恋愛においても引きずってしまい、なかなか次の恋愛に踏み出せないような人は不倫恋愛において最も別れ際や別れた後に苦しい思いをしてしまうでしょう。

一度刺激と背徳感が強い恋愛をしてしまっているため、他の男性と行う普通の恋が物足りなく感じてしまう他、何よりも既婚者である彼のことをいつまでも振りきれない可能性も高くなってしまいます。

人によっては引きずる上に執着するような感情を覚えることもあるため、他人の夫となってしまっている男性に対して執着を覚えてしまえば、普通の恋愛に対して億劫になってしまうことだけでなく、既婚者の男性に対して強く恋心を抱いてしまうようになる人も出てきてしまうのです。

こうした別れた後の恋愛への積極性に欠けてしまうだけでなく、精神的なショックを受けたことで仕事や自身の生活に支障をきたしてしまう人も珍しくありません。

それだけ失恋を引きずる人は立ち直るために時間が必要になり、その最中に「どうして別れなければならなかったのか」「私じゃやっぱり駄目だった」と暗い気持ちで過ごしていくのはもちろん、延々と自己嫌悪に陥る人もいるでしょう。

反省ではなく自己嫌悪であることが多いですが、中には消えない嫉妬心があるせいで奥さんに対しての嫉妬心を強く持て余してしまい、いけない関係を築いた責められる立場の女性が逆恨みをしてしまうこともあります。

それほど強く長く引きずってしまうわけですから、立ち直るとしても周りの手を借りて前向きな気持ちにさせてもらうだけでなく、きちんとした誰にも責められない正々堂々とした恋愛をする相手を見つけるしか方法はないでしょう。

愛しているのに苦しい…不倫で辛い思いをする主な原因

奥さんや子供への嫉妬心


愛している相手にきちんと築いている家庭があると、どうしても苦しい思いをしてしまうものですが、その中でも最も多いのがやはり奥さんや子供に対しての嫉妬心でしょう。

愛している彼は奥さんや子供がいるから別れてくれない、自分を選んでくれないと思ってしまいますし、そんな思いに連鎖して愛し合った奥さんとその間に生まれた子供がどうしても許せないという気持ちが生まれやすい心境になってしまう人も多いです。

しかし、幸せな家庭に横入りして引っ掻き回してしまう原因が自分であるというのも理解している女性はかなり多いので、彼を本気で愛してしまっているのが悪いことだと自覚しているからこそ嫉妬しつつも自己嫌悪も一緒に募って嫌な思いをしてしまいます。

それでも嫉妬心は抑えられるものではありません。

彼に本気で愛されている奥さんに勝てないという事実に打ちのめされ、さらに慈しまれる子供の存在も出てくれば余計に惨めな思いが募る人もいるでしょう。

終わらない嫉妬心と惨めな思いによるサイクルは辛い現実を見据えなければならない原因にもなるので、よりつらく苦しい思いをしてしまうようになります。

どうにか彼を振り向かせたいと本気になればなるほど、このサイクルは強くなってしまうので、本気になってしまった女性ほどこの嫉妬心が原因の辛い思いをする時間は増えていくと覚悟しておいた方が良いです。

嫉妬心を薄くするためにできることがある、もしくは過去の恋愛においてやったことがある方法があるのなら試してみても良いですし、彼に会えないときの時間の過ごし方を考えて、彼のことを考える時間を減らせるようにしてみると多少軽減できるでしょう。

家庭を優先する彼への複雑な気持ち


不倫しているとデートやホテルなどで待ち合わせをしようとすると掛かってくるのがドタキャンの連絡です。

既婚者同士のダブル不倫であれば、仕事や家庭のことを優先しなければいけない彼のことを理解できる部分が大いにあるので納得できる人も多くいますが、独身者は違います。

家庭や仕事を優先しなければならないとわかってはいても、不倫という名がついていたとしても感覚が刺激と秘密の多い普通の恋愛のような感覚の女性はその優先しなければならないことへのドタキャンに理解を示せません。

