既婚女性と独身男性のカップルは別れても復縁できる!忘れられない彼の今の気持ちとやり直す方法

既婚女性と独身男性の秘密の恋も珍しくはない昨今ではありますが、内密の関係であるため必ず別れがやってくるものです。

しかし、その別れの種類によっては独身男性ともう一度やり直すことができる場合も多く、別れた後に「やっぱりあの人じゃなきゃだめだ」と感じる女性にはチャンスが舞い降りることもあります。

では、どんな理由であればもう一度別れた独身男性と恋人に戻ることができるのでしょうか?

気になる独身男性と復縁できる理由の確立のほか、別れた後の独身男性の心理などについてもこの記事では触れていきます。

既婚女性と別れた後に独身男性が感じている事

今の彼女とどちらが良いか


既婚女性と付き合っていた男性が独身だったとしても、実は別れる理由の多くが彼に彼女がいることが発覚したというのが多いです。

恋人もおらず、独身であると信じていた分、自分自身も家族を裏切っているわけですから人のことは言えないとわかっているつもりでも、それでも恋をしている相手に別の恋人がいると知れば、やっぱり裏切られたと感じます。

恋人がいること、もしくは他に好きな人がいることが発覚してお別れした後、実は男性はまだ未練がある人が多いです。

そのため、知らぬ間に内緒の仲だった女性と今の恋人を比較してしまうでしょう。

今の彼女はこういうところが良い、けれどこんなところはあの人の方が良かったな、といった比較を頭の中で考えながら交際を続けています。

下手に口に出せば修羅場に発展しますし、何より自分の社会的地位や信頼を大きく揺るがす事実が公になってしまいますから口には出さないものの、内心では夫のある身であった彼女と今の彼女のどちらが本当に自分に良い女性であったのかを延々と考えるでしょう。

もちろん、今の彼女に対しても好意があるのは事実です。

しかし、不倫恋愛を経て通常の交際に戻った彼は、不倫の刺激の良さと既婚者だからこそのカバー力や包容力を持った元彼女の癒される空気とサポートの心強さに薄々気付く人もいます。

だからこそ、心のうちでは本当に彼女と別れてよかったのかと悩みつつ、どっちつかずな好意を持て余すのです。

将来性がある男になる


既婚女性と独り身の男性が別れてしまう理由には、男性側への女性の評価が大きく関わります。

その中でも仕事に関しては特に大きく影響し、将来性の有無で交際するかどうかを決めている女性も少なくはありません。

そのため、一度は好意と将来性があるかな?とお試しで付き合っていたのにもかかわらず、突如交際していても将来性がない、見込みが良く分からないといった理由で破局を申し込まれてしまう人もいるのです。

もう少し出世が見込めるような人であれば互いにスキルやモチベーションを高め合うことだってできるのに、と残念そうな顔をされてお別れを告げられるでしょう。

仕事での出世や給料アップといったものは、一朝一夕にできるものではありません。

既婚女性の方の理想が高いのかもしれませんし、もしかすると相手の女性の方が会社や職場での地位が高く、話が合わないのが原因の可能性だってあります。

けれど、男性としてのプライドは確実に傷をつけられているでしょう。

その傷は大きな人もいれば、小さな人もいます。

まだ社会人なり立ての人であれば、「確かにまだ将来性があるかなんてわからないな」と受け止めて、どのように将来性のある男になるのかを考えていくでしょう。

出世や給料アップのためだけでなく、自分が楽しく仕事をするためにスキルアップをしつつ、女性から失望されない将来性のある男になるための方法を模索します。

逆にある程度会社に勤めている人であれば、傷は大きくなりやすいです。

それなりに仕事をこなし、頑張ってきたという自負があるだけに女性からの言葉にプライドを傷つけられ、自暴自棄になってしまう人もいます。

今まで頑張ってきたのに、「もう少し頑張ってくれれば」なんて言われてしまえば、誰だって傷つくものです。

しかし、そんなことをいう女性と別れられてよかったと安堵する人も一定数出てきます。

人の将来性で付き合うか否かを考える女性と離れ、もっと自分の頑張りを認め、互いに励まし合う人に出会うことだってできるチャンスも訪れるでしょう。

互いにモチベーションを上げられる、話題を共有できるといった女性であれば男性も仕事に精を出し、もっと頑張れるようになることで将来性のある成果を出せるようになるかもしれません。