仕方ないとは思っている人もいるでしょうが、それでも心の底から納得できるというわけではない人の方が断然多いのです。

既婚者はスケジュールの関係や、子供と家庭の予定によって簡単にドタキャンの連絡を入れてくることが多い人もいるので、下手をすると1ヶ月まともに彼に会えないという月だって出てくるでしょう。

特に繁忙期の場合は職種や階級、部署によって簡単に夜遅くの帰宅になる人もいますし、休日返上で仕事をするという人もいますからより会えなくなる可能性の方が高くなります。

忙しい彼と同じ職場であったり、別の部署でも同じ会社に勤めていたりするのであればその忙しさには納得できるかもしれませんが、同じ職場でなく全く別の出会いで関係を築いたのであれば、納得できないことも多々出てくるでしょう。

家庭の事情も「家族サービスだから」「子供の試合や発表会だから」といった仕方のない理由であるかもしれません。

けれど、やっぱり普通に恋愛をしている気分がどこかある独身女性は自分を選んでほしい、優先してほしいという思いが強くなり、複雑な気持ちを抱えて毎日を過ごさなければならないのです。

複雑な気持ちは徐々に嫉妬や自己嫌悪に変わることもあるので、余計に悩み苦しんでしまう原因となることがあります。

終わりがあるとわかっている現状への恐怖


不倫恋愛が苦しいのは、嫉妬や自分を優先してもらえない複雑な気持ちだけではありません。

将来をよく考える女性に多いのが、終わりがあると分かっている関係の現状に対する恐怖があげられます。

不倫恋愛は必ずどこかで終わりが来るものです。

体の関係のみであればあっさりと終わりを短期間で告げられることもありますし、長く交際したとしても周りや妻から怪しまれているから潮時だと思われれば、互いの社会的地位や出世、今後のためにといった理由を合わせて破局してしまうでしょう。

このように家庭や周りの事情を含めれば簡単に終わってしまうのが不倫恋愛でもあるのです。

もちろん、お互いに恋愛感情を持っていて長く続くこともありますが、男性が不倫恋愛を求めるのは基本的に持て余している性欲の解消と、家庭において足りない癒しを補うためである場合がほとんどで、妻がある身でありながら本気でほかの人を愛してしまったというドラマティックなケースはかなり少ないと言えます。

そのため、たとえどれだけ女性の方が本気で愛していたとしても、男性は家庭や子供、そして妻を裏切ることなどできやしないのです。

離婚のために積極的に動いてくれるのは、家庭に問題があるからこそ不倫をしている男性か、すでに夫婦関係が破綻してしまっている男性くらいでしょう。

逆に男性は妻を裏切っているからこそ、下手に動くわけにはいかないといった部分もあります。

離婚のために弁護士へ相談する、離婚の打診をするといった行動に起こせば妻はその裏で何を夫がしていたのかを調査し始めるでしょう。

裏でやっていたのが不倫で、自身や家庭を裏切っていたと分かれば離婚調停における有利不利がひっくり返り、男性は簡単に慰謝料を請求される側に回ってしまうのです。

更には不倫の発覚と離婚調停の話は職場やご近所にも簡単に知れ渡ってしまうので、退職しなければならなくなったり、ご近所に居づらい環境のため引っ越ししたりと非常に大変な事態に陥ってしまうこともあります。

こうしたばれてしまうと大変なことは女性も全く変わらないのですが、独身である女性はそれほど悲観的に考えず、自分が幸せな恋愛として楽観的に考えてしまっている時もあるでしょう。

けれど、それは不倫恋愛がお別れ前提のものであると分かると、現実を少しずつ理解し、このまま交際しても大丈夫なのかという不安になることもあれば将来を考えるきっかけとなります。

終わりがあると分かると、それだけ不安になるものです。

お別れしたほうが確かに将来、確実に結婚まで進んでいくことができる相手と巡り合う機会に恵まれるでしょうが、それでも相手に好意を抱いているのは本当ですので、苦しい思いをしながら別れるか否かの選択に悩むでしょう。

原因別:不倫の辛さを解消する方法

趣味や自分磨きに時間を使う


不倫の辛さをより実感してしまうのは、彼が帰った後の自分一人の時間やドタキャンの連絡が入った後の時間でしょう。

彼を強く想い、辛い感情をひた隠しにしていかなければならない時間は誰であっても苦痛ですし、耐えがたいと関係を投げてしまう決定打になりえるものでもあります。

しかし、この時間をうまくほかのことに使って、彼のことをあまり思い出さないようにするだけでも不倫の辛さは大なり小なり軽減することができるのです。

趣味を見つけて没頭するのも良いですし、より綺麗な自分になるための努力をする自分磨きのための時間として使うのも良いでしょう。

没頭できるほど夢中になれる趣味は、同じ趣味仲間を増やして出会いを作るきっかけになりますし、より綺麗な自分でいられるための自分磨きは別れたとしても綺麗な自分が手に入ることで自信を持てるようにもなります。

もちろん、どちらも簡単にはいかないものですし、長期間を要して習得したり努力が実ったりするものですから、その前に彼と別れてしまう可能性もあるでしょう。

しかし、彼のことを考えないようにするためとはいえ、しっかりと努力した時間は女性にとって確かな前進でもあります。

彼のことを考えず、つらくなくなってきているのなら別れてもそれほどショックを負いませんし、何より同じ趣味仲間と出会ったり趣味に没頭したりすることで楽しい時間の使い方をできるようになったのですから、より休日や仕事終わりが待ち遠しくなるはずです。

彼がいなくても毎日を楽しく過ごしながら自分に自信が持てるようになるので、ぜひ趣味や自分磨きに挑戦してはどうでしょう。

別の相手を探してみる


辛い不倫恋愛をより軽いものにしていくためには、別のお相手を探してみるのも一つの方法です。

想っているのも辛くなってくるのであれば、想いを寄せても辛くならない相手を探すのが手っ取り早く、そして普通の恋人を得ることでいち早く浮気から卒業することもできます。

不倫恋愛の相手よりもずっと魅力的な人が見つかったのであれば、その人と交際を重ねて結婚まで進む未来だって想像のものではなく、実現できるものに変わるでしょうし、何よりもう自分以外を優先して、決して実らない恋に泣いたり悲しんだりすることも無くなるのです。

むしろ、正当な恋愛をしたほうが良いのではないかと悩んでいる人は今のうちにきちんとした普通の恋愛ができる相手を見つけておいた方が、不倫恋愛の泥沼に飲み込まれるような事態を避けられます。

不倫恋愛は終わりが近づくにつれて痴情の縺れがひどくなりやすく、独身者側の「自分を選んでほしい」という強い主張と既婚者側の「鬱陶しい」と思ってしまう感情がせめぎ合い、酷な言葉とともに捨てられるように別れる人は珍しくないのです。

好きな人、選んでほしいと思った人からひどい別れを切り出される前に自分から離れられる準備として、別の好きな人を探すようにしてみるのが良いでしょう。

もちろん最初のうちは「やっぱり彼の方が良い」と思ってしまうでしょうが、そのうち彼よりも優れたところが1つ2つはある男性が表れ始めるはずです。

年収、性格のほかに結婚に対しての考え方、好きなものや嫌いなもの、趣味といった彼よりもずっと良いものから、自分と確かにフィーリングや考え方が一致するものまで、不倫相手よりもずっと良い条件の人、自分に合った人はいます。

どのように出会うかはその方法にもよるでしょう。

友人と参加した合コンであったり、婚活サイトやアプリ、もしかすると仕事関係で見かけた人や取引先のお相手、職場の同僚といった日常生活で関わりのある人だったりするかもしれません。

そんなまだ見ぬ出会いに年甲斐もなくワクワクする人もいますし、不安になる人もいますが、いつか終わりが来ると自覚しているのなら余計に離れるための口実としても誰か好きな人を見つけなければならない時がきます。

特に女性側が別れを告げた場合、男性は自分に都合の良い女性をどうにか手元に置こうと言葉を尽くす人も中にはいますから、彼が黙って別れを受け入れなければならない大きなポイントにもなる「他にできた好きな人」がいるだけで、限界になった辛さから出る別れ話をスムーズに進めてくれるでしょう。

終わりを決める


辛いと思ってしまうものは、終わりを決めてしまえば「あと○○日」「あと〇時間」と終わるまでの時間や期間をどうにか耐えるだけだと自分に言い聞かせて過ごす人も多いです。