復縁は可能か


不倫恋愛で好き合っていた二人が別れるとなると、やはりばれてしまう可能性が高い、または家庭の事情などで別れてしまうことが多いです。

理由としては理解できるものだとしても、内心納得できないままうなずいてしまった男女は少なくはないでしょう。

好きな感情が強く残ったまま別れてしまったカップルの場合、やはり復縁できるかどうかを悩んでしまう独身男性は多いです。

既婚者だから、夫がいる、子供がいるといった相手側の事情は確かに理解していたけれど、家族との話はそれほど楽しいものではなかったし、何より自分と一緒にいたほうが彼女はずっと楽しそうに見えた人だっています。

彼女も別れるのは本意ではないといった言葉を残しているのであれば、復縁できるか探ることをいの一番に考えるでしょう。

もちろん、不倫恋愛の復縁はそう簡単なものではありません。

特に周りに関係がばれかけている、もしくは噂になってしまっているのであればそれ以上復縁に動くと厄介な噂が事実だと露呈してしまいますし、何より相手の旦那さんに関係がばれて訴訟沙汰や離婚に関しての裁判に巻き込まれる可能性もあります。

自分と彼女を守るために、別れた後はあまり接触しないようにしつつ、けれど彼女への感情は忘れないまま思い続ける人も多いようです。

けれども、中には既婚者女性と復縁するのはやっぱり無理があるのではないかと疑心暗鬼になってしまう人もいます。

特に旦那さんだけでなく子供もいるのであれば、将来再婚したときのビジョンを考えると連れ子がいるかいないかはかなり大きい問題ですし、何より自分が義理とはいえ父親になれるのかも不安なところです。

復縁したいけれど、将来のことを考えるとどうなのだろうかと引っ込み思案になってしまう人もいるため、行動できるように備える人と諦めてしまう人の二極化してしまうのも別れた後の男性の特徴といえるでしょう。

諦めない男性は自分磨きと一緒に連絡先を残して、軽く連絡を取り合えるようにしていくでしょうが、逆に諦めた男性は連絡を取らず、連絡先自体を消してしまう可能性もあります。

なるべく相手と復縁できるようにしておきたい人は、別れる前に破局が不本意であること、もしくは別れたくない、もっと交際していたい旨を伝えておくのが良いでしょう。

別れの理由別:既婚女性と独身男性のカップルが復縁できる確率

彼女持ちだったら20%の確率で復縁できる


彼に彼女がいる、または別に好きな人がいるという理由で破局した場合、復縁できる可能性は低いでしょう。

すでに好きで付き合っている彼女、または好きな人がいる状況下において不倫相手というのは基本的に刺激欲しさに付き合っているという人の方が多く、さらに言うのであればいつお別れしても大丈夫といった楽天的な部分もあって交際している人もいます。

更に、男性側からすれば彼女がいるけれどちょっと別の人も体験してみたいといったような感覚である可能性もあり、バレてしまえばハイリスクになってしまう既婚女性ともう一度交際したいと思わない確率も高いです。

正しい出会い、交際で続く彼女がいる、もしくはそうありたいと思っている女性がいる以上、復縁するとしても恋人ではなく友人としてでしかありえない状態の人がかなり多くなります。

恋人であった女性からすると友人に落ち着くなんてそれはもう悲しいですし、傷つくでしょう。

けれど、彼にとって別れた以上元恋人でしかない存在ですし、何より夫や子供の存在が彼にとって非常にネックになっていますから、復縁したいと思う人はそう多くはありません。

実際、既婚男性と独身女性が破局した際に、好きな人ができたという理由で独身女性から別れを切り出して別れたという場合、男は黙って見送るしかできないという意見がかなり多いです。