学生であれば授業中、嫌いな授業が終わるまでの時間を逆算する人は多いですし、大人なら仕事が終わるまであと何時間とふとした時に考える人も多いのではないでしょうか。

そんな嫌なこと、早く終わってほしいと思うほど辛いことはあえて終わりを決めてしまうことで吹っ切れてしまうという人も珍しくはありません。

これは恋愛においても同じで、別れようと決めた人に対して「あと〇日で別れると決めた」と自分で終わりを明確にしてしまうことで覚悟をしっかりと持つ気持ちが芽生え、告げることができる勇気を振り絞れるようになる人も多いです。

不倫恋愛は特に別れを意識してしまう辛さが普通の恋愛よりもどっしりと襲い掛かってくることが多く、家族や奥さんへの嫉妬に自身と会うこと以上に優先しなければならない何かの存在、会いたくても人目のつくところでは許されない限定された行動の中で育む愛は、徐々に辛い柵になってしまいます。

最初のうちは感情の複雑さやなかなか会えない日々も、会った時の刺激や人目につかないところでこっそりと会う秘密にしなければいけない特別感からそれほど辛くは感じず、むしろ会うたびに恋愛におけるスパイスのようなものだと感じやすいです。

しかし、交際が長くなるにつれてそのスパイスに慣れ切ってしまい、離婚する気配のない男性と自身の結婚願望のある年齢を過ぎ去ってしまう焦りから、どんどん辛い思いをしていくようになります。

女性は男性よりも結婚に対して敏感で、子供が欲しい女性なら尚更、出産のことも考えるのでなるべく早く結婚する、もしくは結婚が遅くなると子供の出産に危険が伴う可能性が頭をよぎるものです。

出産や結婚に対して自分なりの理想があり望んでいるのであれば、あえてその未来や理想を重要視して彼との恋愛に終わりをきちんと決めておく方がずっと幸せになれる選択肢はいくつも出てきます。

辛い思いをして悲劇のヒロインを気取ってもだれも助けてくれないひそやかな恋よりも、誰もが祝福してくれるだろう明るい恋愛に戻れるよう、まずは期限を決めましょう。

すぐに別れるとしても気持ちの整理などができておらず、告げたところで後悔してしまう人も多いです。

まずは1ヶ月、気持ちの整理のための時間と新しい未来を歩むための出会いの場に足を運ぶための時間を得るために使い、そこから自分が良いと思うタイミングがどの日なのか見極めてお別れを言う準備をしていくのがおすすめになります。

辛い不倫とは無縁!既婚者男性との幸せな付き合い方や心の持ち方

不倫の目的を相互理解している


不倫において最も不幸な不倫や辛い浮気の関係が生まれてしまう原因が、それぞれの不倫の目的をきちんと理解していないことにあるといえます。

独身者の方は本気で恋愛をしていたとしても、既婚者側は性欲や刺激的な恋を楽しむためだけの遊びや割り切った行いであれば、全くお互いの目的が合致していないため、独身側がひどい嫉妬や苦しい気持ちに苛まれてしまうでしょう。

しかし、既婚者側も独身のお相手が本気で迫ってくることに対して非常に気まずい思いを抱いており、さらに言うのであれば困惑してこのまま交際を続けていいのか不安を覚えるものです。

また、奥さんや子供に対して何か余計なことを言ったり、家庭をぐちゃぐちゃにするような行動をしないかといった別の不安を覚えたりもするでしょう。

本気であるか、遊びであるのかをきちんと理解しないだけでこれだけ互いが疑心暗鬼になり、不安を覚える交際もありません。

こうした不安や嫉妬に苦しむことになる交際は、お互いの不倫の目的を知ることができれば解消できます。

遊び目的であると知れば本気で恋愛したい人はその関係をお断りするでしょうし、たとえ本気の恋愛に持ち込みたい人から断られなくても、遊びが目的の自分とは合わないと断ることもできるでしょう。

もちろん、その逆もしかりで遊びや割り切った関係が目的のお誘いがあったときには、自分は普通に恋愛がしたい、本気で恋愛がしたいと伝えておけば面倒を嫌った相手からお誘いの撤回の言葉が出てきます。

自分が求めている関係を築けない人をきちんとお断りし、辛い感情を抱いて浮気を始めるよりは相手を選べるようになる分そのような辛い気持ちを抱く時間を極力減らすことができるようにもなるのです。

幸せな不倫、辛い気持ちが少なくなる不倫の関係を築くのなら、まずは自分と同じような目的を持った人との交際が前提条件ですから、本気の恋愛をしたいという人はまずいないとしても、刺激のある恋愛を遊びで楽しみたい人であれば、問題なく関係を築ける人と巡り合えるでしょう。

期間限定だと分かっている


不倫恋愛を辛くないものに変えるためには、やはりまず終わることが前提の関係であるというのを意識した交際であるかがとても重要になります。

いつまでも続く関係、いつか奥さんよりも自分を選んでもらうといった、長期的かつ終わりがないと信じる交際はあまりにも苦痛と負担が大きくなりやすく、あまりにも実りがない自分の恋愛に嫌気が差してしまう人だっているのです。

そのため、長期的なものではなく期間限定のものだと分かっているだけでも気の持ちようが変わってきます。

終わると分かっていれば、その間にこの不倫でどんなことをやってみたいかと自分の興味や好奇心を優先して相手と交際を重ねることができるので、体の関係だけでなく普通に楽しく遊ぶような交友関係に近い交際になる場合もあるでしょう。

また、終わりがあると分かれば明確にいつまで交際するのかというのを先に二人で話し合い、決めることだって可能です。

二人で決めた終わりだからこそ、辛い気持ちは何もない友人のような状態に戻る人もいますので、不倫関係が終わったとしても異性の友人としてほかの面子を集めて趣味や飲み会をする機会に恵まれる可能性だってあります。

ただし、この終わりがあると分かっている人の中には悲観的な思いで交際をしていく人もいるのも確かです。

悲観的な思いを強くさせてしまうのであれば、最初からこの交際は別れがつらくなるだけで、下手をすると相手に縋ってしまう可能性も出てくるので、むしろそのような心境であるのなら、交際を即座にOKせずに、少し悩むための時間をもらって答えをまとめることをおすすめします。

相手から誘われても決してすぐにはOKを出さず、自分なりに交際した後を考えて予想してみてください。

決して選ばれない、奥さんに勝てない未来を考えると交際に対して悲観的な思いが強くなるでしょうか?

それとも奥さんに勝てないなら刺激のある恋を期間限定で楽しんでみたいと思うのでしょうか?

この考えの違いはとても大きいので、前者であれば誘われたとしても絶対に即座に答えを出し、応じようとしないでください。

自分が期間限定の恋に耐えきれるのか、別れる間際に縋るような真似をせず綺麗に別れられるのかを考えてからきちんと答えを出しましょう。

お互いが対等の関係


不倫において最も互いに負担になるのが、どちらかが依存してしまう関係です。

一方が依存し、もたれ掛かってくると支える側は非常に強い忍耐力が必要になります。

何もかも彼に応えてほしいという自身の希望ばかり、無理なことをやってと言われてしまうような依存の仕方が多くなりやすい浮気において、このような依存形態は交際における互いが無意識に取っていたバランスを一気に崩してしまい、相手に「重たい」と思わせるきっかけとなってしまうのです。

交際において長続きさせる、または良い関係を築くために必要なのはお互いが対等であることですから、一方にだけ負担をかけさせた挙句、その負担によって相手を苦しめるような真似は特に不倫ではやってはいけません。

互いを尊重できる対等な関係を築けない、依存しがちであるといった特徴がある人は不倫恋愛で相手に重たいと感じられやすいので、あまり向いておらず、さらに言うのなら相手から嫌がられる結果別れを伝えられるでしょう。