なぜなら女性の婚期や出産の適齢期の問題を既婚男性は解決することはできませんし、何より女性自身が一緒に結婚して過ごしていくのに相応しい男性を見つけたのであれば、それを邪魔することは不倫相手の自分にはできないと悟っているからでもあります。

この意見や考え方はそのまま既婚女性にも当てはまり、独身男性を黙って見送るしかできない、復縁自体がかなり望み薄な状態であるということにほかなりません。

それでも復縁したいと望むのであれば、最も確率が高いのが彼の友人のポジションに収まることでしょう。

恋愛相談や彼女との悩みの相談、そのほか諸々について何でも話せる異性の友人として過ごすことが復縁につながります。

もちろん、完全に恋人に戻れる可能性は低いですが、何とか彼と接点を持っていたいという人は友人が最も身近なポジションでしょう。

彼の新しい恋人に対しても既婚者の女性という立場から、不倫相手や好きな女性として見ているのでは、という疑惑の視線を逸らすことができます。

嫉妬が原因であれば30%の確率で復縁できる


不倫恋愛において、破局の原因には独身者の側の嫉妬がきっかけであることも多いです。

既婚者側はどうしても家族がいますから、愛情と恋情をうまく切り替えて家族と恋人と接するので、寂しいと感じる時間がそれほどないというのもあります。

既婚女性も同じで、子育てと家事、仕事に夫婦で過ごす時間と毎日が目まぐるしく変わりますので、恋人と会わない時間も多少物足りなさや寂しさがよぎっても、すぐに別のことを考えたり、行動したりしなければなりません。

しかし、独身者側は全く違います。

相手にいる家族や夫、妻に対して対抗心を燃やすことはもちろん、下手をすると配偶者よりもずっと自分の方が相手を想っているのに、と嫉妬深くねたんでしまうのです。

この妬みは家族の話をすればするほど強くなる傾向があり、どうあがいてもその嫉妬心の原因を解消できないストレスも重なって、相手側が心情的に辛いと感じることがとても多くなってしまいます。

解消できないストレスと持て余してしまう嫉妬心は、どんどん独身者を苛み、最終的には彼、彼女らを追い詰めてしまうでしょう。

仕事でイライラしてミスをする、失敗が続くといったことから始まり、何より終わらない嫉妬のせいで辟易してしまうことだってあります。

この終わらない、収まらない嫉妬心の存在が復縁に大きな障害を残してしまうのです。

復縁を持ち掛けたとしても、また嫉妬して辛い思いをしてしまうのではないかと彼は考えてしまいますから、そんな強い嫉妬心で悩まされるくらいなら新しい出会いに巡り合ったほうが良いのではないかと思ってしまいます。

また、嫉妬深くなった男性はそれだけ女性を独占したいと考え、かなり束縛が厳しくなる傾向にもあるので、既婚女性の方が辟易してしまうことだってあるでしょう。

そんな嫉妬から破局したカップルは、男性の方の気持ちや乗り気の強弱によって変わりますが、基本的にはそこまで高くはありません。

50%から30%ほどあれば良い方でしょう。

男性側が独身とはいえ、家族の存在の大きさや嫉妬心との付き合いに疲れているのなら、またそれを経験するのは嫌だと避けてしまいますので、女性の方がどれだけ愛を示していたとしても前向きな返事はもらえません。

しかし、女性の方がきちんと愛を示し、独身男性を心から愛しているという行動を示し、男性がそれに応えてくれるのであれば復縁することは可能です。

容姿やファッションが原因なら50%の確率で復縁できる


既婚女性と独身男性の場合、実は容姿やファッションが別れる理由になることも珍しくありません。

既婚男性と独身女性にはあまり見られない理由ですが、これは既婚者と独身者というその人の置かれている環境による違いがかなり大きいでしょう。

既婚の女性の場合、仕事と家でのメイクや服装が違うのが当たり前で、まだ新婚夫婦であったり子供がいなかったりすると、年齢相応の装いであることが多いのですが、子供がいる場合は母としての装いが求められます。

そのため、独身や子供のいない同年齢の女性よりももっと地味であったり、思っていたようなイメージとは違っていたりすることが多いのです。

メイクも母親や妻としてやりすぎない程度のメイクになることが多く、休日の姿にがっかりする男性が少なくありません。

思っていたイメージと違う、こんな女性だとは思わなかったと別れを告げる男性は一定数います。

素敵な素材を持っているのに、男性の好みと合致しなかった、肌の状態や髪の状態なども含めて良くないと思われてしまったという人の場合、実は復縁の確率が意外と高いのです。

これは容姿やファッションの改善、いわゆるダイエットや服装、メイクを変更してより彼好みの女になる努力することが復縁のきっかけとなってくれます。

彼好みの容姿、ファッションになるだけで彼からの印象はより良いものに変わりますし、努力している様を見せるだけで、彼も「自分のためにやってくれているんだ」と好意をより強く持つことができるので、復縁に対しても前向きに考えられるでしょう。

もちろん、スタイルや服装のほかに別れる理由となったことがあるのであれば、それも含めて改善する必要がありますが、その分復縁に関してかなり有利に働きます。

相手から破局の理由をはっきりと伝えられる場合はそうありませんが、デートの時に「これがいいんじゃない?」「こういうメイクが似合いそう」といった、彼の好みを表すような言葉があれば、それを参考にしておくとより効果的です。

また、この改善のための努力と一緒に自分のスタイルや肌で気になる部分があるのなら、改善するのも良いでしょう。

一緒に変えていくと不自然になりやすいスタイルは、他の部位も一緒に鍛えたり、体重を落としたりすることでバランスの良い綺麗な体になりますから、綺麗な自分になる自分磨きとして時間を活用すると無駄なく、たとえ復縁できなくても無駄にはなりません。

独身男性に響く既婚女性の魅力や付き合うメリット

家庭的で癒される


独身男性が交際したいと思う既婚女性は、その多くが家庭的で癒されるという意見が多くあります。

特に既婚者の場合は結婚しているからこその独自の家庭的な雰囲気が強く出やすいので、実家のような安心感ともいうべき雰囲気を簡単に作り上げてくれるでしょう。

そのため、男性側の部屋へ招かれた時には、料理を作ったり洗濯をしたりしているだけでも、自分が彼女と夫婦になったらこんな感覚なのだろうと疑似体験できることもあって、将来のビジョンを感じつつ癒されることもできます。

恋人でありながら、夫婦のような関係を維持することができるのです。

更に言うと家庭的で癒されると仕事でのストレスを解消できる、仕事へのモチベーションを上げられるといったメリットもありますので、自分のストレスやモチベーション上昇のために交際をする人も多くいます。

中には恋人として交際しつつも、結婚後何に気を付ければいいのかとアドバイスをもらう友人のような関係でもあるカップルもいますので、カップルごとにそれぞれが楽しい時間を過ごしつつ、癒されている可能性も高いでしょう。

もちろん、癒されることはあってもお互いに本気にはならないあっさりとした関係の構築も簡単に行えるのも大きなメリットです。

人妻という刺激


不倫において一番の魅力と言えるのが、やはり人妻であることでしょう。

既婚者と交際したいと考える男性の多くが、人のものになっている女性に手を付けたい、背徳感のある交際経験をしていきたいと思っています。

誰からも祝福されない、許されることのない交際というのはそれだけ背筋が泡立つような快感や緊張感を味わえるため、夢中になる人が多く存在するのです。

人のものに手を出している、または許されない交際を維持し続けているというのは、征服欲も満たしてくれるので、物足りない毎日の刺激にはぴったりだと感じる男性が多いのは事実でしょう。

他の女性では征服欲まで満足に満たされなかった人であるなら余計に、人妻というすでにほかの男性の妻となった女性へ手を出している感覚に抜け出せなくなります。

不倫というのは面倒ごとが多く、バレてしまえば修羅場になることは必至なお付き合いではありますが、その分一度始めてしまえばバレないように行う隠ぺい工作や、誰の視線にも映らないようにこそこそと入るホテルにも興奮していけるでしょう。