短期間の交際であっても、互いに尊重できる対等な関係を保てる人であれば苦しむことなく、尊重し合いながら大人のお付き合いができるはずです。

どうしても不倫が辛いなら…既婚男性を好きなままさよならしても苦しくない別れ方

未来のない交際を止めたいと正直に話す


不倫が辛くなっても相手のことが好きな場合、そのままさよならして恋心を大切に持っておきたいと思う女性は多いです。

そんな時には正直に相手と話すことが一番大切になります。

不倫という将来性のない交際をこれ以上続けたくない、そう伝えるだけでも真剣に女性を想ってくれる男性であれば不倫を止めて元の関係に戻ろうと考え始めるでしょう。

もちろん、そんな男性ばかりではないので人によってはこじれてしまう可能性はありますが、真摯に話す姿勢を取ればそれだけ男性は女性の未来を今ひと時だけであっても拘束している状態を現実として受け止めます。

そこから上手に別れられるかは男性の態度次第になりますが、不倫であっても交際に真摯な対応をしてくれた男性であれば、納得してすんなりと別れてくれるでしょう。

好きな人ができたと伝える


彼と一緒にいられない時間に辛くならないため、他の好きな人を見つける方法が上記で上げられましたが、この時本当に好きな人ができたのであればそれを伝えましょう。

好きな人ができたのであれば、まず誰にも言えない関係であり妻がいる身である男性の方からは何も言えなくなります。

たとえそれが遊びであっても本気であっても終わりが来たのだと、しっかりとその身で受け止めなければなりません。

遊びであればその事実を受け止めて、その場で別れを納得してもらえる確率も高くなりますし、半ば本気で交際していた人は結婚できない自分よりも選べる人ができたことを受けて少し日を空けてになるかもしれませんが、手放すことを決意してくれるでしょう。

期間を二人で定めてしまう


好きなままで別れ、元の関係に戻るというのは簡単ではなく、女性が切り出した別れ話の際にごねてしまうことだってあります。

そんな別れ際のごたごたを少なくしたい、すんなりとこじれたり嫌いになったりせずに別れたいのであれば、先に別れる期日、交際する期間をきっちりと決めておくのが良いでしょう。

期間を二人で決めておくと、その期間の間はしっかりと秘密の恋人として仲を深め、デートや待ち合わせ、メールやLINEでのやり取りを楽しみ、別れる期日が来た時にはすっぱりと別れて元の関係に戻れるようになるのです。

期日が迫ったときに関係を継続しないかと言われることはあるでしょうが、好きなままでいたいのであれば、この時出された提案は飲まずにそのまま別れるのがベストでしょう。

一度一緒に決めたことですから、それをきちんと守ってもらい、そのまま別れたほうがわだかまりも少ないです。

それに期間限定であると承知の上での恋愛ですので、二人としてもお試し交際に近い感覚で別れられるのもあって、それほど悲しい気持ちはありません。

人によっては爽やかかつ友達と遊んで別れるときのような感覚でお別れをする人もいるでしょう。

期間を最初から限定しているからこそ、悲しみがそれほど感じない別れ方になるのであえて最初から期限を決めたお付き合いにしてみるのも方法です。

辛い原因は人それぞれ。悩みや原因に合わせた対処法と付き合い方をしよう


交際をしているとどうしても悩みや壁に阻まれてしまうものですので、人によっては辛い悩みの原因となってしまうことも珍しくありません。

特に不倫恋愛において悩みは尽きないものですから、苦しい思いも悲しい思いもしがちです。

奥さんへの嫉妬や子供や家庭に対しての複雑な気持ちは簡単には消せないものですし、解消するどころかどんどん深みに落ちてしまう時だってあるでしょう。

そんな不倫恋愛は先に期間限定であるなど、交際前に心構えをしておく他、交際する相手と自分が不倫の目的が一致していると確認しておくのも大切です。

目的が違っていることほどひどい嫉妬や別れる際に揉める原因になることはありません。

先に軽く目的を確認しておき、期間を決める、その目的に合致した交際方法を決めるといった、その人とお付き合いする上で最も適したものをいろいろと探し、決めていくのがおすすめです。

遊び、本気といった気持ちの違いで交際方法は変わりますし、辛い気持ちを抱きにくくなる場合も多いので、自分に適した相手はどんな人か、交際方法はどんなものが良いかを一度じっくり考えてみると良いでしょう。

また、浮気を申し込まれたとしても決してその場で判断せず、どのような目的の不倫になるのかを確認してから自分が交際したときの様子を想像してみるのも大切です。

おすすめの記事