他の人の妻、配偶者だからこそ得られる刺激は独身女性と交際していた時には全く感じなかった、夢中になれるだけのものがあります。

包容力とサポートが抜群


既婚者の秘密の彼女ができると、大きく実感できるのがその包容力とサポートの抜群さでしょう。

いつも夫や子供に対して行っているのもあり、特にサポート力に関してはかなり慣れている既婚女性は多く、欲しいと思ったところに絶妙なサポートがもらえることもあるので、男性は「こういう女性と結婚したい」と思わせられます。

家でも仕事でもきちんとサポートしてくれる、一人で頑張りすぎないようにしてくれる女性の存在はとてもありがたいものです。

秘密の恋人である以上、毎日そのサポートを受けることはできないものの、会うたびに確かなサポートをしてくれる良妻賢母な対応に夢中になること間違いないでしょう。

また、サポートだけでなく妻であり母でもある女性だからこその包容力もあります。

疲れた子供や夫にそっと寄り添う人もいれば、愚痴やその日の出来事を静かに受け止めてくれる人もいますので、女性によって包容力は違ってくるものの、確かに助力してもらうことができるでしょう。

年上であれば包容力だけでなく、仕事上でのアドバイスも的確なものをもらえるかもしれません。

年下であれば人妻の雰囲気だけでなく、年下ならではのちょっとした可愛い一面をみることができるでしょう。

そんな年齢によってさまざまな一面を見せつつも、しっかりと男性のそばで支えてくれる確かな包容力を強く実感できます。

忘れられない独身男性とやり直すための方法

別れた理由を改善する


別れても「やっぱり彼のことが忘れられない」という気持ちは、破局後の女性が抱くことも珍しくありません。

そんな忘れられない男性とどうにか復縁したいと思った時には、やはり別れた理由を改善するのが一番です。

愛情表現が疎かになってしまっていた、スタイルの維持ができていない、ファッションの好みの違いなどといった彼との別れの原因となった部分を改善すると、それだけ彼にとって元カノが魅力的な女性に映りやすくなります。

それ以外にも、彼好みのものを取り入れたり、他のメイクとファッションを試したりするのも良いでしょう。

別れた理由を改善しつつ、彼好みの女性になるための努力を欠かさないようにすることが、一番大切です。

まずは別れた時にどんなことが理由に挙げられていたのか、交際していた時に何か苦言を呈されたことはないかも確認しておきましょう。

何か言われていることがある、注意されたことがあるというのなら、復縁において最も高い障害になりうるのがその言われたことです。

直しておけばその分だけ復縁に対して有利に働きます。

自分磨きを怠らない


復縁するのであれば、自分磨きを怠らないことも大変重要です。

復縁したい、よりを戻したいと思っていても交際の時よりも女性がだらしない状態であれば、男性はそのまま別れたままでいようと決めてしまうでしょう。

むしろ、こんな女性と付き合っていたのかとげんなりしてしまうかもしれません。

そのため、復縁のために別れた原因を改善しつつ自分磨きを怠らないようにするのが大切です。

自分磨きを怠らず、より素敵な女性となっているだけで、男性はより強く元カノに対して復縁してもいいかなと思うようになります。

肌を綺麗にお手入れし、髪やムダ毛も丁寧にケアしておくと触ってみたいなあと男性は思いますから、よりきちんとお手入れしているとより綺麗な人という印象を与えることが可能です。

肌や髪に艶があるだけで触ってみたいと思いますし、何よりスタイルの素敵な女性はぜひ交際したい、お話ししたいといった近付きたい欲が出てくるものですから、復縁にも徐々に前向きな姿勢を示すようになります。

別れた原因を改善しつつ、自分磨きを頑張ってみるといい結果につながってくれるでしょう。

メールは期間を置いて理性的な内容を


別れた直後に彼へメールを送るとなると、どうしても「復縁できないの?」「やり直すチャンスを頂戴」と焦ったような内容のメールが多くなりがちで、相手が鬱陶しいと思うような内容になってしまいます。

復縁したいと思うのであれば、メールの内容も理性的にしなければなりません。

また、別れた直後に送信しても、男性は別れてしまったことへの後ろめたさや気まずさから下手に返事を返すことができません。

むしろ、別れたのにしつこいなあとすら感じてしまうでしょう。

だからこそ、別れた後のメールは少し期間を置いておかなければならないのです。

少し冷却期間のように時間を置いて、お互いに別れた後の気まずさや後ろめたさをある程度払拭できるようになってからメールを送るのが望ましいでしょう。

直後に送るメールは、振った側も振られた側もどうしても焦ってしまい、思った通りのメールの内容を送れないことの方が多いです。

内容を冷静に考えられるようになる、または焦らずに受け止められるようになるまで時間を置いて、お互いに大丈夫だろうと思える期間になった後にメールを一度送ってみましょう。

相手がそれ以上やり取りをするつもりはないというのであれば、アドレスを変えて送れないまたは返信自体が無いか、返信されても「もう送ってこないでください」という内容で返ってきます。

しかし、復縁に対して少し考えているのであれば、近況を教え合うくらいのやり取りはすることができるでしょう。

独身男性に嫌がられる既婚女性からの復縁アプローチ

別れた後にしつこく連絡する


嫌がられる復縁アプローチのうち、最も例に挙がるのがこのしつこく連絡するアプローチでしょう。

別れた後に別れたくないと縋ることで、相手の男性は対応に非常に面倒だという顔を隠しもせずに、とても雑な対応で追い払おうとします。

メールはもちろん、電話にも出る回数が減り、最悪の場合は着信拒否になってしまう可能性だって少なくないです。

LINEにおいても同じ職場だったり、どうしても連絡を取らなければならない取引先だったりすると仕方なく連絡を取ることもありますが、そうした場合も基本的に私的な会話は完全にシャットダウンして仕事の話しか絶対にしないように心がける人の方が多いため、下手に復縁を迫るとより嫌われてしまいます。

そのため、なるべくしつこい連絡はしないことが復縁の近道になるのです。

しつこく連絡されるのが女性の方である場合、相手男性との接点を完全に断とうとしますし、何より連絡の内容が復縁を迫るものや後悔のものであっても、かなり濃い文面であればストーカーになるのではないのかと不安を感じるようにもなるでしょう。

この不安は男性も同じように感じているので、あまりやりすぎると警察沙汰になってしまう可能性だって含まれているのです。

今では男性もストーカー被害を訴える世の中ですので、相手の不安を煽らないため、そして何よりも相手がやり取りを拒否してしまわないようにうまく立ち回る必要があります。

下手に何度も何度も「今良い?」「話がしたいの」といったような内容でもしつこく連絡するのはNGです。

しつこい女性だと思われた挙句、連絡先を持っている必要がない人ならすぐに消去されてしまいます。

人目につくところでアプローチする


相手がつれない態度だと、どうしても自分を見てほしくて見ざるを得ないような状況に相手を持って行こうとする女性もいます。

その手段の一つが、人目につくところでのアプローチです。

もはや捨て身のアプローチと言わんばかりのものですが、相手が引くに引けない状態になるため、どうしても強く押していきたい女性がやりがちのアプローチでもあります。

ただ、人目につくところで接する分、女性が既婚者であると知っている人がいると、一気に不倫恋愛のことが知れ渡ってしまい、男性も女性も社会的地位や信用を大きく失ってしまうでしょう。

中でも男性と連絡がつかなくなっている場合、相手の会社や駅で待ち伏せする女性は多くいるため、男性としてはなるべく穏便に済ませるためにも話をせざるを得ませんが、こうした執拗な待ち伏せは訴えられる可能性があります。

あまりに執拗で悪質な場合、男性側の社会的地位や信用、そして尊厳を害したと名誉棄損やストーカー規制法違反などを絡めて弁護士に相談されてしまうのです。

そんなことになってしまうと、もちろん夫にばれてしまう上に離婚の訴訟すら起こされる可能性も出てきます。

取り返しのつかない状態に陥る前に、冷静な判断を下せるように自分を見つめなおし、時間を置くのが大切です。

復縁したいと思っても、それは二人が交際していて確かに幸せであることが前提のものですから、今彼に迫って本当に大丈夫なのかと一度自問自答してください。

この自問自答の時間があるか無いかで、相手にかけてしまう迷惑は大きく減ってくれるので、無謀な行動に出て復縁も叶わず、離婚されてしまうといった最も嫌な未来を回避することができるでしょう。

勢いで離婚する


男女ともに破局したあと、勢いでやってしまう最悪のアプローチが離婚です。

別れた理由としてはいくつかあるでしょうが、中でも配偶者に浮気がばれてしまったことが原因で別れた場合に、「なら自分が離婚すればいい」とおかしな行動力を働かせて、勢いに任せて離婚する人が一定数います。

しかし、勢いで離婚したとしても復縁できる可能性はほとんどありません。

男性としてはすでに別れており、別の出会いを求めたり仕事に集中したりと、既婚女性以外に視線を向けようとしているわけですから、そこに復縁をしつこく迫ってくるだけでなく、離婚してまで追ってくる女性は非常に重たい存在になります。

男性によっては女性のその勢いに任せた離婚に引いてしまうでしょう。

家庭がある身でありながら、それを破局をきっかけに捨ててしまえる女性を男性は簡単に信用したりはしません。

もしも復縁して自身と再婚したときに同じことをしないとは限らないからです。

更に言うと、離婚の際に揉めてしまうと離婚が成立するまでに長い時間がかかる場合もあり、人によっては1年近く待たされてしまいます。

また、この破局をきっかけとした離婚訴訟となると完全に悪いのは妻側なので、妻と不義の関係にあった男性にも咎が及ぶ可能性もあるでしょう。

場合によっては慰謝料を妻であった女性と一緒に払う必要性が出てきます。

そんな泥沼の離婚訴訟に巻き込まれたくない男性としては、勢いで離婚してきた女性を受け入れるわけにはいきませんし、何より女性が訴訟中に接触してきたのであれば夫側が裁判に有利になる証拠集めのために何かしていることも考えられるのです。

そして離婚するとなると、子供がいる夫婦であれば親権に問題にも発展します。

子供が父と母どちらについていくのかを選んだのであればまだしも、女性側が強引に親権を奪っていった場合、交際していた独身男性はその子供を自身の子供のように可愛がり、育てていく覚悟が必要な再婚を視野に入れた復縁に変わってしまうのです。

子供は全く悪くないからこそ、独身男性からすればいたたまれない気持ちや申し訳なさが勝ってしまい、可愛がれる自信がないとよりを戻したくないと答える人だっています。

勢いで離婚してしまったことで起こったデメリットや騒動に巻き込まれることを考えれば、元彼がまた付き合いたいと思えないのは自明の理といえるでしょう。

破局して自棄になってしまっているからこその行動力から出てしまった結果であるのかもしれませんが、自棄になって動く前に一度深呼吸して落ち着くようにしてください。

独身男性の元彼と復縁するなら冷静に。勢いに任せてはだめ


独り身の男性と交際する既婚者女性は一定数いますが、やはり誰にも言えない秘密の恋ですから、どうしても終わりというものが存在します。

旦那さんにばれてしまった、周りが勘付いているといった恋を咎められてしまうことでの破局もあれば、男性が女性に対して耐え切れないところがあることで別れを告げられてしまうことも珍しくありません。

こうして別れを告げられた時、別れに納得して悲しくてもそれを受け入れられる人であればほとんど問題ないのですが、中には別れに納得できずに勝手な行動を無謀にも行う人もいるのです。

しつこく連絡する、人目のある所で接触しようとするといった下手をするとストーカー一歩手前になる行動に出る人もいれば、過激な人になると破局をきっかけに夫へ離婚を告げ、「離婚したからもう一度やり直せる?」と聞きに来る人もいます。

文字で見るだけでもかなりひどい行動だとわかる、この復縁のアプローチは絶対にやってはいけないことです。

復縁したいのであればまずは冷静になり、別れたことでできてしまった相手との距離や後ろめたさをある程度軽減することが必要になります。

冷却期間を置いて、無理に迫るのではなく世間話をする友達のようなポジションから徐々に復縁していくのが良いでしょう。

おすすめの記事